李忠成の嫁は樋場早紀!結婚前のフライデー浮気画像・実家や国籍も総まとめ

はじめに

元サッカー選手の李忠成さんがモデルの樋場早紀さんと結婚し話題ですが、過去のフライデー写真も注目を集めています。

 

今回は李忠成さんと嫁・樋場早紀さんの経歴や実家、韓国との関係や国籍、過去のフライデー浮気騒動を紹介します。

李忠成(り・ただなり)と樋場早紀(とよばさき)の結婚が話題に

 

出典:https://www.excite.co.jp/

 

2020年1月4日、年明け早々に元サッカー日本代表の李忠成さんと、モデルの樋場早紀さんとの結婚が発表され、新年からおめでたい話題が舞い込みました。

 

 

 

 

2人はSNS上で結婚を報告しています。

 

モデル樋場(とよば)早紀(36)がJ2京都サンガFCのFW李忠成(34)と、4日午後、都内のホテルで結婚披露宴を行うことが分かった。関係者によると、婚姻届は近日中に提出するという。2人は14年に共通の知人を通じて知り合い、間もなく交際をスタート。約1年前に結婚を決めたという。李からのプロポーズの言葉は「俺と結婚してください」だったとされる。

 

引用:日刊スポーツ~樋場早紀が京都FW李忠成と挙式 婚姻届は近日中に

 

かねてから交際をしていた美男美女カップルがゴールインということで、マスコミも一斉に報道していました。

 

すでに都内に新居をかまえて同居しているが、今後の愛の巣は京都になるかもしれない。また、新婚旅行は昨年12月にヨーロッパに行ってきたという。樋場は妊娠はしておらず、仕事は続ける。

 

引用:日刊スポーツ~樋場早紀が京都FW李忠成と挙式 婚姻届は近日中に

 

 

View this post on Instagram

the dress from @misstreat_

A post shared by Saki Toyoba official instagram (@saki_toyoba) on

 

樋場早紀さんのウェディングドレス姿がとても美しいですよね!

 

さすがモデルさんだけあって、まるでグラビアの1ページみたいに感じてしまいます。

 

 

出典:https://tr.twipple.jp/

 

綺麗な文字で、2人の人柄が表れている結婚報告の文章です。

 

ファンからは2人への祝福のメッセージがたくさん送られていました!

 

 

李忠成のプロフィール

 

出典:https://twitter.com/

 

生年月日:1985年12月19日

帰化前の国籍:韓国

身長 :182cm

体重: 73kg

出身地: 東京都

利き足: 左足

日本代表出場試合数: 11回

 

京都サンガF.C.は29日、横浜F・マリノスよりFW李忠成を完全移籍で獲得したことを発表した。34歳の李は2004年にFC東京U-18よりトップチームに昇格。その後は柏レイソル、サンフレッチェ広島、イングランド・プレミアリーグのサウサンプトン、FC東京、浦和レッズを経て今季より横浜FMに加入。明治安田生命リーグでは10試合1得点を記録していた。

 

引用:GOAL~京都が元日本代表FW李忠成を完全移籍で獲得!ウタカに続いて前線補強「目標はただひとつ!J1昇格!」

 

李忠成さんは、サッカー選手として活躍している人物で、日本代表選手の経験は4年ほどあります。ポジションはFWです。

 

李忠成さんは在日韓国人4世として日本で生まれ育ち、元サッカー選手の父から「(在日の)お前が試合で使われるには人の何倍も努力しなくてはいけない」と、幼い頃から言われていました。

 

2007年に日本国籍を取得して北京オリンピックに出場し、2011年のアジアカップでは日本を優勝に導く立役者となりました。

 

 

李忠成の実家と家族とは

 

出典:https://www.pinterest.jp/

 

李忠成さんの実家は、西武新宿線田無(たなし)駅の南口付近で焼肉店を経営していたようです。しかし、現在は閉店しているもようです。

 

父親の李鉄泰(イ・チョルテ)さんは、かつて横浜トライスターSCでプレーしていたサッカー選手でした。

 

また、元サッカー北朝鮮代表の金鍾成さんは叔従父にあたります。

 

 

李忠成の国籍は韓国?日本?

