金山一彦の国籍は韓国?生い立ちや若い頃・実家の父親/母親・韓国との関係も総まとめ

はじめに

Vシネをはじめ数々の作品に出演する俳優・金山一彦は芸能界きっての料理上手として有名ですが、韓国籍ではないかと囁かれています。

 

今回は金山一彦の生い立ちや若い頃、実家の父親・母親、国籍や韓国との関係をまとめてみました。

金山一彦のプロフィール

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

名前:金山 一彦(かなやま かずひこ)
生年月日:1967年8月16日
出身地:大阪府大阪市
血液型:A型
身長:175cm

 

株式会社ウィーズカンパニー所属の俳優・金山一彦

 

ドラマや映画、Vシネマに出演し、1995年には映画「無頼平野」「新・悲しきヒットマン」の演技が評価され、ヨコハマ映画祭とおおさか映画祭で助演男優賞を受賞する功績を残しました。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

ドラマ「おヒマなら来てよネ!」で主演・中山美穂の相手役を務めた他、映画「シャコタン☆ブギ」や「稲村ジェーン」、「仮面ライダーキバ」にも出演して活躍しています。

 

また、近年はバラエティ番組にも出演し、芸能界屈指とも言われる料理の腕前を披露しています。

 

2021年も俳優として大活躍

 

出典:https://25jigen.jp/

 

2021年6月〜7月には、菅野臣太朗が手がけるサスペンス舞台「WORLD ~Change The Sky~」に出演。


2つの殺人事件を軸に、矛盾と不条理に満ちた世界を変えようとする人間達の物語が描かれる作品で、金山一彦は孤児院殺人事件で逮捕された元警察官・国立周蔵役を演じます。

 

ドラマ・映画・舞台・バラエティと幅広い分野で活躍する金山一彦ですが、韓国の国籍を持っているという噂が浮上しています。

 

ここからは若い頃からの生い立ち、実家の家族、父親・母親についてまとめ、金山一彦の韓国籍の真相に迫ります。

 

 

金山一彦の生い立ちや若い頃のエピソード

 

出典:https://ameblo.jp/

 

ここからは金山一彦の生い立ち、若い頃についてお届けします。

 

金山一彦は大阪府大阪市に生まれ、1985年にドラマ「気になるあいつ」でデビューしました。

 

大阪から上京して最初に住んだマンションの下の階に吉川晃司が住んでおり、自ら売り込んだことが芸能界入りのきっかけです。

 

吉川晃司のマネージャーを介して渡辺プロダクションに所属することになり、同時期に同じ事務所に入った中山秀征と交流を深めるように。

 

同じく俳優として活動する湯江タケユキとも若い頃から仲が良く、10代の頃は金山一彦・中山秀征・湯江タケユキの3人で遊ぶことが多かったようです。

 

 

若い頃は中華料理人だったことも

 

出典:https://www.j-n.co.jp/

 

金山一彦は若い頃、中華料理店で料理人として働いていた経験があります。


この時の経験が糧となり、俳優になった現在も料理番組への出演やレシピ本の出版をするなど、芸能界屈指の料理上手として知られています。

 

中でも一番の得意料理であるチャーハンが絶品のようで、金山一彦と親交のある坂上忍は、若い頃に金山一彦に頻繁にチャーハンを作ってもらっていたというエピソードも残されています。

 

大阪で生まれてから上京するまでの生い立ちはほとんど語られていませんが、芸能界の友人達と若い頃から親交を深め、現在も仲良くしているエピソードが多いのが金山一彦です。

 

 

金山一彦の実家と家族(父親と母親)

 

出典:https://ameblo.jp/

 

ここからは金山一彦の実家、父親と母親など家族について紹介します。

 

金山一彦は大阪府大阪市の大淀区(現・北区)に生まれました。家族構成は父・母・本人で兄弟はおらず一人っ子として育っています。

 

子供の頃に両親が離婚していることから、父親の情報はほとんど公表されていません。

 

ただ、母親は現在も大阪の実家に住みながら時折東京の金山一彦の家を訪れるようで、金山一彦は自身のブログで母親について言及しています。

 

私生活では弁護士・大渕愛子と結婚

 

出典:https://www.oricon.co.jp/

 

金山一彦は2014年にテレビ番組でも活躍する弁護士の大渕愛子と結婚し、2016年に子供が誕生しました。


出産の際には母親が上京したことをブログで明かしており、出産準備のために手伝いをしてくれたことを報告しています。

 

父親の情報はないものの、母親とは現在も親子仲は良好のようです。

 

 

妻・大渕愛子の実家で料理を振る舞う

 

金山一彦は結婚して以降、妻である大渕愛子の実家を訪れて料理を振る舞うなど、良好な関係を築いています。

 

「愛子さんの実家で。」と題したブログ記事では、金山一彦が仕事終わりに妻の実家に行き、冷蔵庫の中にある食材を使って夕食を振る舞ったことを公開しました。

 

 

出典:https://ameblo.jp/

 

金山一彦が作ったのは野菜たっぷりの中華丼。冷蔵庫の中のものだけでサッと料理を完成させるあたり、さすがは中華料理店で料理人をしていただけありますよね。

 

ちなみに、妻である大渕愛子の父親は大手電機メーカー勤務、母親は専業主婦、祖父が名古屋高等検察庁のトップであり、大渕愛子はエリート家系で育ちました。

 

金山一彦と大渕愛子は「踊る!さんま御殿!!」での共演で出会い、収録後から金山一彦が猛アタックして交際に発展。

 


お互いにバツイチ同士でしたが、出会ってから約半年で結婚を決めるというスピード婚が話題になりました。

 

 

金山一彦の国籍は韓国の噂と真相

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す