パク・チソン

パクチソンの親日・反日など日本エピソードと性格を総まとめ

はじめに

かつて日本でも活躍し、「アジア最高のプレーヤー」と言われる韓国のサッカー選手であるパク・チソンさんですが、反日発言が話題です。

 

今回はパク・チソンさんについて、親日・反日エピソードなど性格をまとめてみました。

パク・チソンのプロフィール

 

アジア最高峰のサッカープレーヤーだったパク・チソン

 

パク・チソンさんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

 

本名: 朴 智星(パク・チソン、PARK Ji Sung、박지성)
愛称: Oxygen Tank(酸素タンク)、Three Lungs、ジー
国籍: 大韓民国
生年月日: 1981年2月25日
出身地: 全羅南道高興郡
身長: 175cm
体重: 72kg

 

引用:Wikipedia – 朴智星

 

 

 

パク・チソンの親日エピソード① 日本でプロサッカーデビューした

京都パープルサンガで育ったパク・チソン

 

パク・チソンさんは、小学校4年生の頃からサッカーを始めました。

 

下手ではなかったものの背が低かったため、高校時代にKリーグのドラフトに名前が挙がることはなく、水原工業高校時代まではまったくの無名選手でした。

 

しかし、水原工業高校では全国優勝に貢献するなど活躍をしています。

 

 

そして、その才能を見出したのが明知大学校サッカー部監督の金煕泰さんでした。

 

特待生として進学したパク・チソンさんは目覚しい活躍を見せ、U-23韓国代表やA代表入りを果たすことになりました。

 

大学在学中にパク・チソンさんをプロデビューさせたいと考えた金煕泰さんは、親交のあった京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)の総監督だった木村文治さんに相談したそうです。

 

その結果、同チームへの加入が決まりました。

 

 

日本でプロデビューを果たし、その後オランダのPSVアイントホーフェンを経てマンチェスターユナイテッドで活躍したパク・チソンさん。

 

自分の原点は日本にある」と語っており、オフを利用しては度々京都の地を訪れているそうです。

 

 

パク・チソンの親日エピソード② 松井大輔と大親友 【性格が変わったことも明言】

パク・チソン

出典:https://twitter.com/

いつも一緒にキックの練習をしていた2人


パク・チソンさんは、京都パープルサンガ時代に同い年だった松井大輔さんとはとても仲が良く、頻繁に電話をし合ったり、松井大輔さんの自宅へ遊びに行くこともあったそうです。

 

こうした友好はパク・チソンさんが京都パープルサンガを脱退してからも続き、サッカーファンの間では旧交を忘れないパク・チソンさんが親日的だとして好まれているようです。

 

 

 

韓国人サッカー選手は、アン・ジョンファンさんを始め、根っからの反日選手が多くいます。

 

しかし、パク・チソンさんは韓国を代表する選手でありながら親日的、ということで日本のサッカーファンからも認められてきました。

 

また、パク・チソンさんが最も尊敬するサッカー選手に三浦知良さんを挙げていることも親日家のイメージを決定づけるものでしょう。

 

 

ただ、パク・チソンさんも自叙伝の中で日本に来てすぐの頃は日本人に対して良いイメージを持っていなかったそう。

 

ですが、京都パープルサンガでプレーする中でその考え方が変わっていったと語っています。

 

また、松井大輔さんも「2002年W杯の前後で人格など全てが変わった」と、パク・チソンさんの性格が親日的になったことをインタビューで語っていました。

 

 

パク・チソンの反日エピソード① 日本の負けを願う?

パク・チソンの唯一の反日的エピソード

 

2018年6月25日に行われたワールドカップロシア大会の日本対セネガル戦で、パク・チソンさんは韓国の放送局で実況中継をしていました。

 

その中で「日本がゴールしなくて幸いだった。セネガルがうまくいかなくて残念」と発言したことが物議を醸しました。

 

多くのサッカーファンはパク・チソンさんとチャ・ドゥリさんだけは、韓国人選手の中でも親日的だと感じていただけに、このコメントにショックを受けた人が少なくなかったようです。

 

 

 

パク・チソンさんのこの発言に、「根底には反日思想がある」「テレビ局の圧力でセネガルの肩を持つように言われていた」などと日韓双方のネットユーザーの間で憶測が飛び交いました。

 

 

パク・チソンさんが反日的な発言をした真意は分かっていませんが、実は総評価として「日本はスキのない組織力で落ち着いて対応し、相対的に良い試合を繰り広げた」とも語っていました。

 

以上から、パク・チソンさんは「(始終試合をコントロールされたセネガルにとって、引き分けに持ち込むためにも)日本がゴールしなくて幸いだった」という意味だった可能性が高いようです。

 

 

パク・チソンの反日エピソード② 日本が勝利して涙?

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す