韓国サッカー選手の歴代有名・人気ランキングTOP20!Kリーグ・Jリーグ・海外で活躍【2020最新版】

韓国のプロリーグ「Kリーグ」はもちろん世界で活躍する韓国人サッカー選手は多く、アイドルを凌ぐ人気を誇るイケメン選手もいます。

 

今回は世界で活躍する歴代の韓国人サッカー選手を有名・人気ランキングで20人まとめました。

韓国人サッカー選手は世界で活躍中

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

韓国で国民の関心を大きく集めているスポーツ、サッカー。


韓国人サッカー選手は、韓国のプロサッカーリーグ「Kリーグ」のみならず、強豪がひしめく欧州のリーグや日本のJリーグでも活躍し、世界からも注目される存在です。

 

この記事では、実力者揃いの韓国人サッカー選手の中から、歴代の有名・人気選手をランキングにまとめました。


韓国サッカー史に残る功績を残してきた選手、期待の次世代スター、アイドル級の人気を博すイケメン選手など、過去から現在まで歴代の有名・人気選手を紹介します。

 

 

韓国人サッカー選手の歴代有名・人気ランキング【TOP20-16】

第20位・オ・セフン

出典:https://web.ultra-soccer.jp/


生年月日:1999年1月15日
出身地:韓国
身長:185cm
体重:70kg
ポジション:FW

 


オ・セフンは、韓国で次世代スターと期待される若手のサッカー選手で、ポジションはフォワードです。


プロデビュー前の2014年には、韓国中等サッカー連盟戦で得点王に輝くなど素晴らしい功績を挙げ、翌年の2015年にU-17韓国代表に選出されました。


チリワールドカップのギニア戦で、アディショナルタイムにゴールを決めたことからその名が広く知られ、韓国では「アディショナルタイムのウィナー」と呼ばれて讃えられています。


韓国サッカー界の将来を担う、期待の新星として注目されているサッカー選手です。

 

 

第19位・ファン・ヒチャン

出典:https://web.gekisaka.jp/


生年月日:1996年1月26日
出身地:韓国 江原道春川市
身長:177cm
体重:77kg
ポジション:FW

 


韓国代表選手でもあるファン・ヒチャンは、オーストリア・ブンデスリーガの「レッドブル・ザルツブルク」に所属するサッカー選手です。


20歳の若さで代表デビューし、2017年のワールドカップ最終予選カタール戦で代表初ゴールを挙げました。


2018年のFIFAワールドカップには3試合出場、同年アジア競技大会では優勝に貢献し、兵役免除の恩典を受けています。

 

 

第18位・イ・ウンジェ

出典:https://www.yahoo.co.jp/


生年月日:1973年4月26日
出身地:韓国 忠清北道清州市
身長:182cm
体重:80kg
ポジション:GK

 


元代表ゴールキーパーであり、1999年にKリーグのベストイレブンに選出されるなど、韓国の守護神として活躍したイ・ウンジェ。


韓国の兵役制度により1度サッカーから離れるも、兵役終了と同時にサッカー界に復帰し、2002年の日韓ワールドカップでは韓国の4位獲得に貢献しました。


ワールドカップなどの大舞台に強く、イ・ウンジェがゴールを守っているという安心感で韓国代表の士気を高めました。


PK戦に強いゴールキーパーでもあり、2008年にはゴールキーパーとしては初となるKリーグ年間MVPを受賞しました。

 

 

第17位・キム・ヨングォン

出典:https://sportsseoulweb.jp/


生年月日:1990年2月27日
出身地:韓国 全羅北道全州市
身長:186cm
体重:74kg
ポジション:DF

 


2009年にU-20韓国代表に選出されたキム・ヨングォンは、FIFA U-20ワールドカップに出場し、チームの主力として韓国のベスト8進出に大きく貢献しその名を轟かせました。


ワールドカップでの活躍が日本の「FC東京」の目に留まり、Jリーグの選手として「FC東京」「大宮アルディージャ」でプレーしました。


2012年から2018年までは中国の「広州恒大」でプレーし、現在はJリーグ「ガンバ大阪」で活躍しています。

 

韓国代表としても知名度が高く、2017年には韓国代表のキャプテンに就任しました。


2018年ワールドカップの予選・本大会でキャプテンとして韓国代表をまとめ上げ、ゴールにも貢献するなど大きな活躍で人気を集めています。

 

 

