アン・ジョンファン

安貞桓(アンジョンファン)が反日の真相!性格や最低な発言など総まとめ

はじめに

2002年日韓ワールドカップで韓国代表をベスト4に導いた伝説的プレーヤーの安貞桓(アン・ジョンファン)さん。

 

アン・ジョンファンさんの反日的な言動は日韓で最低だと言われていますが、その性格について詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

安貞桓(アン・ジョンファン)の反日的な性格について

アン・ジョンファンについてのプロフィール

「韓国のデビッド・ベッカム」と呼ばれたアン・ジョンファン

アン・ジョンファンさんはその特徴的な長髪と端正なルックスから韓国サッカー界で絶大な人気を博し、韓国Kリーグを盛り上げる一方で日本でも清水エスパルスや横浜F・マリノスなどでプレーをしていたためよく知られたプレーヤーでした。

 

アン・ジョンファンさんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

愛称: 指輪の帝王、テリウス、大連の王
ラテン文字: Ahn Jung-Hwan
ハングル: 안정환
国籍: 大韓民国
生年月日: 1976年1月27日
出身地: 京畿道坡州市
身長: 178cm
体重: 71kg
選手情報
在籍チーム: 引退
ポジション: FW
利き足: 右足

 

引用:Wikipedia – 安貞桓

 

 

 

アン・ジョンファンが反日だと言われる理由

2002年日韓ワールドカップで見せたアン・ジョンファンのスケートパフォーマンス

2002年日韓ワールドカップのグループリーグ第二戦・韓国対アメリカでアン・ジョンファンさんはゴールを決めるとスケートをするパフォーマンスをしてアメリカへ皮肉のアピールをしました。

 

このスケートパフォーマンスは日本には関係の無いものですが、ソルトレークオリンピックのスピードスケート・ショートトラック1500m決勝で1位を獲得した韓国人選手が2位のアメリカ人選手の妨害をしたという判定を受けて金メダルを逃した事件を揶揄したものでした。

 

そして日韓ワールドカップの決勝リーグ・日本対トルコ戦で韓国が日本の敗退を強く望むあまりブーイングを浴びせ、敗退が決まると韓国がベスト8進出が決まった時以上に喜ぶ様子が伝えられたため、日本人は「韓国人はおかしい」と感じ始め後の”嫌韓ブーム”に繋がりました。

 

この大会で韓国人選手の中で最も注目を集めていたアン・ジョンファンさんは日本人にとっては忌むべきチームの代表格であり、印象は最悪のものになってしまいました。

 

さらに2004年シーズンから横浜F・マリノスに移籍したアン・ジョンファンさんは、韓国の日刊新聞「スポーツ朝鮮」の記者から「竹島(独島)はどこの領土か」と質問され、「政治的なことは詳しく無いので分からない」とはぐらかしたものの記者に「独島は韓国の領土、日本の選手を説得する」と捏造記事を書かれてしまいました。

 

この時、アン・ジョンファンさんは本音は「竹島は韓国の領土」と思っていても、日本でのプレーに影響が出ることを考慮してはぐらかしたのだと思いますが、日本人にとっては「アン・ジョンファン=反日」のイメージが定着してしまいました。

 

 

アン・ジョンファンがサッカー解説で最低な発言

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す