 

出典:https://twitter.com/

 

2005年に李忠成さんが、柏レイソルに移籍して大活躍をした時、在日韓国人4世として生まれた李選手に対して、サッカー五輪日本代表候補入りを期待する声が持ち上がりました。

 

そして2006年9月、李忠成さんは帰化申請を提出して国籍を変えるという重い決断を下しました。

 

周囲の在日の人たちや親戚からは猛反対を受けたそうですが、両親は反対しなかったそうです。

 

特に母親の裕美さんは、「あなたの思いを貫きなさい」と言って力を与えてくれたっそうです。

 

この時に李忠成さんが1つだけこだわったことは、帰化しても通名の「大山」ではなく「李」という名字を守ることでした。

 

母・裕美さんがいう。「“大山”を名乗るほうが、日本で生きるうえでは楽。だけど、忠成は“そうじゃいけないんじゃないか”と思っていたようです。私たちが“名前はそのままで本当にいいの?”と聞くと、“おれは大丈夫。日本と韓国の架け橋になりたいし、おれは強く生きられるから”と答えました」2007年2月に日本国籍を取得した李選手は北京五輪を目指すU-22日本代表に選出された。

 

 

引用:週刊ポストセブン~李忠成 通名の「大山」ではなく「李」と名乗る理由とは?

 

国籍の問題は、想像以上に重いもののようです。

 

在日コリアンの帰化に対するネガティヴイメージは未だに根強い。李忠成が帰化して日本代表になったことに、在日社会では波紋が広がった。著者もまた、李が下した決断を寂しく思うところもあったと語る。

 

引用:exciteニュース~李忠成と鄭大世。帰化という決断、在日サッカーの葛藤

 

このように、現在の李忠成さんは日本国籍を取得しています。

 

在日韓国人としての苦悩が国籍変更に影響を及ぼしている

 

出典:http://www.wowkorea.jp/

 

李忠成さんは苦悩の末に、日本国籍を取得した経緯があります。

 

それには、韓国での李忠成さんに対するいじめ問題も関係しているようです。

 

彼は韓国代表チームの選手になるほどの才能があり、実際に韓国ユース代表に選抜された。「在日の子がここ(韓国)になぜ来たの?」「半日本人」などの卑下する言葉を使いチームの仲間たちは韓国語が下手な彼を無視していじめていたという。彼はついに韓国代表に選ばれることなく結局2007年に日本国籍を取得し2011年のアジアカップの代表に抜てきされオーストラリアとの決勝戦で決勝ゴールを入れて優勝カップを手にした

 

引用:livedoorNEWS~【韓国BBS】李忠成が韓国で受けた差別、「宝物を手放した韓国」

 

在日韓国人の葛藤は、日本人の私たちには想像もつかないものかもしれません。

 

李忠成さんのように、韓国人でも日本人でもないという感覚はおそらく在日韓国人に共通して言えることでしょう。

 

 

李忠成の嫁・樋場早紀のプロフィール

 

出典:https://www.pinterest.jp/

 

名前:樋場早紀(とよばさき)
生年月日:1983年9月7日
職業:モデル
出身:宮城県仙台市
事務所:スペースクラフト

出身高校:宮城県第二女子高等学校
出身大学:青山学院大学文学部英米文学科
身長:167cm
スリーサイズ:B80・W57・H84

血液型:O型
靴のサイズ:23.0 – 23.5 cm
家族:兄が1人

 

 

樋場早紀さんは、女性雑誌や化粧品の広告モデルとして活躍をしています。

 

雑誌はMORE・oggi・美的・CLASSY・VoCE・Domaniなど多数で、グリコやトヨタプリウス、JALなどのCMにも出演しています。

 

 

出典:https://www.pinterest.jp/

 

樋場早紀さんが卒業した宮城県第二女子高等学校は偏差値68で、宮城県内有数の進学校として知られています。

 

その後、東京都内の有名難関私立大学である青山学院大学文学部英米文学科に進学しています。

 

それらのことを踏まえれば、樋場早紀さんはとても賢い女性と言えるでしょう。

 

 

 

樋場早紀さんの写真が女性雑誌の表紙を飾ります。

 

 

 

嫁樋場早紀さんは女性雑誌のモデルの他に、テレビ、映画などで幅広く活躍しています。

 

 

李忠成の嫁・樋場早紀の実家と家族とは

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す