ディーン・フジオカ

ディーンフジオカの本名と国籍~父と母や妹と弟・嫁と子供情報も総まとめ

はじめに

俳優や歌手としてアジア圏で広く活躍しているディーン・フジオカさんですが、その生い立ちは謎めいておりミステリアスだと話題です。

 

今回はディーン・フジオカさんの本名や国籍、生い立ちと父母&妹弟、嫁や子供をまとめました。

ディーン・フジオカのプロフィール

 

「おディーン様」と呼ばれるカリスマタレント

 

ディーン・フジオカさんの詳しいプロフィールはこちら。

 

別名義: 藤岡靛
生年月日: 1980年8月19日
出生地: 福島県 須賀川市
国籍: 日本
身長: 180cm
血液型: A型
職業: モデル、俳優、シンガーソングライター、ミュージシャン、映画監督、インフルエンサー、DJ
ジャンル: 映画、テレビドラマ
活動期間: 2004年 –
配偶者: あり(2012年 – )
著名な家族: 藤岡麻美(妹)
事務所: アミューズ

 

引用:Wikipedia – ディーン・フジオカ

 

 

ディーン・フジオカの本名や国籍とは

 

ディーン・フジオカの国籍は日本

 

ディーン・フジオカさんは、2004年に香港を拠点に芸能活動を始め、中国語が堪能です。

 

そのため、国籍も中国だと思われがちですが、福島県須賀川市で生まれ、幼少期まで同市内で生活していたことから、国籍は日本となります。

 

ディーン・フジオカさんの本名は、「藤岡竜雄(ふじおか たつお)」と割と古風な名前です。

 

1997年に出場した「第10回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に、本名で登録していたことから分かったようです。

 

 

ディーン・フジオカの生い立ち&家族① 父親

 

ディーン・フジオカの父親は国際派だった

 

ディーン・フジオカさんの父親は、中国生まれの日本人で、母親も祖父母も全員日本人で両親の出身地が福島県須賀川市であることから国籍も日本となります。

 

そんな父親は、IT関連のはしりとなる会社の社員で、IT関連の論文を多数執筆しているそうです。

 

ディーン・フジオカさんが3歳の頃、父親の仕事の関係で福島県から千葉県に引越しましたが、海外出張も多かった父親はトライリンガルで、英語や中国語を教わっていたそうです。

 

 

「日本人ですが中国生まれで、日本に住みながら海外へは度々仕事で出張していました。ボクがちっちゃいころは、湯船で10カウントするのは中国語でしたし、父が英語を教えてくれることも。外国人のお客さんをアテンドすることも多くて、家に招くこともありました。それに海外出張に行くと、お土産にマイケル・ジャクソンやディズニーのビデオを買ってきてくれてましたね」

 

引用:女性自身 – ディーン・フジオカ 人生変えた国際結婚…謎の半生を初告白

 

ディーン・フジオカさんは、父親の影響で幼い頃から海外の文化に触れることが多かったため、自然と中学生頃から日本を出て海外で生活したいと思っていたそうです。

 

しかし、父親から「高校を卒業するまで海外に留学するのはダメだ」と言われたことから、卒業まで待ったようです。

 

 

ディーン・フジオカの生い立ち&家族② 母親

 

ディーン・フジオカの母親はピアノ教師だった

 

母親は社交的な人で、自宅でピアノ教室を開いていた関係から、ディーン・フジオカさんも強制的にピアノを習わされており、イヤイヤやっていたそうです。

 

しかし、ディーン・フジオカさんは現在シンガーソングライターとしても活躍していることから、ピアノを真面目にやらなかったことを後悔していると語っています。

 

 

家にはピアノのほかドラムセット、エレクトーン、サキソホン、グロッケンなどたくさんあって、幼いときから遊び道具にしてました。ただ、ピアノは母に無理やりやらされて嫌いになったこともあって、長続きしませんでした。今になって後悔していますが…

 

引用:女性自身 – ディーン・フジオカ 人生変えた国際結婚…謎の半生を初告白

 

ディーン・フジオカさんがもっとピアノに真剣に向き合っていれば、音楽の面でももっとブレークできていたのかもしれませんね。

 

 

ディーン・フジオカの生い立ち&家族③ 妹・藤岡麻美

 

藤岡麻美は「チェキッ娘」の元メンバー

 

ディーン・フジオカさんの妹である藤岡麻美さんは、小学校4年生頃から安室奈美恵さんに憧れていて、将来は歌手になりたいと思っていました。

 

中学の吹奏楽部ではパーカッション担当でしたが、ディーン・フジオカさんと一緒にバンドをしていた頃はボーカルを務めていたそうで、藤岡麻美さんは当時から歌が上手かったようです。

 

 

その後、1998年11月19日放送のバラエティ番組『DAIBAッテキ!!』のオーディションに合格し、番組で結成されたアイドルグループ「チェキッ娘」のメンバーとなりました。

 

「チェキッ娘」時代には寒いギャグで人気を博すなど、藤岡麻美さんは比較的クールな印象のディーン・フジオカさんとは違い、明るいムードメーカーだったようです。

 

 

「チェキッ娘」のグループ内ユニット・ガールズバンド「chee’s」では、ドラムとボーカルを担当し、解散後はプロデュースとメンバーを兼ねた『blue chee’s』を結成し活動していました。

 

同バンドも解散した後はソロ活動を開始し、藤岡麻美さんはシンガーソングライターとしてインディーズから2枚のアルバムを発表し、ライブ活動をしていました。

 

また、女優としてドラマにも出演していましたが、2013年3月からはサモ・ハン・キンポーさんの次男であるジミー・ハンさんの力を借りて台湾に拠点を移し活動し始めました。

 

 

ディーン・フジオカさんには、藤岡麻美さんの他に妹がもう1人いますが、1995年生まれということでディーン・フジオカさんとは15歳も違う妹ということになります。

 

 

ディーン・フジオカの生い立ち&家族④ 

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す