武井咲は在日韓国人?握手のやり方・生い立ちや親・最新情報も総まとめ

はじめに

可憐な雰囲気が人気の女優・武井咲さんですが、握手のやり方が独特で韓国人説が浮上しています。

 

今回は武井咲さんの生い立ちや親、握手など韓国人説と真相、現在をまとめました。

 

武井咲のプロフィール

 

出典:https://portal.st-img.jp/

 

生年月日:1993年12月25日

出身地: 愛知県 名古屋市

身長:163cm

血液型:A型

 

 

武井咲さんは、女優やファッションモデルなどとして活動をしています。

 

2006年8月、当時中学1年生で「第11回全日本国民的美少女コンテスト」にて、モデル部門賞だけでなく、一般投票が最も多かった人に贈られるマルチメディア賞をダブル受賞しました。

 

そして同年、ファッション雑誌「Seventeen」の11月号にてモデルデビュー、翌2007年になると、2月号から「Seventeen」の専属モデルとして活動するようになりました。

 

さらに、2008年11月に映画「櫻の園」に出演し、見事女優デビューを果たしました。

 

それ以降、ファッションモデルよりも女優として活動することが多くなり、これまでに数多くのテレビドラマ・映画・CMなどに出演し、人気女優へと上り詰めました。

 

 

 

武井咲の主な出演歴まとめ

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

これまでに数多くの出演作がある武井咲さんですが、ここではいくつか有名作品を紹介します。

 

 

①るろうに剣心 シリーズ(映画)

 

るろうに剣心シリーズは、少年漫画を題材としている歴史系の映画です。

 

武井咲さんは、本作では神谷薫役を演じています。

 

第1作から登場し、「京都大火編」「伝説の最期編」にも出演、2020年公開予定の「るろうに剣心最終章 The Final」「るろうに剣心最終章 The Beginning」にも出演しています。

 

また、このるろうに剣心で日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しています。

 

 

② 今日、恋をはじめます(映画)

 

「今日、恋をはじめます」は、少女漫画を題材としているロマンティック・コメディー映画です。2012年12月8日に公開されています。

 

武井咲さんは、日比野つばきというヒロインを演じています。日本ウェルネス高等学校の制服がモデルになったことで知られています。

 

また、るろうに剣心シリーズと同じく、本作で日本アカデミー賞にて新人俳優賞を受賞しています。

 

③ The Partner 〜愛しき百年の友へ〜(スペシャルドラマ)

 

「The Partner 〜愛しき百年の友へ〜は」、2013年9月29日に放送されたスペシャルドラマとなっています。

 

日本とベトナムの国交樹立40周年を記念し、日本のTBSとベトナムのVTVによって初めて共同制作されたドラマとで、武井咲さんは大岩あかね役を演じています。

 

この「The Partner 〜愛しき百年の友へ〜」は、ベトナムフィルムフェスティバルにて最優秀主演女優賞を受賞しています。

 

 

 

武井咲の在日韓国人説と真相~握手の仕方が韓国人っぽい?

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

 

 

 

実は、武井咲さんには「韓国人では?」との噂が浮上しています。

 

その理由として、武井咲さんの握手の仕方が韓国人のようだ、と言われているからなのです。

 

 

 

韓国人は握手をする時、左手に右手を添えて握手をするという独特な握手方法をします。そして、この握手の仕方を武井咲さんが全く同じように行っていたのです。

 

 

 

しかしながら、ネット上には武井咲さんが様々な方法で握手をしている写真が出回っていることから、握手の方法だけで韓国人だと言い切ることは難しそうです。

 

 

 

実際に武井咲は韓国人なのか?

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

ある時期の握手の仕方が韓国人の作法と似ていたことから、韓国人説が浮上した武井咲さん。

 

武井咲さんの両親は日本人で、韓国人であるという情報は一切出回っていないということから、武井咲さんは韓国人ではないと言えるでしょう。

 

そこでは、武井咲さんが在日韓国人ではないことの根拠として、生い立ちや親を見ていきましょう。

 

 

 

武井咲の生い立ちやデビュー前の経歴

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

では、次に武井咲さんの生い立ちやデビュー前などについて紹介していきます。

 

 

名前の由来について

 

武井咲さんの「咲(えみ)」は、本名です。

 

そんな「咲」という名前の由来は、「花が咲くように笑みの絶えない子に」という意味が込められていると言われています。

 

 

上京について

 

武井咲さんは、元々愛知県が地元です。

 

母親と8歳年下の妹と武井咲さんは、2009年に東京へと移ってきました。父親だけは仕事があったことから、この時はまだ上京はせずに地元へと残っていたようです。

 

そして、それから3年後の2012年になると、父親も上京をしてきて、家族4人で東京にて暮らすようになったと言われています。

 

 

武井咲の親とは?

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

武井咲さんの両親は日本人で、武井咲さんに対して身だしなみに厳しかったと言われています。

 

母親は、身なりをきちんとさせてくれ、かわいらしい格好を幼い頃からさせてくれていたそう。

 

そして、父親は「ハンカチとティッシュは持っていないとね」などと、女性としての必要最低限の嗜みをきちんとさせるようにしていたそうです。

 

このように、女性らしさなどへは特に厳しかった両親ですが、武井咲さんのやりたいことへの理解抜群に高かったと言われています。

 

母親は、武井咲さんの仕事にいつも寄り添ってくれており、食事面など母親にしかできないところをしっかりとサポートしてくれていました。

 

父親は、トラック運転手として働きながらも、武井咲さんを立派に育て上げました。

 

 

 

 

武井咲の現在 

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

結婚や出産を経た武井咲さんですが、現在が気になりますよね。

 

武井咲さんと言えば、最近ではHazuki Companyや中部電力などのCM出演で姿を見かけます。

 

しかし、それ以外の映画やドラマでの出演はないようです。お子さんもまだ小さく、本格復帰はしていないようです。

 

ただ前述の通り、「るろうに剣心」最新作、2020年7月公開予定「るろうに剣心最終章 The Final」、同年8月公開予定「るろうに剣心最終章 The Beginning」に出演が決まっています。

 

今後、徐々に活躍を見られる機会が増えていくことでしょう。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

 

武井咲さんは、握手の仕方で韓国人説が持ち上がりましたが、愛知県出身で日本人のようです。

 

出産したばかりでプライベートが忙しいと思われる武井咲さんですが、今後の活躍に期待しましょう。

 

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す