パク・ヨンハ

パクヨンハの死因と自殺の真相!死亡の原因や葬儀について総まとめ

はじめに

2003年のドラマ『冬のソナタ』で日本で大ブレークした韓国人俳優の故パク・ヨンハさん。

 

2010年に自殺してしまいましたが、死亡原因の真相や葬儀の様子について詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

俳優、パク・ヨンハが自殺で死亡した原因と真相について

パク・ヨンハについてのプロフィール

『冬のソナタ』で大ブレークした俳優、パク・ヨンハ

パク・ヨンハさんは日本での第一次韓流ブームの火付け役となったドラマ『冬のソナタ』で”ヨン様”ことペ・ヨンジュンさんの恋敵役で出演して俳優として大ブレークしました。その後個人事務所を立ち上げたり飲食店・ブランド事業などに乗り出しましたが、2010年に自宅で自殺を遂げてしまいました。

 

パク・ヨンハさんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

ハングル: 박용하
漢字: 朴容夏
ローマ字: Park Yong-ha
出身: 大韓民国ソウル特別市
出生: 1977年8月12日
死没: 2010年6月30日
職業: 俳優、歌手
ジャンル: K-pop
活動期間: 1994年 – 2010年

 

引用:Wikipedia – パク・ヨンハ

 

 

パク・ヨンハの自殺の死亡原因は「感電による胸部圧迫死」

パク・ヨンハが自宅で電源コードで首吊り自殺

パク・ヨンハさんは2010年6月30日に自宅で死亡しているところが発見されましたが、電話の電源コードでの首吊り自殺だと発表されました。

 

2010年6月30日早朝、ソウル特別市内の自宅で遺体で発見された。32歳没。死因は電源コードでの首吊り自殺と日本では報道されたが、実際は電源コードで首を締めたことによる感電での胸部圧迫死と断定された。

 

引用:Wikipedia – パク・ヨンハ

 

パク・ヨンハさんの死亡原因は電源コードによる首吊りで窒息死をしたのではなく、電源コードで感電して胸部圧迫死だということですが、敢えて感電するようにコードの皮膜を破いたか、首吊り時に荷重により破れたかなどが考えられるようです。

 

パク・ヨンハさんの自殺はドラマ『冬のソナタ』でブレークした日本でも大々的に報じられ、追悼企画番組が放送されるなど多大な影響を与えました。

 

 

パク・ヨンハの葬儀の喪主は友人のソ・ジソブが務めた

パク・ヨンハが生前親しかった俳優のソ・ジソブ

パク・ヨンハさんの葬儀には『冬のソナタ』で共演したペ・ヨンジュンさんやチェ・ジウさんなども参列していましたが、喪主代わりを務めたのは友人で俳優のソ・ジソブさんでした。

 

パク・ヨンハさんとソ・ジソブさんは下積み時代からの仲であり、苦楽をともにしてきたことから兄弟以上の絆で結ばれた関係だったようです。

 

1977年生まれの同い年で、同じく売れない新人俳優だったふたりはすぐに意気投合。苦労が絶えない彼らは、一時は同じ家に暮らし、1つのインスタントラーメンを分け合うこともあったという。そして苦楽を共にする中で育まれた友情が、実の兄弟以上に親しくさせた。互いを思う心は、共にトップスターとなり、多忙のため会えなくなってからも決して変わらなかった。

 

引用:NewsWalker – 故パク・ヨンハと1杯のラーメンをすすりあった戦友が葬儀費用を全額負担

 

ふたりは共にのし上がり韓流スターとなりましたが、パク・ヨンハさんの訃報を聞いたソ・ジソブさんは入っていたすべての仕事をキャンセルして駆けつけ、ひと目もはばからず号泣したそうです。

 

そして、最愛の息子を失ったパク・ヨンハさんの母親に対し、「彼はひとりで逝ってしまったのではありません。私を置いて逝ったのです。これからは私が息子です」と慰め、パク・ヨンハさんの両親の知らないところで数千万ウォン(数百万円)の葬儀代を支払っていました。

 

パク・ヨンハさんは遺書を残していないため自殺のはっきりした原因は不明のままですが、当時の周辺の状況からある程度推察できるようです。

 

 

パク・ヨンハが自殺した理由① 父親の介護に疲れた

1 / 3

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す