余貴美子の若い頃や年齢!旦那・山下恒彦との結婚や子供も総まとめ

はじめに

日本の名バイプレイヤーとして数多くの作品に出演する女優・余貴美子さんですが、若い頃が美しすぎると話題です。

 

今回は余貴美子さんのプロフィール、本名や年齢、若い頃の経歴と美人画像、結婚した旦那や子供の有無をまとめました。

余貴美子のプロフィール 

 

出典:https://www2.nhk.or.jp/

 

名前:余 貴美子(よ きみこ)
生年月日:1956年5月12日
出身地:神奈川県横浜市
国籍:中国
身長:161cm
血液型:B型

 

 

余貴美子さんは、名バイプレイヤーとして知られている女優で、日本で数々のドラマ・映画に出演しています。

 

 

余貴美子の若い頃から現在までの経歴

余貴美子の生い立ち

出典:https://thetv.jp/

 

余貴美子さんの祖父が戦前、台湾から日本に移民し、日本で事業を始めたことから一家は日本で暮らすようになったそうです。

 

両親は池袋で歌謡喫茶「パラダイス」を営み、その後は横浜で飲食店を経営していました。

 

余貴美子さんの出生地は横浜となっているので、横浜にお店を構えた後に生まれたものと思われます。

 

飲食店を営む台湾人の父と日本人の母の下、台湾と日本のハーフとして生まれた余貴美子さんは、国籍は中国であるものの、日本で生まれ育ちました。、

 

そして、成長の過程で次第に演劇に興味を持つようになりました。

 

 

演劇の世界へ

 

出典:https://www.oricon.co.jp/

 

高校卒業後に劇団に入り、舞台「上海バンスキング」のリリー役を務めるなど、若い頃から演劇の世界に足を踏み入れた余貴美子さん。

 

1985年には、俳優・大谷亮介さんらと劇団「東京壱組」を旗揚げし、1996年に解散するまで14公演を公演してきました。

 

10代という若い頃から経験を積み、芝居に磨きをかけてきた余貴美子さんは、その後はテレビや映画に活躍の場を移します。


1988年に「噛む女」で本格的に映画デビューし、1992年の映画「うみ・そら・さんごのいいつたえ」で初主演を果たしました。

 

その後、途切れることなく映画やドラマに立て続けに出演している余貴美子さん。

 

2008年の映画「おくりびと」、2009年の映画「ディア・ドクター」では、2年連続となる日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を受賞しており、持ち前の演技力が高く評価されています。

 

テレビドラマでも「龍馬伝」「純と愛」「半分、青い。」などを始め、数えきれないほど多くの作品に出演しており、大きな存在感を醸しながらも作品に馴染む演技力で活躍を続けています。

 

 

出典:https://movie.walkerplus.com/

 

近年も映画「シン・ゴジラ」や「後妻業の女」、ドラマ「Dr.倫太郎」「家政夫のミタゾノ」「病室で念仏を唱えないでください」などに出演しています。


物語の刺激になるような役柄や、持ち前の演技力と安定感で、作品全体を支えるような役柄を好演しています。

 

また、ディズニー映画「アナと雪の女王2」でイェレナ役の吹き替えを担当しており、幅広いジャンルで多岐に渡る活躍を見せています。

 

2019年には、権威ある「紫綬褒章(しじゅほうしょう)」を受章しました。

 

紫綬褒章とは、学術、芸術、スポーツ分野の功労者に授与されるもので、受章者は伝達式の際に皇居で天皇に拝謁することができる素晴らしい賞です。

 

受賞歴も多数、連続ドラマにおいて欠かすことの出来ない存在感と演技力を持った女優、それが余貴美子さんなのです。

 

 

従姉は台湾女優・范文雀

 

台湾の女優・范文雀(はんぶんじゃく)さんは余貴美子さんの従姉で、彼女も日本の芸能界で活躍しています。

 

 

出典:https://www.pinterest.jp/

 

范文雀さんは1948年4月15日生まれで、1970年に放送されたテレビドラマ「サインはV」などに出演しています。

 

日本でも「文ちゃん」の愛称で親しまれ、70年代〜90年代に数々のドラマや映画に出演してきました。


俳優・寺尾聰さんの元妻としても知られています。

 

 

余貴美子の若い頃が美人すぎると話題に

 

若い頃からガムシャラに芝居の道を突き詰めてきた余貴美子さんですが、そんな彼女のデビュー間もない若い頃が、美しすぎると話題になっています。

 

まだ20代前後と思われる、余貴美子さんの若い頃の画像がこちらです。

 

 

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/

 

 

出典:https://twitter.com/

 

絶世の美女と言っても過言ではないほど、美しすぎる余貴美子さん。


若い頃はその美しさから、地元・横浜で「ハマのマリア」と呼ばれる有名人だったようです。

 

若い頃の余貴美子さんが出演している当時の作品もチェックしてみたいですね。

 

 

余貴美子の本名・年齢とは

 

出典:https://eiga.com/

 

余貴美子さん、本名そのままで芸能活動をしています。


中国籍を持つ余貴美子さんですが、「余」という名字も中国の苗字です。


日本では「よ・あまり」の読み方合わせて、約180人しかいないというかなり珍しい苗字です。

 

また、1956年生まれですので年齢はすでに還暦を迎えており、2020年現在は64歳です。


しかし、余貴美子さんの演技には年齢を感じさせない力強さがあり、芯の通った強い女性の役柄もこなしています。

 

 

余貴美子が結婚した旦那は山下恒彦(NHKの美術スタッフ)

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す