K-POP・韓国芸能界で活躍の日本人46選!人気ランキング【アイドル・2021最新版】

近年、K-POP・韓国芸能界で活躍する日本人アイドルが増えてきており、ますます注目を集めています。

 

今回は、K-POP・韓国芸能界で活躍の日本人の人気ランキングTOP46をまとめました。

 

この記事の目次

K-POPで活躍している日本人46:南りほ(練習生)さん

 

出典:http://pappins.tokyo/


兵庫県出身、1995年11月1日生まれで、日本では「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」で看護婦役で出演しています。

 

TWICEの日本人メンバー3人とも親しく、YGエンターテイメント主催のサバイバル番組「MIX NINE」に出演し、惜しくも選出されず、現在はシネマクトに所属し、練習生として頑張っています。

 

 

 

K-POPで活躍している日本人45:有吉りさ(練習生)さん

 

出典:https://girlskpop21.blogspot.com/


女性版「PRODUCE101(プロデュース101)」に出演し、歌唱力で話題となりました。

 

Tippingエンターテインメント所属で、父親が日本人、母親が韓国人の日韓ハーフです。日本では小川紗蘭という芸名で活動していましたが、現在は韓国でアイドルを目指して頑張っています。

 

 

K-POPで活躍している日本人44:リアン(未来少年)さん

 

 

 

DSPメディアより新しくデビューしたボーイズグループ「未来少年(MIRAE)」のメンバーです。大阪出身で、「未来少年」では唯一のグローバルメンバーとなります。

 

優れたボーカル力を持っているとのことで、今後のパフォーマンスが期待されているようです。

 

 

K-POPで活躍している日本人43:リア(BOTOPASS)さん

 

 

 

リアさんの本名は、桑山りあ。ガールズグループ「BOTOPASS」の日本人メンバーで、ボーカルを担当しています。

ネットの投票ではグループで1番の人気を誇っており、国内外で注目を集めているようです。

 

2020年にデビューしたばかりのグループなので、これからの活躍次第ではさらに人気を獲得しそうですね!

 

 

 

K-POPで活躍している日本人42:安田タカラ(Busters)さん

 

出典:https://kban.me

 

 

2005年生まれという若さのタカラさん。スカウトをきっかけにオーディションを受け、芸能界デビューを果たしました。

 

以前からダンススクールの生徒でもあったタカラさんは、パフォーマンス力が高く評価されており、K-POP界の中でもかなりのスピードデビューだったようです。

 

 

K-POPで活躍している日本人41:ニキ(ENHYPHEN)さん

 

 

 

サバイバルオーディション番組「I-LAND」を経て結成された、ENHYPENのメンバーです。

7人組ボーイズグループで、ニキさんは唯一の日本人メンバーとなります。

 

2020年にデビューしたばかりですが、すでにKPOPグループの中で最高売り上げを記録するなど、かなり勢いがあるアイドルグループであり、ニキさんのルックスやダンススキルにも多くの注目が集まっているようです。

 

 

K-POPで活躍している日本人40:ヒロ(XRO)さん

 

 

XROのメンバーとして活躍しているヒロさん。1997年生まれの日本出身で、優れたダンス能力の持ち主です。

MIX NINEに出演していた経歴を持ち、日本人練習生ということで当初から注目を集めていました。

 

 

K-POPで活躍している日本人39:ユウリ(LUNARSOLAR)さん

 

 

美しい顔立ちが目を惹くユウリさん。2001年5月16日生まれの福岡県出身で、本名は「徳永裕梨」というそうです。

 

2020年にデビューしたアイドルグループ「LUNARSOLAR」のメンバーとしてデビューを果たし、現在はリードダンサーとして活躍されています。

 

 

 

K-POPで活躍している日本人38:レア(SECRET NUMBER)さん

 

 

 

アイドルグループ「SECRET NUMBER」で唯一の日本人メンバーであるレアさん。1995年8月12日 生まれの東京都出身です。

グループではまとめ役を担っており、しっかり者の一面も。また美しいビジュアルにも注目が集まっており、日本でも徐々にファンを獲得しているようです。

 

 

K-POPで活躍している日本人37:ユキ(PURPLE K!SS)さん

 

