長原成樹(生野連合)の昔と若い頃!生い立ちや韓国との関係も総まとめ

はじめに

吉本興業所属のタレント・長原成樹さんは、「生野連合」に属したヤンチャ時代など生い立ちや若い頃が話題です。

 

今回は長原成樹さんについて、生い立ちや韓国との関係、生野連合時代や芸人時代など、昔や若い頃をまとめました。

長原成樹のプロフィール

 

出典:https://www.facebook.com/

 

名前:長原成樹(ながはら せいき)

本名:張成熙(チャン・ソンヒ)

生年月日:1964年04月18日

身長:180cm

体重:73kg

血液型:B型

出身地:大阪府 大阪市

趣味:バイク、車、サッカー、カバティー

 

 

長原成樹(ながはらせいき)さんは、吉本興業所属のお笑い芸人です。

 

映画「風、スローダウン」でおおさか映画祭第17回新人賞を受賞。映画「ゲロッパ!」「パッチギ!」、ドラマ「ひとりじゃないの」「わかば」など映画やドラマで俳優としても活躍中です。

 

書籍「犬の首輪とコロッケとセキとズイホウの30年」を執筆し、作家としても活動。

 

2016年9月には、なんばグランド花月で上演される「結成!!なんば悪役組合~VS吉本新喜劇~」に出演しています。

 

大阪市生野区に生まれ、幼少時代は悪さばかりを繰り返していたという長原成樹さん。

 

しかし、周囲の人々の愛や漫才との出会いから、自身の生き方を見直していき、漫才師としての道を選びます。現在では、テレビやVシネマ他で、幅広く活躍をしています。

 

 

 

長原成樹の昔や若い頃① 生い立ちや韓国との関係

 

出典:https://gramho.com/

 

長原成樹さんは、大阪市生野区に生まれ、好奇心が旺盛すぎるのが災いしてか、小さい頃から悪さばかりを繰り返していたそうです。

 

そんな長原成樹さんは在日韓国人を公言しています。

 

長原成樹さんの父親は「張瑞鳳」さんといい、15歳の時に韓国の済州島から渡ってきたそうで、日本語が堪能ではなく、無口だったそうです。

 

そして、自身の生い立ちについて著書「本職未満」で語っています。

 

僕はこの世界に入って、自分が韓国人であることを隠したことはありません。 誰かに聞かれたら『僕は日本人ちゃいますよ。韓国人ですよ』って答えてましたもん。

 

 

出典:https://www.oricon.co.jp/

 

ただ、在日韓国人ということで差別の経験もあったようです。

 

ちなみに長原成樹さんは、韓国語がうまく話せるわけでもなく、韓国料理が好物でもないそうです。

 

そんな私は何人や?と自問自答したら、「生野人」だ

 

自分は韓国人ではあるが、それはただ国籍だけのことで、在日韓国人とも言わず、「生野人」と思っているそうです。

 

それだけ、生野を愛していているということなのでしょう。

 

また、韓国人でもなく、日本人でもないという在日韓国人の置かれた境遇を表しているのではないでしょうか。

 

 

長原成樹の昔や若い頃② 生野連合に所属していたワルだった

 

出典:https://news.mynavi.jp/

 

子どもの時からヤンチャだったという長原成樹さんは、大阪最強とも言われる暴走族グループ「生野連合」に所属していたようです。

 

そして、長原成樹さんは18歳の頃に強盗事件を起こして逮捕され、少年院にまで入っていたということです。

 

 

出典:http://kansai.pia.co.jp/

 

その当時の様子は、長原成樹さんの自伝小説『犬の首輪とコロッケと―セキとズイホウの30年』の中でも描かれています。

 

 

 

そして、『犬の首輪とコロッケと―セキとズイホウの30年』は、長原成樹さん自らが監督を務めて映画化されています。

 

昭和のディープな大阪・生野を舞台に、札付きのワルからお笑いの世界に飛び込んでいく長原成樹さんの半生を忠実に描いた真実の物語と話題になりました。

 

 

 

この映画では、大阪・生野や長原成樹さんの生い立ち、ヤンキーだった時代などが描かれています。

 

様々な経験によって大人になって行く長原成樹さんの半生は、映画や小説にできるくらいに波乱なものでした。

 

 

長原成樹の昔や若い頃③ お笑い芸人デビュー

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す