K

韓国歌手K(ケイ)の日本語に対する思いと韓国語の問題まとめ

はじめに

「天国からの歌声」と呼ばれて人気を博した歌手で、関根麻里さんと2014年8月に結婚したK(ケイ)さん。

 

Kさんの日本語に対する思いと韓国語の問題について総まとめしましたのでご紹介します。

Kの歌手としての人気とプロフィールについて

 

関根麻里と結婚した韓流シンガーソングライター・K

Kさんは2004年に韓国でデビューし、その透明感のある声質から「天国からの歌声」と呼ばれ人気を博しているシンガーソングライターで、2005年1月13日にはドラマ『H2〜君といた日々(TBS系)』の主題歌に「over…」が抜擢されて日本デビューをしました。

 

Kさんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: カン・ユンソン(강윤성/姜潤成)
生年月日: 1983年11月16日
出身地: 大韓民国ソウル
ジャンル: J-POP、R&B
職業: 歌手、シンガーソングライター
担当楽器: ボーカル、歌、ピアノ、キーボード、ブルースハープ、クロマティック・ハーモニカ
活動期間: 2004年 – 現在
レーベル: Sony Records/gr8!records(2005-2016)、ビクターエンタテインメント(2017年 – )
事務所: スターダストプロモーション (日本)
共同作業者: 寺岡呼人、松尾潔、RHYMESTER、ゴスペラーズ、ピーボ・ブライソン、BRIGHT、ブライアン・マックナイト

 

引用:Wikipedia – K(歌手)

 

Kさんは韓国デビューをしてブレークする前に日本に拠点を移して活動を始めたため韓国での知名度はほとんどありません。

 

Kさんの曲の中で一番人気だと言われているのが2005年11月23日にリリースされた4枚目のシングル「Only Human」で、オリコン週間シングルチャートで初登場10位内にランクインし、その後も7週連続でチャートインするというロングセールスを誇り、トータル売上枚数は20万枚と自身最大のヒット曲となりました。

 

 

この「Only Human」は同年10月11日から放送開始したドラマ『1リットルの涙(フジテレビ系)』の主題歌に起用され、レミオロメンの「粉雪」が挿入歌に起用されました。

 

KさんはBoAさんなどと2000年代に日本でブレークした数少ない韓国人の人気歌手でした。

 

 

 

Kと関根麻里の結婚に世間の反応は?

 

嫌韓ブームの最中に結婚し関根麻里は心配された

Kさんがいくら日本での活動が長いと言っても韓国人歌手であることから関根麻里さんとの結婚が発表されると「仕事が減るのでは?」と批判の声が挙がっていたようです。

 

韓国人であるKさんと結婚した関根麻里さんに心配する声や嫌韓ユーザーによる差別的なコメントが多く挙がったことから、韓国では知名度の無いKさんへのコメントよりも日本の反応に対しての批判の声が挙がっていたようです。

 

日本国内でも、バッシングの一方で、ヘイトスピーチに嫌悪感を抱く人々から、「Kでなく、韓国人という括りでしか見解を言えない、差別主義者の多さに呆れる」といった声が出ているように、「関根とKの結婚は、予想よりも大騒動にはならなかった」(芸能ライター)という見方もある。それは、日韓間の緊張が徐々に緩和されてきたからか、Kが韓国ではほぼ一般人扱いだったことが幸いしただけなのか

 

引用:サイゾーウーマン – 関根麻里と韓流歌手・Kの日韓結婚、韓国ネットユーザーの意外な反応とは?

 

結局、関根麻里さんはKさんと結婚したことで仕事が減ったり印象を悪くするということは無く、2015年11月15日には第一子となる女の子を出産し公私ともに順調に行っているようです。

 

一時期嫌韓ユーザーが「Kが関根麻里にDVして離婚秒読み」という噂を流しましたが、その直後に子供が生まれているためデマだと発覚しました。

 

 

 

Kは日本語が定着しすぎて韓国語を忘れ始めた

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す