 

 

「PURPLE KiSS」のリードダンサー・ラッパー・ボーカルとして活躍しているユキさん。

日本人メンバーですが、ラップが得意で韓国語の歌詞も書けるという才能の持ち主です。

 

華やかな見た目からグループのビジュアルメンバーに選ばれており、サバイバル番組「Road to Kingdom」に出演した際も多くの注目を集めました。

 

 

K-POPで活躍している日本人36:ソラ(woo!ah!)さん

 

 

2020年5月13日にデビュー迎えた「woo!ah!」のメンバーです。

お姉さんが有名インスタグラマーの「すず」さんということで、お姉さんの投稿をきっかけにソラさんのデビューを知った方も多いのだとか。

 

歌唱力が高く評価されており、生歌でも透明感のある非常に安定した歌声は、今後の「woo!ah!」を支える存在となりそうです。

 

 

K-POPで活躍している日本人35:ユク(DKB)さん

 

出典:https://dkb.jp

 

 

DKB(ダークビー)唯一の外国籍メンバーであり、日本人のユクさん。BRAVE Entertainmentから初の日本人歌手としてデビューし、グループではダンス・DJ、およびボーカルとして活躍されています。

 

特にしなやかなダンスパフォーマンスに注目が集まっており、他のメンバーとは違った魅力を披露しています。

 

 

K-POPで活躍している日本人34:ショウタロウ(NCT)さん

 

 

NCTの新メンバーとして話題となっているショウタロウさん。

デビュー前からダンスが上手いことで知られており、練習生期間が非常に短かったようです。

 

そんな才能あふれるショウタロウさんですが、まだまだステージ慣れしておらず、緊張している姿が可愛いと注目を集めました。

 

ルックスも幼さの残る顔立ちで、今後さらに人気が出そうなメンバーです!

 

 

 

K-POPで活躍している日本人33:ジゼルさん

 

 

2020年11月17日デビューした「aespa」のメンバーです。

日本人と韓国人のハーフで、出身は東京都。日本語・韓国語・英語と語学が堪能のことでも知られています。

 

グループではラップを担当しており、デビュー前に披露した3ヵ国語のラップも話題となりました。

 

 

K-POPで活躍している日本人32:ソウル(P1Harmony)さん

 

 

 

6人組アイドルグループ「P1Harmony」のメンバーとしてデビューしたソウルさん。母親が日本人、父親が韓国人のハーフですが、国籍は日本にあるようです。

特技として「振付創作」をあげていることから、今後グループの振り付けに関わることがあるかもしれませんね!

 

 

 

K-POPで活躍している日本人31:カンナム(元M.I.B)さん

 

出典:http://entajima.com/


本名は滑川康男、1987年3月23日生まれで、14歳でハワイへ留学するまでは日本に居住しています。

 

「KangNam(カンナム)」は、本名の「康男」が「強い男」という意味から、韓国語の『カンハダ(強い』『ナムジャ(男)』を略して「カンナム」とし、韓国芸能事務所が名付けました。

 

M.I.Bではメインボーカルを務め、最年長でした。韓国でデビューする前は日本で「KCB」というロックバンドグループのメンバーとして活動、M.I.Bは、2011年結成の男性HIPHOPグループですが、残念ながら2016年10月に解散しています。

 

 

 

K-POPで活躍している日本人30:マヒロ(BUGVEL)さん

 

 

「BUGVEL」のマヒロさんは、2001年3月28日生まれの大阪府出身です。

「YG宝石箱」および「PRODUCE X 101」の出身であり、2020年に満を持してデビューとなりました!

これまでに苦労も多く、今回のデビューはファンにとっても嬉しいものになったようです。

今後の活躍が楽しみですね!

