永山瑛太は在日韓国人?兄の永山竜弥・弟の永山絢斗・父親と母親など実家の家族エピソードまとめ

はじめに

「瑛太」の芸名で多くのドラマや映画に出演した俳優・永山瑛太ですが、在日韓国人の噂が根強くあるのも事実です。

 

今回は永山瑛太のプロフィール、兄弟や父親と母親など実家の家族エピソード、在日韓国人説と真相をまとめました。

永山瑛太のプロフィール

 

出典:https://eiga.com/

 

本名:永山 瑛太(ながやま えいた)
旧芸名:EITA、瑛太
生年月日:1982年12月13日
出身地:東京都
血液型:B型
身長:179cm

 

 

永山瑛太とは、「瑛太」の芸名で知られている俳優で、現在は本名の「永山瑛太」で活動しています。


令和になる節目を機に、2020年より芸名を本名の「永山瑛太」に改名しました。

 

1999年に「ホットドッグプレス」でモデルデビューし、2001年にドラマ「さよなら、小津先生」で俳優デビューを果たしました。

 

2003年に出演したドラマ「WATER BOYS(ウォーターボーイズ」知名度を上げ、ドラマ「男湯」で初主演、2005年公開の映画「サマータイムマシン・ブルース」で映画初主演。

 

2008年のドラマ「ラスト・フレンズ」では、義姉から受けた性的虐待が原因で女性にトラウマを持つヘアメイクアーティストを演じて注目され、若手実力派俳優としての地位を築きました。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

また、ドラマ「それでも、生きてゆく」、映画「余命1ヶ月の花嫁」など、数々の代表作がある人気俳優です。

 

私生活では、2010年に歌手の木村カエラと結婚し、現在は一男一女の父となっています。

 

そんな永山瑛太に、在日韓国人という噂が浮上しています。

 

なぜ韓国人だと言われているのか、実家の家族・父母や兄弟の情報を調査し、韓国人説の真相に迫ります。

 

 

永山瑛太の実家の家族① 兄は永山竜弥・弟は永山絢斗

 

出典:https://twitter.com/

 

永山瑛太は兄と弟がいる3人兄弟で、両親との5人家族で生まれ育ちました。


兄弟は同じく俳優として活動しており、兄は永山竜弥、弟は永山絢斗です。

 

ここでは永山瑛太の家族・兄弟について紹介します。

 

 

兄・永山竜弥のプロフィール

 

出典:https://www.cinematoday.jp/


名前:永山 竜弥(ながやま たつや)
生年月日:1979年11月24日
出身地:東京都
血液型:O型
身長:179cm

 

 

兄の永山竜弥は、2003年に猪俣ユキ監督のショートムービー「ナオと僕」に出演して俳優デビューしました。

 

瑛太と同じくモデル活動もしていましたが、一時活動休止後に写真家へと転身し、2018年に発売されたヴァイナル文學選書「新宿歌舞伎町篇」の制作メンバーに写真家として参加しました。

 

その後、舞台を中心に俳優業に復帰し、劇団有機座で「窓から外を見ている」「すごろく」「最期の作戦行動」などに出演しています。

 

現在は再びドラマ・映画の世界にも復帰し、2020年公開の映画「渋谷シャドウ」や、 ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演しました。

 

 

弟・永山絢斗のプロフィール

 

出典:https://eiga.com/


名前:永山 絢斗(ながやま けんと)
生年月日:1989年3月7日
出身地:東京都
血液型:B型
身長:176cm

 

 

兄・瑛太の影響で俳優を志し、 2007年にドラマ「おじいさん先生」で俳優デビューしました。

 

瑛太の弟としてデビュー直後から注目され、2010年に映画「ソフトボーイ」で初主演、「第34回日本アカデミー賞」で新人俳優賞を受賞するなど、期待の若手俳優として活躍します。

 

2014年には、不良高校生の抗争を描いた人気ヤンキー映画「クローズEXPLODE」で黒咲工業の元No.2・藤原一役を演じ、爽やかなイメージとはギャップのある不良を演じて話題に。

 

2015年には、篠原涼子主演の人気シリーズ「アンフェア」の最終章となる映画「アンフェア the end」に出演。


ドラマでは兄の瑛太が篠原涼子演じる雪平刑事の相棒を演じていましたが、映画では弟の永山絢斗が新たに相棒に抜擢されました。

 

 

永山兄弟の初共演が話題に

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

2020年5月、永山瑛太と弟の永山絢斗が兄弟役で出演する、NHKのオムニバスドラマ「リモートドラマ Living」が放送されました。

 

この作品は、新型コロナウイルスの影響でドラマ撮影が難しい中、実の兄弟という強みを活かしてリモート撮影されたドラマです。

 

1話ごとに出演者が変わり、全話に渡って私生活でも実際の家族である俳優たちがドラマ内でも家族役を演じたことで話題になりました。

 

第1話には広瀬アリス・すず姉妹、第3話には中尾明慶・仲里依紗夫妻、第4話には青木崇高・優香夫妻が出演しています。

 

今作が兄弟初共演となった2人は、近未来の日本を舞台に「過去に流行った料理」を作る仕事をする兄弟を演じました。

 

兄弟ならではの息の合った演技に、視聴者からも好評を得る結果になりました。

 

 

永山瑛太の実家の家族② 父親と母親

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す