河本準一

河本準一は在日韓国人?本名や国籍・生い立ちや実家の家族など総まとめ

はじめに

「お前に食わせるタンメンはねぇ!」で有名なお笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんですが、在日韓国人説が浮上しています。

 

今回は河本準一さんが在日韓国人と言われる理由3つ、生い立ちや実家の家族、本名や国籍をまとめました。

河本準一のプロフィール

 

年収3000万円の成功を掴んだ河本準一

 

河本準一さんは、相方の井上聡さんとお笑いコンビ「次長課長」を結成。

 

「お前に食わせるタンメンはねぇ!」のフレーズで大ブレークして、多くのレギュラー番組を持つ売れっ子芸人の仲間入りを果たしました。

 

河本準一さんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

生年月日: 1975年4月7日
身長: 162cm
出身地: 愛知県名古屋市緑区有松町
最終学歴: 岡山県立東岡山工業高等学校
出身: 吉本総合芸能学院 (NSC) 大阪校13期
コンビ名: 次長課長
グループ名: 吉本坂46(2018年 – )
相方: 井上聡
芸風: コント(ボケ)
立ち位置: 左
事務所: よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期: 1995年 –
配偶者: 重元直美(元アイドル)

 

引用:Wikipedia – 河本準一

 

2003年3月には、アイドルグループ「大阪パフォーマンスドール」の元メンバーである重元直美さんと結婚し、一男一女に恵まれ公私ともに順風満帆と思われました。

 

しかし、2010年10月に急性すい炎で入院。その後復帰するも、2012年に母親の生活保護の不正受給が週刊誌によって暴かれ、河本準一さんは謝罪会見を開きました。

 

この母親の不正受給問題発覚以降、河本準一さんは世間から総スカンを喰らい、芸能界からしばらく干されてしまうことになります。

 

そして、河本準一さんの在日韓国人・朝鮮人説がネット上でまことしやかに囁かれるようになったのも、この頃からでした。

 

 

河本準一に在日韓国人説が出た理由3つ

 

在日韓国人・朝鮮人だと疑われる材料が多かった河本準一

 

河本準一さんの母親の生活保護不正受給が発覚した直後から、ネット上で囁かれるようになった在日韓国人・朝鮮人説には3つの理由があります。

 

・河本準一の母親や親族3人が生活保護を不正受給していた
・河本準一はかねてから韓国好きを公言しており韓国語が話せて番組も持っていた
・河本準一の顔立ちが朝鮮系である(主観による部分が大きい)

 

こうした3つの事実を元に、一部の嫌韓ユーザーを中心に、河本準一さんは在日韓国人・朝鮮人だと言われています。

 

 

河本準一の在日韓国人説① 生い立ちや実家家族 

 

河本準一が9歳の頃に両親が離婚していた

 

河本準一さんは愛知県名古屋市緑区有松町の出身ですが、この地は特に同和地区など在日韓国人・朝鮮人が多い地域ではありません。

 

9歳のとき両親が離婚し、母親の両親が住む岡山県津山市に移り住んで育ちました。河本準一さんには姉が1人おり、母親がスナックで働きながら生計を立てていました。

 

その後母親が再婚しましたが、その義父に暴力を振るわれていたため、6年生の3学期頃に岡山市に母親の姉と一緒に移り住んでいます。

 

河本準一さんのこうした生い立ちの中に、在日韓国人・朝鮮人に結びつくような情報は一切ないようです。

 

 

河本準一の在日韓国人説② 生活保護不正受給とその対応 

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す