 

 

 

K-POPで活躍している日本人29:長谷川陽平さん

 

 

 

韓国芸能界で活躍されている日本人として外せないのが、韓国の国民的バンド「チャンギハと顔たち」でギタリストをされている長谷川陽平さん。

 

日本での知名度はそれほど高くないようですが、すでに20年近く韓国で活動されているベテラン音楽家です。

 

ちなみにご両親は日本の芸能界で活躍されている、竜雷太さん(俳優)と夏桂子さん(女優)です。

 

 

K-POPで活躍している日本人28:MAHIRO(Z-GIRLS)さん

 

 

「Z-GIRLS」のメンバーとして活躍されているMAHIROさん。以前は乃木坂46で活動されていました。

乃木坂46時代からダンスと歌唱力が注目されており、Z-GIRLSでもその才能を遺憾なく発揮しています。

 

 

 

 

K-POPで活躍している日本人27:ハル(NATURE)さん

 

 

 

ハルは、2000年2月21日生まれの宮城県出身です。


n.CHエンターテインメント所属の9人組アイドルグループ「NATURE」のメンバーで、サブボーカル・リードダンサーとして活躍しています。

 

NATUREでは唯一の日本人メンバーということで、今後どのような活動を展開していくのか楽しみですね。

 

関連記事

韓国NATUREメンバーの整形を昔の顔画像で検証!オーロラ・セボム・ルー・チェビン・ガガ・ハル・ロハ・ユチェ・サンシャイン

韓国NATUREのメンバー8人の人気順とプロフィール!日本人はいる?【2021最新版】

 

 

 

K-POPで活躍している日本人26:ユカ(PEACH GIRL)さん

 

出典:https://nomunomu-korea.info/


本名は浅本美加、1988年10月29日生まれの、阪府東大阪市出身で、元お笑い芸人です。2006年までCALESS(キャレス) VOCAL & DANCE SCHOOL大阪校に在籍し、2007年にNSC大阪校女性タレントコース3期生として入学しています。

 

グラビアアイドルとしても活動しており、2008年にはNSC強化生(特待生)に抜擢、よしもとグラビアエージェンシー(YGA)に2期生として加入していました。2013年12月8日に、グラビアアイドル卒業をツイッターで公表、同時に「PEACH GIRLl」のメンバーとして韓国でデビューする事を発表しています。


PEACH GIRLは、2013年11月26日に「Fox-fur Muffler」でデビューした韓国ガールズグループです。桃は爽やかでハツラツとしたイメージがあることから、大人から子供まで親しみを持てるように、グループ名が付けられています。

 

 

 

 

K-POPで活躍している日本人25:ハナ(SKARF)さん

 

出典:https://kban.me/


本名小川美月(おがわみづき)、1995年8月12日生まれで、SKARFではサブボーカルを担当しています。妻夫木聡主演の映画『ブタがいた教室』に生徒役として出演し、その後18歳の時にSkarf新メンバーとして加入しています。

 

2012年末にSKARFのメンバーソルが脱退し、ジュアと共にグループに加入しています。現在は個人練習生としてYG主催のサバイバル番組「MIX NINE」に出演、二度目のデビューを目指しているそうです。


SKARFとは、韓国人とシンガポール人などで構成された、スカーフのように、スタイリッシュなグループという意味を持つ女性アイドルグループです。2012年8月デビュー、2013年に5人体制で新生Skarfとして活躍、最近では目立った活動はあまり見られません。

 

 

 

 

K-POPで活躍している日本人24:レナ(D.HOLIC)さん

 

出典:https://kpop.asiachan.com/


本名:上田レナ、1991年6月29日生まれの岐阜県出身の日本人女性です。大阪のアクターズスクールに岐阜県から東京の芸能事務所に通い、高校時代は芸能活動を一時休止し学業に専念、高校卒業後上京したくさんのオーディションを受け、ソウルガールズコレクションのランウェイのオーディションを受け韓国の芸能事務所がスカウトしています。事務所移籍からガールズグループのメンバーとしてデビューしています。


D.HOLIC(ディーホリック)とは、2014年10月23日にシングルアルバム『D.Holic Dark With Dignity』でデビューした女性グループで、現在はドゥリの体調悪化による脱退で、4人のハミ、レナ、ファジョン、 EJの4人で活動しています。

 

 

 

K-POPで活躍している日本人23:ユキカ(REAL GIRLS PROJECT)さん

 

