金城武のレッドクリフでのイケメンっぷりと演技が話題!画像や情報まとめ

はじめに

日本はもちろん中国や香港・台湾などアジアで広く活躍しているイケメン俳優の金城武さんは、映画「レッドクリフ」の出演も話題です。

 

今回は映画「レッドクリフ」と金城武さんが演じた役情報、金城武さんのイケメン画像を紹介します。

金城武のプロフィール

 

出典:https://eiga.k-img.com/

プロフィール

生年月日:1973年10月11日

出身地:台湾 台北

身長:180cm

体重:72kg

 

 

金城武さんは、父親が日本人、母親が台湾人のハーフで、台湾の台北市で生まれ育ったそうです。

 

高校生の時にスカウトされたそうで、歌手としてスタートしました。日本では「神様、もう少しだけ」のイメージが強いので、歌手からのスタートに少し驚きですね。

 

台湾では、「台湾四小天王」の1人として有名でした。ちなみに、他の3人にはジミー・リンさん、アレック・スーさん、ニッキ―・ウーさんがいます。

 

日本・中国・香港・台湾などで、映画やドラマ・CMに多数出演されています。

 

 

出演作品

出典:https://stat.ameba.jp/

 

(ドラマ)

 

1995年 聖夜の奇跡

1998年 神様、もう少しだけ

2000年 二千年の恋 など

 

 

(映画)

 

1998年 不夜城 SLEEPLESS TOWN

2008年 レッドクリフ PartⅠ

2009年 レッドクリフ PartⅡ-未来への最終決戦- など

 

 

金城武が出演した「レッドクリフ」とは

出典:http://image.space.rakuten.co.jp/

 

レッドクリフは、ジョン・ウー監督の作品でアクション映画です。三国志を基に描かれています。

 

「レッドクリフ PartⅠ」と「レッドクリフ PartⅡ-未来への最終決戦-」の2部構成になっています。

 

2008年7月10日に中国で公開され、初日の興行収入が2700万人民元でさらに、上映開始11日目には2億人民元を超え話題になりました。

 

これは「トランスフォーマー」の記録を超えたようです。

 

 

出典:https://www.cinemacafe.net/

 

日本では、2008年11月1日に「三国志の完全映画化」「信じる心、残っているか」というキャッチフレーズとともに一般公開されました。

 

2008年の映画興行成績で4位を記録しています。また、テレビ朝日で初めてテレビ放送された際には、その時の視聴率は19.9%と高視聴率を出しました。

 

さらに、第21回東京国際映画際のオープニング作品として上映されています。

 

 

金城武さんは、劉備(りゅうび)軍の天才軍師である諸葛孔明(しょかつこうめい)役を演じました。この時の演技が高く評価されています。

 

 

出典:https://iwiz-movies.c.yimg.jp/

 

レッドクリフ出演に関して、単独インタビューを受けている中からいくつか紹介したいと思います。

 

アジア映画最大規模の本作への出演依頼が来た時の感想を聞かれ、次のように話しています。

 

「本当にびっくりした。孔明役と聞いてうれしかったです。若いころは三国志の中で関羽(かんう)や張飛(ちょうひ)にあこがれていましたが、成長するとともに賢い人物にひかれるようになりました」 

 

ご自身の出演しているシーンで、一番印象に残っているシーンは?という質問には、

 

「撮影初日のシーンです。孔明が孫権に会いに行き同盟を提案するシーンです。僕にとって最初のセリフなのですが、とにかく長いシーンなんですよね。初日で緊張していたし、本当に大変だった。しかもセリフは現代語ではない言い回しもあって難しかったし、何日もかけて覚えていましたね。」

 

と答えています。

 

 

金城武のイケメン画像まとめ

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す