尼崎事件の犯人・角田美代子の現在!背乗り・生い立ちや旦那と息子・父母や兄弟など被害家族の人物相関図も紹介

はじめに

複数の家族が巻き込まれた凄惨な殺人事件「尼崎事件」は日本中を震撼させました。

 

今回は尼崎事件の背乗りなど手口、犯人の角田美代子の生い立ち、人物相関図、旦那や息子、関与した家族の父母や兄弟の当時の状況、現在を紹介します。

 

尼崎事件とは

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

そもそも、尼崎事件がどのような事件なのか、みなさんはご存知でしょうか。

 

尼崎事件とは、2012年10月、兵庫県尼崎市で起きた連続殺人死体遺棄事件です。

 

1987年頃に発生していた女性失踪事件を発端とし、数多くの被害者が確認されており、主に暴行や監禁などの虐待によって死亡しているという、凄惨で悲しい事件なのです。

 

25年以上という長期間に渡って、複数の家族があたかも本物の家族かのように生活していた中で起こったこの尼崎事件について、詳しくまとめました。

 

報道などでは、「尼崎連続変死事件」と呼ばれることも多いです。

 

 

尼崎事件の犯人・角田美代子の手口① マインドコントロール

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

主犯格だった角田美代子は、長年に渡って様々な家族を乗っ取ることによってお金を脅し取り、その家族を崩壊させていきました。

 

その中で亡くなってしまった犠牲者は、少なくとも9人はいると言われています。

 

また、角田美代子が直接手を下すのではなく、取り込んだ家族を自由自在に操って、家族同士にて暴力を振るわせるなど壊滅させていったのです。

 

角田美代子のこのような手口は、マインドコントロールが挙げられます。

 

「なぜこんな女性にマインドコントロールできたのか」と疑問に思う方も多いでしょうが、それは何らかの力、そして黒幕がいたのではと言われています。

 

 

 

尼崎事件の犯人・角田美代子の手口② 背乗り 

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

尼崎事件の手口として話題になった1つに、背乗りが挙げられています。

 

背乗り手口とは、他人の身分や戸籍を乗っ取る行為のことで、「戸籍ロンダリング」とも言われ、養子縁組をすることによって戸籍情報をリセットすることです。

 

角田美代子は、この背乗りや戸籍ロンダリングを繰り返し行っていたことが判明しており、養子縁組制度を悪用したことにより、事件が発覚するまで時間もかかったのでした。

 

これは、日本人では思いつかない手口であり、朝鮮半島出身者特有の手口だとも言われています。

 

 

尼崎事件の犯人・角田美代子の生い立ち

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

ここでは、主犯の角田美代子の生い立ちを見ていきましょう。

 

幼い頃の角田美代子は裕福な家庭で育っていたようで、お金に困ることはなく、家族全員が好き勝手な生活をして暮らしていました。

 

そんな角田美代子の父親は、多額のピンハネ凄腕手配師だったようです。

 

当時の尼崎には、全国から体力自慢の荒れくれ者達が集まっており、そんな輩たちを圧倒的な圧力・暴力・恫喝などで手懐けていたのが、角田美代子の父親だったのです。

 

さらに、汗水流して稼いだ日給(当時3500円ほど)を、食事代や酒代などの名目で4割程度をピンハネしていたんだとか。

 

しかし、食事はしっかりと与えて、時には酒も飲ませるなど、アメとムチの使い分けをしていたのです。

 

よく考えるとこれもマインドコントロールの一種かも知れませんが、荒くれ者たちを従わせることができた角田美代子の父親は人の扱いが上手かったことは間違いありません。

 

そんな父親を見て育ってきていたからこそ、人心支配のテクニックを角田美代子は知らず知らずのうちに覚えたのかもしれません。

 

角田美代子さんは、10代の頃・20代の頃にそれぞれ結婚し、離婚歴が2回あるようです。

 

 

 

尼崎事件の家族相関図を紹介 

 

出典:https://cdn-ak-scissors.b.st-hatena.com/

 

尼崎事件には、主犯女性である角田美代子を軸に、娘や息子家族を始め、知人や友人家族など合わせて少なくとも6家族以上が関わっています。

 

具体的には、角田美代子の幼馴染の女性の家族、遠縁の家族、内縁の夫の同級生の実家家族、その同級生の実家の長女が嫁いだ家族、父親が大手私鉄会社勤務の家族とその父の実家家族です。

 

 

これまで日本で起こっている大量殺人事件の中でも、この尼崎事件は、逮捕・書類送検されている人物が17名とかなり多いことが特徴的です。

 

その17名の中には、被害者の子供や姉妹といった親族も含まれています。

 