出典:http://jongjong2323.com


本名寺本來可、1993年2月16日生まれの静岡県出身の日本人女性です。2006年、雑誌『ニコラ』の第10回モデルオーディションでグランプリを獲得したのがきっかけで、芸能活動を開始、専属モデルや女優として活動していました。その後、声優事務所であるアイムエンタープライズに在籍し、声優としてアニメやゲームに多数出演、学業に専念するために芸能活動を休止、2015年8月に芸能界に復帰しました。

 

2016年に発表された韓国で製作予定の『アイドルマスターシリーズ』のテレビドラマ版『THE [email protected]』のオーディションに合格し、日本人初の出演者になっています。


REAL GIRLS PROJECT(アイドルマイスターKR)は、バンダイナムコエンターテイメントが展開するメディアミックス作品アイドルマスターシリーズを元にしたテレビドラマ「アイドルマイスターKR」に出演する女性が女性アイドルグループとして活躍する際のグループ名です。

 

 

 

 

K-POPで活躍している日本人22:タイチ(BLANC7)さん

 

出典:http://imgcc.naver.jp/


本名本田太一、生まれは1997年8月20日、グループではサブボーカルを担当する日本人男性です。父親が日本人、母親が韓国人のハーフで、日本育ちです。BLANC7では最年少のメンバーとなります。BLANC7は、2017年3月3日にシングル「Prism」でデビューし、ジャン・ポール、スパック、DL、シンウ、テノ、タイチ、K-KIDの7人からなる男性ボーカルグループです。

 

グループ名の読み方はブランセブン、英語で”白”という意味と、ホワイトカラーをベースにした純粋さをPRISMを通して、多彩なカラーで映し出すという意味を込めてグループ名が名付けられています。

 

 

 

 

K-POPで活躍している日本人21:RUI(H.U.B)さん

 

出典:https://www.allkpop.com/


本名渡辺ルイ、身長171センチの長身、京都府京都市で、H.U.Bのボーカル担当をしている日本人女性です。20歳の時に渡韓し、練習生期間3年を経てH.U.Bのメンバーとしてデビューしました。

 

母親の影響もあって韓国の文化や音楽に興味を持ち、ヒョナ(元4minute)、自由なスタイルに憧れているそうです。2017年の「アイドル陸上大会」で女子60メートル走に参加し、その俊足で金メダルを獲得して話題となっていました。


H.U.Bは、メンバーのユウムが作詞作曲を担当した『The time we spent together(私たちが共にした時間)』で、2016年11月24日にシングル発表と同時にプレデビュー、2017年2月9日にシングル『Girl Gang』で正式デビューとなった女性ボーカルグループです。メンバーはグレイシー、ルイ、ユウム、ケイナの4人で、グループ名はHope U Bouncを縮めた命名となっています。

 

 

 

 

 

K-POPで活躍している日本人20:U(ONF)さん

 

出典:https://ameblo.jp/


1999年3月16日生まれの、本名水口裕斗、大阪府出身です。元JYP練習生、歌手を夢見て日本で高校受験を諦め渡韓し、アルバイトと韓国語の勉強、レッスンを経てオーディションに合格しデビューしています。ダンスレッスンは、TWAICEのサナも通ってたというEXILEのダンススクールでした。趣味はサイクリング、音楽鑑賞などです。


ONE(アンドオフ)とは、2017年8月、ボーイズグループB1A4の弟分としてWMエンターテイメントから「On/Off」でデビューした男性グループで、ステージ上での強烈なONの姿と、舞台裏の親しみやすいOFFの姿から名付けられています。練習生期間は平均6年と他のグループに比べて長く、パフォーマンス重視でダンスを中心に注目されている男性グループです。

 

関連記事

韓国ONFのメンバー人気順TOP9!プロフィールや見分け方も紹介【最新版】

ONF日本人メンバーUの現在!彼女や性格と高校~韓国での人気も総まとめ

 

 

 

K-POPで活躍している日本人19:タクヤ(CROSS GENE)さん

 

出典:https://pics.prcm.jp/


本名寺田拓哉、1992年3月18日生まれの、茨城県相馬郡出身の日本人男性です。008年 第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞を、福山雅治の「milk tea」を披露し受賞、2010年に渡韓し、2012年6月にデビューを飾っています。米国映画情報サイトが毎年発表している「世界で最もハンサムな顔100人」では、日本人トップの順位でランクインしています。

