キム・ヨナ

キムヨナは八百長?バンクーバー最高得点や海外の評価も総まとめ

はじめに

2010年のバンクーバーオリンピックで金メダルを獲得した韓国のフィギュアスケーター、キム・ヨナさん。

 

キム・ヨナさんの当時の最高得点には八百長疑惑がありますが、海外評価を含めて詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

キム・ヨナのバンクーバー最高得点は八百長だった!?海外評価について

キム・ヨナについてのプロフィール

浅田真央の最大のライバル、キム・ヨナ

浅田真央さんが現役選手だった頃にキム・ヨナさんは最大のライバルであり、2010年のバンクーバーオリンピックで金メダルを譲ってしまい雪辱を果たせないまま引退してしまいました。キム・ヨナさんも浅田真央さんが日本で国民的スターだったように韓国で「国民の妹」と呼ばれていました。

 

キム・ヨナさんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: 金妍兒(キム・ヨナ)
生年月日: 1990年9月5日
出生地: 京畿道富川市
身長: 164 cm
体重: 47 kg
所属クラブ: AT Sports(ko:올댓스포츠)
引退: 2014年2月20日

 

引用:Wikipedia – キム・ヨナ

 

 

キム・ヨナ、バンクーバーでの最高得点に八百長疑惑が起こる

キム・ヨナの最高得点が出た瞬間にざわつく

キム・ヨナさんはバンクーバーオリンピックでトリプルアクセルを3度も決めた浅田真央さんを抑えて、20得点の差をつける自己最高得点を獲って金メダルに輝きました。

 

26日のフリープログラム。韓国のキム・ヨナの点数が発表された時、取材にあたる各国の記者から「信じられない」の声が漏れた。そして、その声の主たちは席を立ち、電話をかけ始めたり、取材ノートを勢いよくめくったり慌ただしく動き始めた。審判団の“不正”を疑ったのである。

 

引用:株式日記と経済展望 – 韓国のキム・ヨナの点数が発表された時、「信じられない」の声が漏れた。審判団の不正を疑ったのである。

 

惜しくも銀メダルだった浅田真央さんは細かいミスがあったため、総合的にキム・ヨナさんに及ばなかったことは日本人も認めるところでした。

 

しかし、問題は浅田真央さんに総合得点20点もの大差をつけて金メダルを獲得したキム・ヨナさんの最高得点に八百長疑惑が集まったようです。

 

 

 

キム・ヨナの最高得点について海外評価は?

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

  1. 「素人が騒いただけでプロの目からは適正」って言うならもうプロフィギュアスケートに未来はなくなっていくんだろうなぁ なんせスポーツを見るのはほとんどが素人であり、スポーツに金払うのもほとんどが素人なわけで その素人の多くが「なんか変じゃねこれ?」と思うような内容を明確な証拠や説明もなく (カメラ判定とか、他の競技ではやってるのに)「プロはこう言ってましたから」だけで適正だからと言うならば 「じゃあもうプロだけでやっててください素人はもう見ません」となっていくのは自然 そうなればまあ、誰も見ない競技に誰が金を払うのか……というね 演技としては綺麗だからアイスショーだけ残っていくとかにはなりそうだけど
  2. プロが評価していると言っても荒川静香だけ。荒川静香は日本スケート連盟の副理事長。誰かに言わされているのでしょうね。世界のアスリートの多くはキムヨナの高得点には同意しないと言っている。浅田真央よりキムヨナのほうが技術が上?荒川静香の生涯の汚点になってしまいました。審判自身が正しくジャッジしているのは一割、九割は不正と告白している。

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す