つまり、主犯が本来別の家族でありながら、同じ家族内に被害者と加害者がいるという、異様な相関図が浮かび上がってくるのです。

 

次からは、そんな尼崎事件に関係している人物について紹介していきます。

 

 

尼崎事件に関わった家族① 犯人・角田美代子の義理の妹P 

 

出典:https://pixabay.com/

 

義理の妹Pは、角田美代子とは幼少の頃からの付き合いでした。

 

数十年間共同生活をしていましたが、1998年に角田美代子の母と養子縁組を結んだことをきっかけとして、角田美代子の義理の妹になったのでした。

 

2001年、角田美代子の指示により、A家の長男と結婚をしました。

 

この義理の妹Pは、金庫番の役割をしていたことでも知られており、角田美代子からかなりの信頼を置かれていたようです。

 

さらには、他の同居人と比べても事件への関与を極力控えさせられていたほど大事にされていたのでした。

 

この義理の妹Pは、合計3件の殺人などに関与している疑いで起訴されており、懲役21年の判決を受けています。

 

 

尼崎事件に関わった家族② 犯人・角田美代子の旦那Q(内縁の夫) 

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

角田美代子とは、20代の頃からの付き合いだという内縁の夫Q。

 

内縁という関係でしたが、角田美代子に虐待されることもあったと言われており、内縁の夫Qが角田美代子に従うという従属的な間柄であったようです。

 

この内縁の夫Qについても、妹Pと同じく合計3件の殺人などに関与しているということから、起訴をされており、懲役21年という判決を受けています。

 

 

尼崎事件に関わった家族③ 犯人・角田美代子の息子(義理の長男)R 

 

出典:https://pixabay.com/

 

義理の長男Rは、元々は角田美代子の遠縁のB家の人間だったのですが、角田美代子によって家庭崩壊に追い込まれてしまい、結果的に角田美代子の下で生活するようになりました。

 

1999年に角田美代子の養子になっており、2005年には新しい名前に改名もしています。

 

この義理の長男Rについても、妹P同様、角田美代子からはかなり大事にされていたことが分かっています。

 

義理の長男Rについても、義理の妹Pや内縁の夫Qと同じく合計3件の殺人などに関与しているとの疑いで起訴されており、懲役21年という判決を受けています。

 

 

尼崎事件に関わった家族④ 犯人・角田美代子の息子(次男)S 

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

次男Sは、戸籍上では角田美代子の実子となっていますが、関係者の情報では、本当の産みの親は角田美代子の義理の妹Pである可能性が高いようです。

 

この次男Sは、2007年になるとD家の次女と結婚しており、子供が2人います。

 

また、次男Sは角田美代子からとても大事にされていたようで、虐待行為などを受けたことが一切ないと言われています。

 

しかしながら、日常生活において常に行動を監視されるなど、精神的な息苦しさを感じていたと次男Sの口から明かされています。

 

次男Sは、合計2件の殺人に関与している疑いで起訴されており、懲役17年の一審判決が確定しています。

 

 

尼崎事件に関わった家族⑤ 犯人・角田美代子の義理のいとこ男性T

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

義理のいとこ男性Tは、幼少期の頃に母親がC家の長男と再婚したことから、後に自分自身が激しい暴力を振るうことになるC家、そしてD家の人達とも親交がありました。

 

2002年頃に角田美代子と知り合って以降、角田美代子の下で生活するようになったようです。背中に入れ墨があります。

 

角田美代子の指示により、周囲に激しい暴力を振るっており、「角田美代子の暴力装置」としてみんなから恐れられていました。

 

そして、2004年になると角田美代子の叔父と養子縁組を結んでおり、角田美代子とは義理のいとこ関係になりました。

 

F家の母に対して死体遺棄容疑で、2012年9月に懲役2年6月という判決を受けており、一連の事件発覚時にはすでに服役中でした。

 

しかしながら、後に合計3件の殺人罪、そして1件の傷害致死罪によって起訴され、無期懲役判決が確定しています。

 

 

尼崎事件に関わった家族⑥ 犯人・角田美代子の同居人女性U 

 

出典:https://pixabay.com/

 

同居人女性Uは、角田美代子の兄と交際したことをきっかけに、角田美代子と知り合ったと言われています。

 

家政婦的な存在で、角田美代子と長い間に渡って共同生活をしていました。2000年には、角田美代子が自宅マンションを購入する時の連帯債務者になっていることも明らかになっています。

 

この同居人女性Uは、2008年11月頃に死亡したようです。

 

この死亡に関しては、7名もの人物が監禁罪などによって起訴されており、同居人女性Uは被害者のうちの1人です。

 

 

尼崎事件に関わった家族⑦ 犯人・角田美代子の同居人男性V 

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す