 

CROSS GENEは、中国人メンバーのキャスパーを含む6人体制だった初期から、2017年8月にキャスパーが脱退し5人体制となった日中韓で構成されたアジアグローバルユニットです。メンバー5名それぞれに“GENE/遺伝子”とそれぞれ特徴的なキャッチフレーズを持っています。2012年6月に韓国でデビューしました。

 

 

 

 

K-POPで活躍している日本人18:RUANNさん

 

 

 

RUANN(ルアン)の本名は「大山 琉杏」。2003年生まれの大阪府出身です。

小学生の頃から音楽活動を開始し、現在はフリーランスのシンガーソングライターとして活躍しています。

 

英語・韓国語・日本語・中国語が話せるマルチリンガルで、2019年に配信シングル「BEEP BEEP」で韓国デビューを果たしました。

 

 

K-POPで活躍している日本人17:竹内美宥さん

 

 

 

竹内美宥は、1996年生まれの東京都出身です。2018年までAKB48のメンバーとして活動していました。

 

日韓オーディション番組「PRODUCE 48」では、残念ながら最終選考で落選となりましたが、2019年3月に韓国の芸能事務所「MYSTIC Entertainment(MYSTIC STORY)」と専属契約する運びとなりました。

 

現在は練習生として活動しており、今後の活躍に注目が集まっています。

 

 

K-POPで活躍している日本人16:ジュリ(Rocket Punch)さん

 

 

 

ジュリの本名は、「高橋 朱里(たかはし じゅり)」。1997年生まれの茨城県出身です。

もともとAKB48のメンバーとして活動してしていましたが、2019年に卒業。その後、韓国のアイドルグループ「Rocket Punch」のメンバーとして再びデビューを果たしました。

 

以前出演したサバイバルオーディション番組「プロデュース 48」でも高い人気を獲得していただけあり、Rocket Punchとしての活動にも注目が集まっています。

 

関連記事

Rocket Punchメンバーの整形を過去と現在の顔画像で検証!ジュリ・ダヒョン・ソヒ・スユン・ユンギュン・ヨンヒ

AKB高橋朱里の卒業理由5つ&韓国語やハングルレベル総まとめ

Rocket Punchメンバー人気順とプロフィール!高橋朱里/ソヒ/ダヒョン/ヨンヒ/スユン/ユンギョン【2021最新版】

 

 

 

K-POPで活躍している日本人15:ミヤ(公園少女)さん

 

 

7人組女性グループ「公園少女(GWSN)」のメンバーとしてデビューしたミヤ。本名は「宮内はるか」です。

1993年生まれということで、グループでは一番年上にあたります。

 

なんといってもミヤの魅力は中性的なルックス。クールでかっこいい印象もあることから、デビュー前からかなり話題となっていました。同性ファンが多いのも特徴ですね。

 

関連記事

公園少女ミヤの本名や出身・過去のダンス経歴・日本語や韓国語レベルなどプロフィールまとめ

公園少女ミヤの身長~整形疑惑・メイクやファッション・髪型を総まとめ

 

 

 

K-POPで活躍している日本人14:マシホ(MAGNUM)さん

 

 

 

マシホは、2001年生まれの三重県出身です。サバイバル番組「YG宝石箱」の出演をきっかけに、アイドルグループ「MAGNUM」のメンバーとしてデビューを果たしました。

 

YG宝石箱では「TREASURE」のメンバーが選出されることになっていましたが、マシホは落選。すでに多くのファンを獲得していただけに、ネット上は大荒れ状態となりました。

その後ファンの間でデビューを求める署名活動が開始され、そのかいもあってか新しく結成された「MAGNUM」のメンバーとしてデビューすることが決定しました。

 

マシホのデビュー決定によりYGエンターテインメントの株価が上昇するなど、かなり注目されているメンバーです。

 

 

 

K-POPで活躍している日本人13:アサヒ(TREASURE)さん

 

 

アサヒの本名は濱田朝光、生年月日は2001年8月20日、大阪府出身の日本人です。

 

