ハンイェリとユチョンの関係!彼氏や結婚の有無・ドラマや映画のおすすめ出演作も紹介

はじめに

韓国の実力派女優として多くの映画・ドラマに出演しているハンイェリですが、JYJユチョンとの関係も話題です。


今回はハンイェリのプロフィール、彼氏や結婚の有無、JYJユチョンとの関係、ドラマや映画の出演作をまとめました。

ハンイェリのプロフィール

 

出典:https://www.christiantoday.co.kr/

 

名前:ハン・イェリ
本名:キム・イェリ
生年月日:1984年12月23日
出身地:韓国・忠清北道堤川市
身長:162cm

 

 

幼い頃から韓国舞踊を嗜み、出演作品でも舞踊の才能を活かした役を演じることが多いハンイェリ。

 

映画を中心に活躍する実力派の女優で、女優業のかたわら定期的に韓国舞踊の公演も行って活動しています。

 

2歳の時に母親の導きでダンススクールに通うことになり、そこで舞踊を習い始めました。

 

物心ついた頃から常に舞踊と共に育ち、小・中・高校・大学と舞踊の道を進み続けたことで、いつしか漠然と「将来は有名な舞踊家になり、無形文化財になる」と夢見るようになります。

 

その後、ソウルの国立大学「韓国芸術総合学校」在学中、友人と軽い気持ちで、映画「Giraffe&Africa」でスクリーンデビューしたハンイェリ。

 

すると、その演技が評価され、新人監督の登竜門である「ミジャンセン短編映画祭」で演技賞を受賞することに。

 

この映画への出演がきっかけで、韓国の芸能事務所の社長がハンイェリに興味を持ち、芸能界にスカウトします。


しかしハンイェリは、舞踊の道を極めるため大学院に進学するつもりで、芸能界デビューの道は断りました。

 

その後、事務所に所属しないまま舞踊のかたわら演技活動も続け、2010年に再び同じ事務所の社長にスカウトされたことで、一大決心の末女優デビューすることを決意しました。

 

舞踊の道から芸能界に転身し女優となったハンイェリは、名も無き監督の短編映画から世界公開されるようなメジャー作品まで、多くの映画作品に出演して実力派女優として名を上げます。

 

 

そんなハンイェリのドラマ・映画出演作や、彼氏や結婚といった私生活の噂、そして超人気アイドルJYJのユチョンとの関係まで、気になる話題を詳しくまとめました。

 

演技派・実力派女優として、世界からも注目される存在になったハンイェリをもっと詳しく掘り下げていきましょう。

 

 

ハンイェリに彼氏はいる?結婚してる?

 

出典:https://m.blog.naver.com/

 

新進気鋭の映画女優として業界関係者からも高い評価を受け、着実にファンを増やしているハンイェリ。

 

そんなハンイェリについて、あまり明かされることのないプライベートが気になるという声が上がっています。

 

特に熱愛彼氏がいるのか、結婚しているのかといった疑問が多く、ハンイェリの恋愛事情に注目が集まっているようです。

 

 

調査したところ、ハンイェリがこれまで熱愛彼氏として報道された男性はいませんでした。芸能界デビューしてから10年、1度も熱愛報道されたことがないのです。

 

結婚もしておらず、現在は恋愛や結婚よりも仕事に専念しているようです。

 


ハンイェリは恋愛について、「相手を縛らず、お互いに自由であることを求めます」と語ったことがあります。

 

さらに「好きな人には先に告白します。女が待つべきとは思いません」と、好きな人には積極的にアプローチするタイプであることを明かしました。

 

理想の男性には香港の俳優・トニーレオンの名前を挙げ、「彼が80歳になっても結婚できそう。考えるだけで鼻血が出そうなほど好きです」と話しています。

 

ハンイェリは、渋くて男らしい大人の男性が好きなのかもしれません。

 

もしハンイェリの前に理想の男性が現れて恋愛に発展すれば、いつか熱愛報道や結婚報告で世間を賑わせる時が来るかもしれませんね。

 

 

ハンイェリとJYJユチョンの関係

 

韓国の人気ボーイズグループ「JYJ」の元メンバー、ユチョンとハンイェリの関係が話題になっています。

 

 

出典:http://www.bihann.com/

 

名前:パク・ユチョン
生年月日:1986年6月4日
出身地:韓国・ソウル特別市
血液型:O型
身長:180cm

 

 

ユチョンは韓国大手芸能事務所のSMエンターテインメント所属のボーイズグループ「東方神起」のメンバーとして、2004年1月14日にシングル「HUG」でデビューしました。

 

東方神起の分裂騒動後はジェジュン、ジュンスと共に「JYJ」を結成し活動していました。

 

しかし2019年、薬物使用疑惑の影響で事務所から解雇され、現在はソロで公式ファンクラブ「BLUE CIELO」を開設して活動しています。

 

ユチョンは俳優としても活動しており、ハンイェリとは2014年に公開された映画「海にかかる霧」で共演しました。

 

 

出典:https://ameblo.jp/

 

 

 

「海にかかる霧」は、不漁に苦しむ漁船員達が中国の密航者を乗船させることになり、海上警察の捜査や悪天候のトラブルに遭いながら、思いもよらない事件に巻き込まれていく物語です。

 

ユチョンはこの作品で末っ子船員のドンシク役を、そしてハンイェリは朝鮮族の娘でユチョン演じるドンシクから好意を寄せられる紅一点のヒロイン・ホンメ役を演じました。

 

緊迫感に包まれる船内ではユチョンとハンイェリのキスシーンもあり、撮影当時の裏話が語られたことでファンの間で話題になりました。

 

その裏話とは、キスシーンの撮影は約4時間にもわたり、ユチョンとハンイェリだけを置いて他の出演者は外に出るよう通達され、中で何が行われていたのか知らない、というものです。

 

共演した俳優キム・ユンソクが明かしたこの裏話に、ファンの間でも「一体どんな撮影だったのか」と想像を膨らませる結果となり、話題が広がりました。

 

さらに、ユチョンとのベッドシーンに挑戦したハンイェリは「この状況でもじもじするのは失礼にあたる。女優として堂々としなければならない」と女優としてのプロ意識を発揮しました。

 

また、ユチョンは撮影が休みの日もハンイェリと会って演技の練習を行い、意見交換を行うなど、プライベートの時間を割いてハンイェリと会っていたことも明らかにしています。

 

 

このように、ユチョンとハンイェリが交際に発展するのでは?との熱愛説も浮上しそうな状態だった2人。

 

ですが、映画「海にかかる霧」を観れば、本当に映画のため、演技のために試行錯誤を重ねたということが伝わるほど、真剣で鬼気迫った迫真の演技に引き込まれる作品となっています。

 

 

ハンイェリ出演作品① 映画

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す