第16位・イ・ガンイン

出典:https://www.soccer-king.jp/


生年月日:2001年2月19日
出身地:韓国 仁川広域市
身長:173cm
体重:68kg
ポジション:MF

 


韓国サッカー界の神童と呼ばれ、2020年現在まだ10代という若さながらすでに幾多もの素晴らしい功績を挙げているイ・ガンイン。


10歳の時にスペインに渡り、バレンシアCFの育成機関に入団、2017年に正式にプロ契約を結びました。


プロデビュー後、UEFAチャンピオンズリーグのチェルシー戦に18歳6ヶ月という若さで出場したことで、チャンピオンズリーグにおける韓国人選手の最年少出場記録を更新しました。

 

2019年には韓国のフル代表に初招集され、FIFA U-20ワールドカップで2ゴール・4アシストの成績を残します。チームを準優勝に導き、大会MVPを受賞しました。


韓国サッカー界の次世代スター選手であり、世界の強豪チームも注目している将来有望株です。

 

 

韓国人サッカー選手の歴代有名・人気ランキング【TOP15-11】

第15位・チョン・スンヒョン

出典:https://www.youtube.com/


生年月日:1994年4月3日
出身地:韓国
身長:188cm
体重:89kg
ポジション:DF

 


2016年にリオデジャネイロオリンピックのU-23韓国代表に選出され、レギュラーとしてセンターバックに起用されて全試合出場を果たしたチョン・スンヒョン。


2017年には韓国代表に初招集され、ロシア・ワールドカップに出場したことでも話題になりました。

 

日本の「鹿島アントラーズ」に所属していた2018年には、AFCチャンピオンズリーグで優勝しタイトルを獲得しているため、日本での知名度も高いサッカー選手です。


優しげな笑顔にモデル級のスタイルでイケメンとの呼び声高く、女性人気が高いことでも知られています。

 

 

第14位・イ・ドングッ

出典:https://www.football-zone.net/


生年月日:1979年4月29日
出身地:韓国 慶尚北道浦項市
身長:187cm
体重:80kg
ポジション:FW

 


1998年に高卒ルーキーとしてプロデビュー後、しばらくは芽が出なかったイ・ドングッ。

 

2009年に韓国の強豪チーム「全北現代モータース」に移籍するなり得点王に輝き、チームのリーグ戦優勝に貢献する活躍でシーズンMVPに選出されるなど、才能を開花させます。

 

2012年には、Kリーグ通算最多得点記録を塗り替える117得点を挙げ、2014年にもチームを優勝に導いてKリーグMVPを受賞した実力者です。

 

2005年にハワイ出身のミスコリアの女性と結婚し、現在は1男4女の5児の父親でもあるイ・ドングッは、韓国の人気バラエティ番組「スーパーマンが帰ってきた」に子供たちと出演。

 

強いサッカー選手でありながら、子煩悩なパパというギャップで人気を集めています。

 

 

第13位・チョ・ヒョヌ

出典:https://soccer-time.net/


生年月日:1991年9月25日
出身地:韓国
身長:189cm
体重:不明
ポジション:GK

 


2013年にドラフト1位指名で「大邱FC」に入団し、プロ1年目からゴールキーパーとしての才能を開花させてチームの守護神として活躍したチョ・ヒョヌ。


2015年・2016年・2017年と3年連続で年間最優秀ゴールキーパーを受賞しています。

 

また、自身のプロ通算100試合目となる記念の試合のハーフタイムで、現在の妻にプロポーズし、ロマンチックすぎるプロポーズをしたサッカー選手として韓国で大きな話題になりました。

 

 

第12位・キ・ソンヨン

出典:https://web.gekisaka.jp/


生年月日:1989年1月24日
出身地:韓国 光州広域市
身長:186cm
体重:75kg
ポジション:MF

 


2006年に「FCソウル」に入団しプロデビュー、2009年に「セルティック」と契約して世界に羽ばたいたキ・ソンヨン。

 

「セルティック」移籍後は、月間最優秀若手選手を受賞。

 

2012年に「スウォンジー・シティAFC」に移籍すると、2014-15シーズンにプレミアリーグで33試合出場8ゴールを挙げる活躍を見せ、クラブの年間最優秀選手を受賞しました。

 

日本では、2011年のAFCアジアカップの日韓戦での猿まねパフォーマンスが問題になるなど、マイナス面での知名度が高いキ・ソンヨン。

 

