パン・シヒョク(BTS事務所代表)は反日?身長/年齢などプロフィール・彼女や結婚・中森明菜や日本との関係も総まとめ

はじめに

BTSの所属事務所「Big hit」の代表であるパン・シヒョクですが、新日か反日か日本への対応が話題です。

 

今回はパン・シヒョクのプロフィール、身長や年齢、彼女や結婚の有無、中森明菜との関係、日本に対する姿勢をまとめます。

パン・シヒョク(BTS事務所代表)のプロフィール

 

出典:http://www.businesspost.co.kr/

 

名前:パン・シヒョク(방시혁)
生年月日:1972年8月9日
出身地:韓国 ソウル特別市

 

 

世界的人気を誇る韓国のボーイズグループ「BTS」が所属する芸能事務所・Big Hitエンターテインメントの代表を務めるパン・シヒョク。

 

韓国トップクラスの学力を誇る京畿高校を卒業し、東大クラスと言われる名門・ソウル大学の美学科を次席で卒業した高学歴で知られています。

 

大学卒業後、韓国の三大大手芸能事務所の一角に数えられる「JYPエンターテインメント」に入社。JYPといえば、日本でも人気の高いグループ「TWICE」「2PM」を輩出した事務所です。

 

パン・シヒョクは作曲家として働きながら、人気グループの生みの親で、歌手・音楽プロデューサーとしてJYPを束ねる事務所創立者のパク・ジニョンの元で企画・プロデュースを学びます。

 

パン・シヒョクがJYPに入社してから退社するまで、2AMの代表曲となった名バラード「Never let you go」をはじめ、JYPのエース作曲家として数々の楽曲を生み出してきました。

 

 

 


JYPで企画・プロデュースを学んだパン・シヒョクは、その後、独立して2005年にBig Hitエンターテインメントを設立


ボーカルグループ「8eight」や「HOMME」を輩出したのち、2013年にボーイズグループ「防弾少年団(現:BTS)」を誕生させました。

 

 

BTSのブレイクで大手事務所に成長

 

出典:https://btsbantan.com/

 

Big hitエンターテインメントか生んだBTSの世界的ブレイクにより、パン・シヒョクの音楽プロデューサーとしての能力、作曲家としての才能が広く知れ渡りました。

 

その功績が認められ、2017年に「韓国コンテンツ大賞」の海外進出有功部門を受賞し、大統領表彰が贈られました。

 

また、その才能は韓国のみならずアメリカでも認められ、アメリカのエンタメ雑誌「Variety」が発表した「インターナショナル・ミュージックリーダー2018」に選出されています。

 

さらに、アメリカ・ビルボードの 「インターナショナル・パワープレイヤーズ」の1人に選ばれるなど、BTSの生みの親としての功績は世界的なものとなりました。

 

パン・シヒョクはBTSのヒット後、弟分グループとして新ボーイズグループ「TXT(TOMORROW X TOGETHER)」をデビューさせています。

 

 

 

 

ヒップホップを主軸としたBTSとは異なる、王道アイドルらしさを持つTXTも現在人気急上昇中で、人気ボーイズグループを抱えるBig hitは今や大手事務所に相応しい存在になりました。

 

そんなBig hitエンターテインメントの代表で、BTSやTXTの生みの親であるパン・シヒョク。


ここでは、彼の基本的なプロフィールから彼女や結婚などの私生活、中森明菜との関係、親日反日など日本への姿勢についてお届けします。

 

 

パン・シヒョク(BTS事務所代表)の身長・年齢

 

出典:https://news.joins.com/

 

パン・シヒョクは裏方であるため身長などは公表されていませんが、BTSと並んで写真を撮った際、メンバーの誰よりも身長が低いため、165〜170cm前後の身長だと推測できます。

 

BTSの中でも身長が低い方のシュガやジミンが身長174cmなので、彼らより5〜10cm低く見えるパン・シヒョクの身長は160cm台である可能性が高いでしょう。

 

パン・シヒョクの年齢は、生年月日が1972年8月9日なので、現在は48歳です。

 

若くして作曲家として成功し、33歳という年齢で事務所を設立、41歳の時にBTSをデビューさせました。

 

 

パン・シヒョク(BTS事務所代表)の彼女や結婚情報

 

出典:http://www.munhwa.com/

 

パン・シヒョクは現在40代後半という年齢で、年齢的にも結婚していてもおかしくない世代です。

 

彼女の存在や結婚の有無を調査したところ、パン・シヒョクは現在も結婚しておらず、独身であることがわかりました。

 

2017年に開催されたBTSのコンサートの記者会見では、報道陣を前にツアーの感謝や今後の展望、BTS成功の秘訣を語った後、結婚について言及しました。

 

“BTSの生みの親”“BTSの父”と呼ばれることに対し「アーティストは誰かが創造したものではない」と思いを述べました。

 

また、「私は未婚。父と呼ばれるから結婚してると思っている人が多い」と、自身が独身であることを笑いを交えて明かしました。

 

若くして成功し、女性からモテないわけがないパン・シヒョクですが、現在も結婚せず独身を貫いています。

 

 

パン・シヒョク(BTS事務所代表)が生んだBTSは世界的アーティストに

 

出典:https://rockinon.com/

 

パン・シヒョク一番の功績と言えば、世界的人気を誇るボーイズグループ「BTS」を誕生させたことではないでしょうか。

 

BTSは2013年にデビューした7人組男性グループで、防弾少年団、バンタンと呼ばれるK-POPアーティストです。

 

2013年6月13日にミニアルバム「2 COOL 4 SKOOL」でデビューして以降、着実に人気を集め、世界的にヒットするモンスターグループとなりました。

 

現在も2020年発売の曲「Dynamite」が世界中でロングヒットしています。

 

 

 

 

アメリカ・ビルボード200で1位を獲得した他、「ギネス・ワールド・レコード」で韓国アーティスト最高売上記録を達成し、韓国音楽史に残る功績を残しました。

 

 

パン・シヒョク(BTS事務所代表)と中森明菜との関係

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す