「TREASURE」のメンバーの中で練習期間が一番短く、当初は経験値の高い先輩たちと比較してダンスの実力が足りず、悩んでいました。


その後、誰よりも努力を重ねて実力を磨き、見るたびに成長していく姿が反響を呼んで人気を獲得したメンバーとなっています。

 

 

 

K-POPで活躍している日本人12:ヨシ(TREASURE)さん

 

 

ヨシの本名は金本芳典、生年月日は2000年5月15日、日本の神戸市出身で、在日韓国人4世です。韓国名はキム・パンジョンですが日本で生まれ育ち、中学生の時はコリアン学校に通っていました。

 

日本育ちですが高い日本語力と韓国語力を誇り、ラップポジションとして流暢な韓国語ラップを披露しています。

 

 

 

K-POPで活躍している日本人11:ハルト(TREASURE)さん

 

 

 

 

ハルトは、YGエンターテインメント初の日本人メンバーとして注目されました。2004年生まれで、出身は福岡県といわれています。

 

美しいルックスはもちろんのこと、もちまえの低音ラップで既に多くのファンを獲得しているようです。韓国人気も高く、今後さらに注目されそうな日本人メンバーの1人です。

 

関連記事

TREASUREのメンバー人気順ランキングTOP12!担当カラー・身長などプロフィール・脱退者も紹介【2021最新版】

 

 

 

 

K-POPで活躍している日本人10:レミ(Cherry Bullet)さん

 

 

 

本名は勝野莉世(かつの りせ)、2001年生まれの東京都出身です。

 

2019年からアイドルグループ「Cherry Bullet」のメンバーとして活躍しており、メインダンサーとサブボーカルを務めています。

 

幼少期からダンスを続けており、エイベックス・プロワークスではダンサーモデルとしても活動していた実力派。

 

そんなレミですが、普段は天然でニコニコしており、パフォーマンス時と良い意味でギャップがあるところも人気の理由となっているようです。

 

関連記事

Cherry Bulletの整形を昔の顔画像で検証!ヘユン・ユジュ・ミレ・ボラ・ジウォン・ココロ・レミ・チェリン・リンリン・メイ

 

 

K-POPで活躍している日本人9:メイ(Cherry Bullet)さん

 

 

2019年に韓国のアイドルグループ「Cherry Bullet」のメンバーとしてデビューしたばかりのメイ。2004年生まれの日本人で、本名は廣川茉音(ひろかわ まお)です。

 

童顔で可愛らしいルックスですが、グループの中でも比較的身長が高いことから、「ジャイアントベイビー」というあだ名が付けられているのだとか。

まだ10代と若いですが、Cherry Bulletとして活動する前からK-POPグループで活動していたこともあり、ダンススキルや表現力の豊かさにも定評があるメンバーです。

 

関連記事

Cherry Bulletのメンバー10人の人気順とプロフィールまとめ【2021最新版】

 

 

 

 

K-POPで活躍している日本人8:ケンタ(JBJ)さん

 

出典:https://joshi-spa.jp/


本名は高田健太、1995年1月生まれの日本人男性です。群馬県藤岡市出身、2017年4月、韓国の公開オーディション番組「プロデュース101シーズン2」に出演し、話題となってプロデュース101で一番初めにデビューしたWanna Oneに次いでデビューしました。それまでの準備期間が非常に長く、6年のブランクがあります。

 

ボーイズグループHighlight、Teen Topのファンで、どこか女性っぽいアンニュイなイメージがある青年です。JBJは、「Just Be Joyful」の略である男性アイドルグループで、韓国の公開オーディション番組「プロデュース101」で選出からもれた出演者から、ファンの人気投票で誕生したグループです。2017年10月18日1stミニアルバム「Fantasy」でデビューしています。

 

 

 

 

K-POPで活躍している日本人7:本田仁美(IZ*ONE)さん

 

 

本田 仁美(ほんだ ひとみ)は、2001年生まれの栃木県出身です。もともとAKB48のメンバーで、現在は「IZ*ONE」として韓国を拠点に活動しています。

 

IZ*ONE加入のきっかけとなったオーディション番組「PRODUCE 48」では9位にランクイン。ダンスパフォーマンスの高さに注目が集まりました。

 