ですが、韓国代表のキャプテン就任や海外スポーツ誌でベストイレブンに選ばれるなど、サッカー選手としての実力は確かな選手です。

 

 

第11位・ファン・ソンホン

出典:https://twitter.com/


生年月日:1968年7月14日
出身地:韓国 忠清南道礼山郡
身長:183cm
体重:79kg
ポジション:FW

 


大学卒業後にドイツの下部リーグでプロキャリアをスタートさせ、1999年に「セレッソ大阪」に移籍してJリーグデビューしたファン・ソンホン。


移籍直後から数多のゴールを決め、韓国人選手としてJリーグ史上初となる得点王のタイトルに輝きました。

 

韓国代表としても、1990年から2002年まで4大会連続でFIFAワールドカップにメンバー入りし、ゴールを挙げる活躍を見せました。

 

2003年2月に引退後は指導者の道へ進み、2016年には「FCソウル」をKリーグクラシックの優勝に導きました。

 

 

韓国人サッカー選手の歴代有名・人気ランキング【TOP10-6】

第10位・キム・ジンス

出典:https://www.albirex.co.jp/


生年月日:1992年6月13日
出身地:韓国 全羅北道全州市
身長:177cm
体重:69kg
ポジション:DF

 


高校時代から日本のJリーグに入ることを志望し、独学で日本語を学び、大学卒業後2012年に「アルビレックス新潟」に入団したキム・ジンス。


「アルビレックス新潟」では左サイドバックのレギュラーに定着し、韓国代表としてもU-17、U-20でワールドカップへ出場、2013年に東アジアカップでA代表初出場を果たしました。


2019年に開催されたアジアカップのバーレーン戦では、アディショナルタイムに決勝ゴールを決め、韓国をベスト8に押し上げた立役者として人気を集めました。

 

 

第9位・ファン・ウィジョ

出典:https://www.football-zone.net/


生年月日:1992年8月28日
出身地:韓国 京畿道城南市
身長:184cm
体重:73kg
ポジション:FW

 


韓国の「城南FC」を経て「ガンバ大阪」に移籍し、日本でも活躍したファン・ウィジョ。

 

2018年のリーグ戦でハットトリックを決め、ここぞという場面でゴールを決める強さ、連続得点記録が話題になり、日本でも有名になりました。

 

6試合連続ゴールはクラブ最長記録となり、この活躍により2018年のJリーグベストイレブン、優秀選手賞を受賞しました。

 

また、韓国代表としても2018年にU-23代表に選出され、アジア競技大会で9得点を挙げて得点王を獲得、韓国の2連覇に大きく貢献しました。


ファン・ウィジョにとって2018年は成績・人気・知名度を上げる飛躍の年となり、その年に韓国で最も活躍したサッカー選手に贈られる「今年の選手賞」を受賞しています。

 

 

第8位・イ・ヨンピョ

出典:https://news.kstyle.com/


生年月日:1977年4月23日
出身地:韓国 江原道洪川郡
身長:176cm
体重:66kg
ポジション:DF

 

 

2002年の日韓ワールドカップで活躍したことで実力が高く評価され、オランダの名門チーム「PSVアイントホーフェン」でプレーし、リーグ優勝に貢献したイ・ヨンピョ。

 

2005年には、欧州チャンピオンズリーグでチームをベスト4に押し上げました。

 

その後、イングランド・プレミアリーグ「トッテナム・ホットスパー」、ドイツ・ブンデスリーガ「ボルシア・ドルトムント」、サウジアラビア「アル・ヒラル」など、世界で活躍しました。

 

自身の成長のために練習を惜しまない努力家としても知られ、サッカーに対する姿勢にも支持が集まっているサッカー選手です。

 

 

第7位・チョ・ジェジン

出典:https://forum.kooora.com/


生年月日:1981年7月9日
出身地:韓国 京畿道坡州市
身長:185cm
体重:80kg
ポジション:FW

 


高校卒業後にKリーグ「水原三星ブルーウィングス」に入団、その後「光州尚武フェニックス」「全北現代モータース」、「清水エスパルス」「ガンバ大阪」で活躍したチョ・ジェジン。

 

韓国代表に選出されたドイツワールドカップでは、グループリーグ3試合全てに先発出場し、存在感を見せつけました。


2011年に現役を引退しましたが、韓国人サッカー選手の中でも随一のイケメンとあって、女性人気が抜群に高いことで知られています。


俳優やモデルレベルの人気を博し、韓国のCMにも多数出演しました。

 

