ブルースリーの身長と体重・筋トレメニューや食事方法7つなど総まとめ

はじめに

世界的に有名なアクションスターであるブルース・リーさんは演技はもちろん、鍛え抜かれた肉体も未だに多くの人を魅了しています。

 

今回はブルース・リーさんのプロフィール、身長・体重、筋トレメニューや食事方法をまとめました。

ブルース・リーのプロフィール

出典:https://stat.ameba.jp/

プロフィール

生年月日:1940年11月27日

死没:1973年7月20日

墓地:シアトル

出身地:イギリス領香港九龍

職業:武道家・アクション俳優・脚本家・映画プロデューサー

 

 

ブルース・リーさんは香港の方ですが、ご両親がアメリカを巡業中にサンフランシスコで生まれています。

 

そのサンフランシスコで、約生後3ヶ月のブルース・リーさんは映画「金門女」に出演されました。

 

その後、イギリスの植民地下にあった香港に帰国したものの、日本とイギリスが開戦したことにより映画制作が止まったため、その頃の出演作品はありません。

 

第二次世界大戦終了後に映画制作が再開され、ブルース・リーさんは8歳の頃から子役として映画に出演されています。

 

 

子役として活動するだけではなく、上海精武体育会香港分会の北派少林拳の邵漢生に指導を受け、節拳(弾腿門)などを学びました。

 

そして5年間、詠春拳の使い手である葉問の下で修業しています。

 

 

18歳の頃、単身で渡米したブルース・リーさんですが、その時の所持金が100ドルだけだったようです。

 

シアトルにある職業訓練学校に通い、ワシントン大学哲学科に進学しました。学業と同時に「振藩國術館」を開いて、中国武術の指導も始めました。

 

 

1996年、アメリカの「ロングビーチ国際空手選手権大会」で演武したフィルムが、テレビプロデューサー目に留まり、「グリーン・ホーネット」の準主役に抜擢されます。

 

この作品がきっかけとなり、ハリウッド俳優やプロデューサーへの武術の個人指導を行うようになります。

 

その後、初主演映画「ドラゴン危機一発」では、香港歴代興行記録を塗り替え、一躍香港トップスターの仲間入りを果たします。

 

 

ブルース・リーの身長とは

出典:https://iwiz-chie.c.yimg.jp/

 

ブルース・リーさんの身長はいくつか説があり、はっきり何cmというのは分かりません。

 

例えば、映画「実録ブルース・リー/ドラゴンと呼ばれた男」では171cmと記載されていますが、1978年公開前の「死亡遊戯」のチラシでは164cmとあります。

 

さらに、書籍『伝説のブルース・リー』(「BLACK BELT」誌/編、呉春美/訳、松宮康生/監修(フォレスト出版))には、175cmとあります。

 

また、日本のアクション俳優である倉田保昭さんの身長は167cmですが「自分よりブルース・リーの方が少し低かった」と証言されています。

 

ブルースリーさんの身長は164~175cmと幅が広いですが、倉田保昭さんの証言からいくと、公開前の「死亡遊戯」のチラシ164cm前後が近いかもしれませんね。

 

 

そんなブルース・リーさんの身長は、中国では低いのでしょうか?

 

2015年の台湾メディア「中央通訊社」によると、18歳以上の中国男性の平均身長は167.1cmということです。

 

ブルース・リーさんの身長を164cm前後と仮定すると、一見、平均よりも小さいと感じられます。

 

 

ちなみに、同じ台湾メディア「中央通訊社」では、日本人男性の平均身長は167.3cmと中国よりも高い結果になっています。

 

しかし、日本人の男性平均身長は、1955~1995年までの40年の間に9cmも伸びたそうです。

 

このように、日本人の平均身長が40年間で9cm伸びたことを考えると、ブルース・リーさんが生きた約40年前当時の中国男性も、今より身長が低い可能性が高いと言えます。

 

ですので、もしかしたらブルース・リーさんの身長は平均ぐらいだったかもしれませんね。

 

 

ブルース・リーの体重とは

出典:https://iwiz-chie.c.yimg.jp/

 

身長が何となく分かると、今度はブルース・リーさんの体重はどのくらいだったのか気になってきます。

 

こちらも幅が広く、57~62kgとあります。

 

仮に身長165cm、体重58kgと仮定して、BMIで表してみます。

 

そうすると、BMI値は21.3になります。

 

身長165cmですと、太り過ぎの体重は68.1kg、標準体重は59.9kg、美容体重は54.4kg、やせすぎ体重は49.0kgになりました。

 

BMI値別に見てみると

 

太り過ぎの場合…BMI25 高血圧などのリスクが高くなる。

標準体重の場合…BMI22 病気にかかりにくいとされる。

美容体重の場合…BMI20 細く見える体重。

痩せすぎの場合…BMI18 体力低下などのリスクが高くなる。

 

このように見てみると、BMI値21.3は標準体重と言えるでしょう。

 

ブルース・リーさんは見た目はほっそりに見えますが、筋肉質なので意外と体重がありそうで筋肉質なので意外と体重がありそうですよね。

 

 

ブルース・リーの筋トレメニューとは?