可愛らしい顔立ちと、キレキレのダンスパフォーマンスのギャップも魅力となっています。

 

関連記事

アイズワン本田仁美が韓国で人気の理由!韓国の反応や韓国語レベルも紹介

本田仁美の高校は作新学院!出身中学も総まとめ【IZ*ONE】

本田仁美はかわいくない?身長やダンススキルなどプロフィールまとめ

 

 

K-POPで活躍している日本人7:矢吹奈子(IZ*ONE)さん

 

 

矢吹 奈子(やぶき なこ)、2001年生まれ東京都出身の日本人です。

子役時代から芸能界で活動しており、HKT48では人気メンバーの1人として注目を集めていました。

現在は日韓合同アイドルグループ「IZ*ONE」のメンバーとして活躍中で、加入前のオーディションでは圧倒的な歌唱力が話題となりました。

 

小動物のような可愛らしいルックスの持ち主であり、日本だけでなく韓国でも高い人気を誇っています。

 

関連記事

アイズワン矢吹奈子が韓国で人気の理由!韓国の反応や韓国語レベルも紹介

矢吹奈子の顔変わった&脚が太った?身長や体重&昔と現在の画像で検証

IZONE(アイズワン)の日本人メンバー選出理由&韓国語レベル!本田仁美・矢吹奈子・宮脇咲良

 

 

 

K-POPで活躍している日本人6:宮脇咲良(IZ*ONE)さん

 

 

 

宮脇 咲良(みやわき さくら)、1998年生まれの鹿児島県出身です。

もともとHKT48のメンバーとして活躍していましたが、韓国のオーディション番組「PRODUCE 48」にてIZ*ONEのメンバーの選出され、現在は韓国での活動メインとなっています。

 

見た目の華やかさから韓国でも多くのファンを獲得しており、韓国語の上達の早さにも注目が集まりました。

 

関連記事

アイズワン宮脇咲良が韓国で人気の理由!韓国語レベルや韓国の反応も紹介

宮脇咲良の顔の整形疑惑を昔から現在までの画像で検証!結果は…

宮脇咲良の韓国メイクの特徴とやり方!愛用コスメ3選も紹介

 

 

 

K-POPで活躍している日本人5:ミナ(TWICE)さん

 

出典:https://ameblo.jp/


本名名井南(みょうい みな)、実は出身はアメリカです。両親は日本人ですが、出生地がアメリカという事になります。母親と買い物中に現在の事務所に声をかけられ、JYPのグローバルオーディションに参加し、芸能事務所に入り、練習生となっています。

 

歌手を目指すために高校を中退し、1年半の練習生期間を経てTWICEとしてデビューしています。そのクールな容姿から”ブラック・スワン”と呼ばれています。

 

TWICEは、「SIXTEEN」という韓国のサバイバル形式オーディション番組を経て結成されたアイドルグループで、2017年の第68回NHK紅白歌合戦に出場して話題になりました。

 

 

 

 

 

K-POPで活躍している日本人4:ユウタ(NCT 127)さん

 

出典:http://k0reanwatch.com/


韓国では「YUTA」と書くようですね。本名中本悠太、1995年10月26日生まれの日本人男性です。大阪府出身、2012年SMエンターテインメントのグローバルオーディションを受け合格し、2016年7月にNCT 127の正式メンバーになっています。

 

芸能事務所SMエンターテインメント初の日本人として韓国デビューしています。東方神起の影響で、芸能事務所の先輩の影響が強かったのが、デビューのきっかけだそうです。

 

 

 

 

K-POPで活躍している日本人3:ユウト(PENTAGON)さん

 

出典:https://toretame.jp/


本名は安達祐人、生年月日は1998年1月23日長野県出身の日本人男性です。元JYP練習生、2016年5月サバイバル番組Mnetペンタゴンメーカー候補生として出演したことをきっかけに、メンバーとして活躍することになりました。なお、ONFのUさんもユウトと呼ばれることがありますが、別人です。

 

 

 

 

 

K-POPで活躍している日本人2:サナ(TWICE)さん

 