 

第6位・イ・スンウ

出典:https://www.football-zone.net/


生年月日:1998年1月6日
出身地:韓国 水原市
身長:171cm
体重:63kg
ポジション:FW/MF

 


韓国サッカー界の若手選手の中でも、特別な人気を誇るイ・スンウ。

 

将来有望な次世代スター候補として支持されると共に、イケメンと話題になり、女性人気も獲得しています。

 

韓国「仁川ユナイテッドFC」のユースからスペイン「FCバルセロナ」のユースに移籍し、ユース時代から得点王に輝く活躍を見せました。


2019年からは、「シント=トロイデンVV」に完全移籍してプレーしています。

 

韓国代表として、2014年にU-16代表に選出されゴールを決め、U-17でもブラジルに勝利するなど期待の新星の名に恥じない活躍を見せました。


ロシアワールドカップではチーム最年少ながら2試合に出場し、2018年のアジア競技大会では4得点を決めて韓国の優勝に貢献しています。

 

韓国のメッシ」と呼ばれており、未来の韓国サッカー界を担うと期待されている注目株の選手です。

 

 

韓国人サッカー選手の歴代有名・人気ランキング【TOP5-1】

第5位・ホン・ミョンボ

出典:https://news.yahoo.co.jp/


生年月日:1969年2月12日
出身地:韓国 ソウル特別市
身長:181cm
体重:71kg
ポジション:DF/MF

 

 

元韓国代表として多大な功績を残して韓国を代表する選手になり、日本のJリーグでも活躍したホン・ミョンボ。


1999年にJリーグの「柏レイソル」に移籍すると、卓越したキャプテンシーと実力の高さから、Jリーグ史上初の韓国人キャプテンとなりました。


後方からチームを鼓舞するホン・ミョンボの存在により、柏レイソルの若手選手達は急速に成長し、自身も鋭い頭のキレと正確な技術を活かしたプレースタイルで活躍します。

 

キング・カズこと三浦知良は、ホン・ミョンボを「頭を使うスマートなプレースタイルの選手で、ピッチ内でも外でもジェントルマンだった」と評しています。


さらに、ブラジル代表選手でサッカーの神様と呼ばれるペレからは、「偉大なサッカー選手100人」に選出されました。

 

現役引退後はさまざまな慈善活動を行なっており、財団を設立して子供向けサッカー教室や将来有望な若手選手の発掘・育成をするなど、現在も韓国サッカー界に貢献している存在です。

 

 

第4位・アン・ジョンファン

出典:https://ameblo.jp/


生年月日:1976年1月27日
出身地:韓国 京畿道坡州市
身長:178cm
体重:71kg
ポジション:FW

 


ゴールを決めた時に結婚指輪にキスをするパフォーマンスをすることから、韓国で「指輪の帝王」と呼ばれるアン・ジョンファン。妻は、ミスコリアでモデルのイ・へウォンです。


1998年にKリーグ入りした際には「韓国のデビッド・ベッカム」と期待され、翌年のKリーグで14得点を決めてMVPに選出されるなど、チームの準優勝に貢献しました。


2002年の日韓ワールドカップでは韓国のベスト4に大きく貢献し、決勝トーナメントで決めたゴールにより一躍国民的スター選手となっています。

 

実力もさることながらルックスの良さも評判で、韓国の若い女性から多大な人気を集めました。

 

韓国では女性が年上の男性に対し親しみを込めて「オッパ」と呼びますが、アン・ジョンファンには熱狂的な女性ファンによる追っかけ集団「オッパ隊」があり、アイドルを凌ぐ人気でした。

 

 

第3位・チャ・ボムグン

出典:https://jp.yna.co.kr/


生年月日:1953年5月22日
出身地:韓国 京畿道華城市
身長:179cm
体重:79kg
ポジション:FW/MF

 


ドイツ・ブンデスリーガで活躍し、アジア人選手として歴代最多得点の98ゴールを記録して世界的なスター選手になったチャ・ボムグン。

 

国際サッカー歴史統計連盟から「20世紀を代表するアジア選手」に選出され、80年代を代表するストライカーとして韓国国内外で大きな人気を獲得しました。

 

チャ・ボムグンのアジア人の域を超えた身体能力は、フィジカルの強い海外リーグでも劣らぬ屈強さを持ち、強烈なシュートとヘディングを武器にゴールを量産しました。

 

