IKKOと韓国の関係&おすすめ化粧品やグルメまとめ!韓国でカリスマ的な人気

はじめに

「美のカリスマ」と呼ばれヘアーメイクアーティストやタレント、実業家として活躍してきたIKKO(イッコー)さん。

 

IKKOさんの韓国人説や韓国での人気、韓国語のレベル、韓国のおすすめグルメ、コスメなどについて詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

IKKOの韓国人説と韓国での人気について

IKKOについてのプロフィール

IKKO

出典:https://mdpr.jp/

「どんだけ~!」フレーズでお馴染みの美のカリスマ・IKKO

IKKOさんはヘアーメイクアーティストとして活躍してきましたが、独自の美容法と独特なキャラクターが美容業界でカリスマ的な存在となり、タレントとしても有名になりました。番組では「どんだけ~!」やその派生フレーズで笑いを取ることがお馴染みになっていますが、現在までに書家・雅冬炎(みやび とうえん)としても活動しています。

 

IKKOさんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: 豊田一幸(とよだ かずゆき)
別名義: 雅冬炎
生年月日: 1962年1月20日
出生地: 福岡県田川郡福智町
身長: 171cm
血液型: A型
職業: ヘアメイクアーティスト、メイクアップアーティスト、ビューティーディレクション、タレント、書家
活動期間: 1992年 –
活動内容: メイクアップアーティスト

 

引用:Wikipedia – IKKO

 

 

 

IKKOの韓国人説について

福岡県田川郡福智町出身のIKKO

IKKOさんは大の韓国好きで韓国のグルメやコスメなどをよく紹介し、「韓国に住みたい」と常々言っていることから在日韓国人とネット上で噂が立っていますが、福岡県田川郡福智町出身の九州男児であることが分かっています。

 

IKKOさんはふたりの姉とひとりの妹の間に生まれた長男であり、豊田家の唯一の跡取りとして根っからの九州男児である父親に「男らしく」をモットーに育てられました。

 

しかし、母親が美容師をしていたことから、IKKOさんは見た目だけは「男らしい」ものの、女の子の洋服やコスメなどおしゃれへの興味が尽きず、父親との確執を抱えながらも美容専門学校に通い、卒業後は高級美容院「髪結い処・サワイ」に就職しました。

 

IKKOさんは根っからの九州男児である父親を持つ日本人であり、韓国とは何の接点もなく育ちました。

 

 

IKKOの韓国での人気について

韓国で絶大な人気を得ているIKKO

韓国は世界でも美容大国として知られる国ですが、”美のカリスマ”であるIKKOさんの人気は凄まじいものがあるようです。

 

こちらは週末土曜日の明洞(ミョンドン)。おや、IKKOさんのお出ましですね。木曜日には釜山にいらしたのに、やはり韓国中で引っ張りだこの人気者なんですね。
                    (中略)
それにしても、IKKOさんの人気と言ったら!日韓のIKKOさんファンが集まり、サインを求めたり、写真を撮ったりと、店内は騒然とした雰囲気に。ケーキカットの瞬間をみんなが見守ります。

 

引用:KONEST – 洞にIKKOさんあらわる!

 

IKKOさんは長年、韓国観光名誉広報大使も務めていることから、韓国で知られている日本の有名人のランキングでもつねに上位にいるほどの認知度を持っています。

 

そのため、IKKOさんがおすすめするコスメや美容グッズなどは韓国では軒並み売れるようで、日本と同じように美の伝道師としての知られています。

 

「好きな日本の女性芸能人はIKKOさん」という韓国人男性のファンもいるほどなのでその人気は相当なもののようですね。

 

 

IKKOの韓国語のレベルは?

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す