出典:https://kt.wowkorea.jp/


本名湊﨑 紗夏(みなとざき さな)で、1996年12月生まれ、出身は大阪府大阪市の日本人女性です。歌手を目指してEXILE系ダンススクールEXPGに通い、中学3年生の時に現在の韓国芸能事務所にスカウトされ、オーディションに参加、練習生となりました。6mixというガールズグループとしてデビューする計画もありましたが、最終的にTWICEとしてデビューしています。

 

JYPの先輩ボーイズグループGOT7の「A」のミュージックビデオに出演し、その容姿と可愛さで人気を博します。アメリカの映画レビューサイトTC Candlerが発表した「2017世界で最も美しい顔100人」で21位にランクインし、韓国でもその美しさから、「Aガール」と呼ばれています。

 

 

 

 

 

K-POPで活躍している日本人1:モモ(TWICE)さん

 

出典:https://korean-channel.com/


本名平井もも、京都府出身の1996年11月生まれの日本人です。3歳の時から姉と一緒にダンススクールに通い、YouTubeに投稿した姉と一緒に踊っている動画が現在の事務所の目に止まり、韓国の芸能事務所からスカウトされています。

 

約3年半の練習生期間を経て、デビュー、TWICEメンバーを決めるオーディション番組『SIXTEEN』で、脱落したものの、事務所代表パク・ジニョン氏の意向によって、最も誠実な練習生として選出され、最終的にTWICEのメンバーに選ばれました。

 

TWICEとは、韓国の芸能事務所「JYPエンターテインメント」から2015年10月、ミニアルバム「THE STORY BEGINS」でデビューした女性アイドルグループで、グループ名には「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められています。メンバーはナヨン、ジョンヨン、モモ、サナ、ジヒョ、ミナ、ダヒョン、チェヨン、ツウィの9人です。

 

 

 

 

 

まとめ

・1位「モモ(TWICE)」


・2位「サナ(TWICE)」


・3位「ユウト(PENTAGON)」

 

こうしてみると、韓国の人かと思ったら、実は日本人という韓国K-POPアイドルも実は多いんですね。またどの人も美形、イケメン、美女が多いのも驚きです。

 

日本から近い先進国の一つが韓国でもありますので、これからもこうした方々の活躍には期待したいものです。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

韓国俳優キム・ジスの現在!彼女や結婚~身長や性格・入院した病気など総まとめ

イジョンソクとハンヒョジュが熱愛?キスシーン&スキンシップ画像を総まとめ

ナムグンミンの彼女や結婚情報!ホンジニョン・ミナ・チンアルムとの熱愛まとめ

ハンヘジンの大胆過ぎるシースルードレスが話題!画像やエピソードまとめ

ノミヌの弟はI’ll(アイル)!家族の日本エピソードや日本語レベルなど総まとめ

イムスヒャンの身長/体重・目や鼻の整形疑惑・指原莉乃と似てる噂を総まとめ【画像多数】

韓国女性モデルの歴代人気ランキングTOP20【美人・美女ばかり】

寺本來可は在日韓国人?出身の浜松や家族・人気と韓国語レベルも総まとめ【動画あり】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

イジュンギと宮崎あおいの共演映画「初恋の雪」エピソード!人柄が分かる話も多数紹介

ヒョンビンとカンソラの熱愛報道~結婚の可能性・その後など総まとめ

ユンソナの現在!旦那と子供&息子の暴力事件やカナダ移住説も総まとめ

Rocket Punchメンバー人気順とプロフィール!高橋朱里/ソヒ/ダヒョン/ヨンヒ/スユン/ユンギョン【2021最新版】

チョ・ジョンソク

チョジョンソクはキス職人!パクボヨンやコンヒョジンとの甘いキスシーン秘話まとめ

寺本來可は在日韓国人?出身の浜松や家族・人気と韓国語レベルも総まとめ【動画あり】

韓国スニーカー人気ブランド15選!レディース・メンズ別【オルチャン】

アイズワン矢吹奈子が韓国で人気の理由!韓国の反応や韓国語レベルも紹介

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

K-POP女性グループ人気ランキング最新TOP69!韓国アイドル情報通が徹底解説【2021決定版】

錦野旦の若い頃と現在!韓国人説と実家や家族・生い立ち・2度の結婚歴と嫁や子供・最新活動も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す