ブンデスリーガの最高年俸を記録し、UEFAカップで2度の優勝を経験するなど、世界的なスター選手として栄光を掴んだ韓国人サッカー選手です。

 

 

第2位・パク・チソン

出典:https://www.theworldmagazine.jp/


生年月日:1981年2月25日
出身地:韓国 全羅南道高興郡
身長:175cm
体重:72kg
ポジション:MF/FW

 


UEFAチャンピオンズリーグ史上、アジア人選手初のトロフィーを獲得し、4度のプレミアリーグ優勝、FIFAクラブワールドカップでも優勝を経験した世界的スター選手のパク・チソン。


試合終盤まで衰えない運動量とスピードを誇ることから「酸素ボンベ」の異名が付き、海外強豪リーグの選手や指導者からも高い評価を受けています。


韓国代表としても活躍し、FIFAワールドカップでアジア人として初となる3大会連続ゴールを決める勝利の神でもありました。

 

引退後の2014年、マンチェスター・ユナイテッドの公式アンバサダーにヨーロッパ人以外として初めて就任し、現役時代も引退後もアジア人の最前線を駆け続けています。

 

多くの慈善活動も行なっており、韓国を代表する国民的スターサッカー選手です。

 

 

第1位・ソン・フンミン

出典:https://www.football-zone.net/


生年月日:1992年7月8日
出身地:韓国 江原道春川市
身長:183cm
体重:77kg
ポジション:FW

 


2010年より韓国代表として活躍、2018年に韓国代表の主将を務め、UEFAチャンピオンズリーグとプレミアリーグでアジア人の最多得点記録を更新したソン・フンミン。

 

イギリスの歴史あるタブロイド紙「Daily Mail」により「世界で最も優れた選手ベスト100」に選ばれ、2018-19年のUEFAチャンピオンズリーグではベストイレブンに選出されました。

 

さらに、世界の最高選手を決めるバロンドールでアジア人で唯一ノミネートされ、アジア歴代最高順位となる22位を獲得するなど、歴史的な快挙を成し遂げています。

 

韓国でも知名度・人気共に最高峰で、2019年には「韓国人が好きなスポーツ選手」で1位に選ばれました。


サッカー強豪の世界各国からアジア最高の選手と認められているスーパースターで、韓国サッカー界を牽引する存在として絶大な人気を誇っています。

 

 

まとめ

 

歴代韓国人サッカー選手の有名・人気ランキングをお届けしました。


世界の強豪チームで活躍し、韓国代表としても勝利に貢献する選手達。

 

今後どんなスーパープレーを見せてくれるのか、期待です!

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

李忠成の嫁は樋場早紀!結婚前のフライデー浮気画像・実家や国籍も総まとめ

韓国野球選手の歴代有名・人気ランキング20選!KBOリーグ・日本・メジャーで活躍【2020最新版】

李忠成

李忠成の歴代彼女!ICONIQやローラとの熱愛の噂の真相まとめ

チェ・ホンマン

チェホンマンの現在!彼女と結婚?大阪でパチンコ三昧?目撃情報も多数紹介

安貞桓(アンジョンファン)の今現在!結婚した嫁や息子~最近の様子まとめ

韓国人フィギュアスケート選手の歴代人気ランキングTOP10【2020最新版】

イ・スンヨプ

イスンヨプ(李承燁)の現在!巨人時代の年俸・嫁や子供情報なども総まとめ

キソンヨン(奇誠庸)の現在!猿まね反日事件と旭日旗との関係・その後も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

スタイルいいApinkメンバーTOP6!身長と体重付きで紹介【画像付き】

新大久保で食べ歩き|おすすめ人気店ランキングTOP20をチェック【2020最新版】

TEENTOPのメンバー人気順TOP5!代表曲・脱退者とプロフィールも総まとめ

Block Bのメンバー人気順TOP7・最新版!脱退者の現在もプロフィール付きで紹介

日本人韓国人出会い場所

日本人と韓国人の出会いの場所16選!男性・女性の恋愛のきっかけとは

NCT(U,127,Dream)の人気曲ランキングTOP20とアルバム5選【動画付き・最新版】

日本韓国違い比較

日本人と韓国人の違いや比較10選!身長・英語力・平均年収・性格・失業率など

隆大介

隆大介の現在!在日韓国人の本名や国籍~暴行事件とその後まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

韓国野球選手の歴代有名・人気ランキング20選!KBOリーグ・日本・メジャーで活躍【2020最新版】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す