出典:https://textream-cimg.west.edge.storage-yahoo.jp/

 

細くて筋肉がしっかりついているブルース・リーさんの肉体は、男女問わず憧れです。

 

2014年アメリカの雑誌「マッスル・アンド・フィットネス」で、ブルース・リーさんが行っていたとされる筋トレのメニューが公開されました。

 

さらに、実際に行ったトレーニングを直筆で書いているメモもあるようです。

 

 

ある日のメニューは、以下の種目を行ったようです。(「レップス」とは、トレーニング用語で動作の回数のことです。)

 

 

・スクワット…10レップス×3セット ウェイト95ポンド

 

・フレンチ・プレス…6レップス×4セット ウェイト64ポンド

 

・インクライン・カール…6レップス×4セット ウェイト35ポンド

 

・コンセントレーション・カール…6レップス×4セット ウェイト35ポンド

 

・プッシュ・アップ…10レップス×3セット ウェイト70~80ポンド

 

・ツーハンド(バーベル)・カール…8レップス×3セット ウェイト70~80ポンド

 

・トライセップス・ストレッチ…8レップス×3セット ウェイト3ポンド

 

・ダンベル・サークル…限界まで×4セット ウェイト16ポンド

 

・シット・アップ…12レップス×5セット

 

・カーフ・レイズ…20レップス×5セット

 

 

これらを、週に3回行っていたそうです。

 

その他にも、腹筋をメインに鍛えるメニューなど、様々な筋トレメニューがあるようです。

 

メニューを見てもどこを鍛える筋トレなのか分からない方もので、いくつか簡単にどこに効果があるのか調べてみました。

 

 

フレンチ・プレス

 

出典:https://kin.mobi/

 

腕を鍛える効果があり具体的には「上腕三頭筋」です。

 

太い腕を手に入れるだけではななく、女性には嬉しい二の腕を引き締める効果もあります。

 

フレンチ・プレスは、基本的にはダンベルで行ないますが、バーベルでの方法もあります。

 

 

コンセントレーション・カール

出典:http://akira-information.com/

 

こちらのトレーニングも、腕を鍛える効果があります。

 

主に「上腕二頭筋」「上腕筋」「腕橈骨筋」が鍛えられ、これらを鍛えることにより大きな力こぶができ、太くて男らしい腕になれるようです。

 

 

シット・アップ

出典:https://weight-training.net/

 

シット・アップには、腹筋を鍛える効果があります。

 

いくつか種類があり、「ノーマルシットアップ」は、基本のトレーニングですので、誰しも一度は行ったことがあるトレーニングではないでしょうか。

 

「V字シットアップ」は、腹筋上部と下部を効果的に鍛えられます。特に下っ腹が気になる人におすすめのトレーニングです。

 

「タックシットアップ」は、腹筋全体に効果があります。腰を痛めやすいトレーニングと思われがちですが、やり方さえ正しければ効果的な種目です。

 

 

ドラゴン・フラッグ

出典:https://kin.mobi/

 

ドラゴン・フラッグとは、最も負荷が強いトレーニングで体幹全体を鍛える効果があります。

 

ドラゴン・フラッグで鍛えられる場所は、「腹筋」「広背筋」「腕の筋肉」「体幹部」と全身を鍛えられるので、初心者よりは上級者向けのトレーニングです。

 

 

アイソメトリック

出典:https://kintorecamp.com/

 

アイソ=同じ、メトリック=長さという意味があるそうで、「等尺性トレーニング」「静的トレーニング」とも呼ばれているようです。

 

投・跳といった動きを伴わない、筋収縮運動を中心とした筋力トレーニングで、例えば、固定バーの押し・引き,伏臥上体そらし,腕相撲などです。

 

そして、アイソメトリックの最大の特徴は、筋肉を動かさずに力を入れるということです。

 

3秒から5秒で力を徐々に入れ、100%の力で5秒から7秒キープし、そして3秒から5秒かけて徐々に力を緩めるのを1セットとし、ブルース・リーさんは1~3セット行っていたそうです。

 

 

ブルース・リーの食事方法とは?【7つのルールを紹介】

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す