アンソヒョン(子役女優)の出演ドラマ/映画一覧!プロフィール・演技力が絶賛の「オクジャ」も総まとめ

はじめに

韓国の子役女優であるアンソヒョンは、生きる伝説ポン・ジュノ監督からも認められる演技力の持ち主で、世界から注目を集めています。

 

今回はアンソヒョンの出演ドラマと映画一覧、演技力が話題になった「オクジャ」をまとめました。

アンソヒョン(子役女優)のプロフィール

出典:http://www.topstarnews.net/

 

名前:アン・ソヒョン
生年月日:2004年1月12日
出身地:韓国 京畿道水原市
身長:165cm

 

 

子役出身の女優・アンソヒョンは、3歳の時に子役として芸能界入り、ドラマ「恋愛結婚」でデビュー以降、天才少女とも呼べる演技力で注目を集め、現在も活躍する韓国の女優です。

 

韓国最高の映画監督との呼び声高い、ポン・ジュノ監督の「オクジャ」でオーディション参加者2100人以上の中から主演に抜擢されたことでも話題になりました。

 

2008年にデビューしたアンソヒョンの知名度が上がるきっかけとなったのは、2010年公開の韓国映画「ハウスメイド」です。

 

この作品は、1960年の映画「下女」のリメイク作品で、現代韓国の階級社会に焦点を当て、報われない女の悲しい物語を描いた問題作です。

 

 

出典:https://movies.yahoo.co.jp/

 

アンソヒョンはこの作品で、主人公のウニがメイドとして働く大豪邸に暮らす6歳の女の子・ナミ役を演じました。

 

この作品の演技力が評価され、その後、立て続けにテレビドラマ・映画に出演するように。

 

2011年放送の学園ドラマ「ドリームハイ」では、「miss A」のペ・スジが演じた主人公コ・ヘミの妹役を演じ、あまりの可愛らしさに視聴者をメロメロにしました。

 

3歳からこの世界に飛び込んだアンソヒョンは、2004年生まれという若さにしてすでに10年を超える女優歴を持ち、人生のほとんどを女優として生きてきました。

 

まだ10代の若さながら既に達観した落ち着きを持ち、ベテラン女優レベルの演技力で作品に華を添えています。

 

 

アンソヒョン(子役女優)のドラマ一覧

 

出典:http://www.readersnews.com/

 

2008年「恋愛結婚」
2008年「テロワール」
2010年「紅の塊〜私の中のあなた〜」
2010年「三姉妹」
2011年「ドリームハイ」
2011年「童顔美女」
2011年「WHAT’S UP」
2011年「天上の花園」
2012年「愛の贈り物」
2013年「サメ 〜愛の黙示録〜」
2013年「黄金の虹」
2014年「一途なタンポポちゃん」
2015年「アチアラの秘密」
2018年「復讐ノート2」
2019年「ヘチ 王座への道」

 

おすすめドラマ「復讐ノート2」

 

出典:https://ameblo.jp/

 

子役出身のアンソヒョンが大人の階段を上り、気分爽快な主人公を演じた学園ドラマ「復讐ノート2」。


ごく普通の女子高生が、謎の復讐代行アプリ「復讐ノート」を利用し、降りかかる問題を解決しながら成長していく姿を描いたハイティーン向けドラマです。

 

相手役には「PRODUCE 101 シーズン2」で常にトップクラスの人気を集め、現在は歌手として活動するサムエルが抜擢されたことでも話題になりました。

 

 

おすすめドラマ「アチアラの秘密」

 

 

犯罪がなく平和であるはずの小さな町で、白骨死体が発見されたのをきっかけに、町の住人達が隠し続けてきた秘密が暴かれていくサスペンス・スリラードラマ「アチアラの秘密」。

 

アンソヒョンは、死体で発見された絵画教室の講師ヘジンの教え子で、彼女を慕う中学生ソ・ユナを演じました。

 

謎が謎を呼び、続きが気になって眠れなくなるほどのスリリングな展開で、目が離せなくなること間違いなしのドラマです。

 

 

アンソヒョン(子役女優)の映画一覧

 

出典:https://ameblo.jp/

 

2009年「うさぎとリザード」
2010年「ハウスメイド」
2010年「破壊された男」
2011年「Mr.アイドル」
2014年「その怪物」
2014年「神の一手」
2017年「オクジャ」

 

おすすめ映画「その怪物」

 

 

2014年公開の映画「その怪物」は、町内で〝狂った女〟と呼ばれる主人公ポクスンが、冷酷な殺人鬼テスに追われる少女と命懸けの逃走劇を繰り広げる、スリル満点のアクション映画です。

 

アンソヒョンは、殺人鬼に追われ主人公と共に逃げる少女ナリを演じ、この作品で見せた圧巻の演技力で業界関係者からも高い評価を受けました。

 

主人公ポクスン役には「トッケビ」でブレイクしたキム・ゴウンが抜擢されており、迫力のあるアクションシーンは必見です。

 

 

アンソヒョン(子役女優)の演技力が天才的だと話題に

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す