ジョンヒョン

SHINeeジョンヒョン自殺のメンバーの反応!オンユ・テミン・ミンホ・キーのコメントまとめ

はじめに

日本の”嵐”のように、韓国アイドルには珍しくメンバー5人とも仲が良いことで知られたいた「SHINee(シャイニー)」。

 

ジョンヒョンさんの自殺についてメンバーのコメントを総まとめしましたのでご紹介します。

「SHINee」ジョンヒョンの自殺についてメンバーのコメント

生前のジョンヒョンについてのプロフィール

多くのタレントに好かれていたジョンヒョン

ジョンヒョンさんは2008年5月25日にアイドルグループ「SHINee」のメンバーとしてデビューし2011年からは日本でも活動していました。

メインボーカルを務め作曲家でもあったジョンヒョンは多くのタレントに好かれていましたが、2017年12月18日に自殺を図りこの世を去ってしまいました。

 

ジョンヒョンさんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: キム・ジョンヒョン(김종현)
生年月日: 1990年4月8日
出身地: 大韓民国ソウル特別市
身長: 173 cm
死没: 2017年12月18日(27歳没)
活動期間: 2008年 – 2017年
事務所: ユニバーサルミュージックジャパン、SMエンターテインメント

 

引用:Wikipedia – ジョンヒョン

 

 

「SHINee」ジョンヒョンの自殺について

ジョンヒョン、2017年12月18日に自殺

ジョンヒョンさんは2017年12月18日にソウル・江南区清潭洞にある宿泊施設の部屋で倒れているところを発見され、後に練炭自殺だったことが分かりました。

 

ジョンヒョンさんは2015年にはソロ歌手デビューを果たし、2016年には初のアルバム「좋아 (She is)」、2017年4月24日には全自作曲の小アルバム「Story Op.2」をリリース、そして遺作となってしまったアルバム「Poet|Artist」の制作中でした。

 

ジョンヒョンさんは遺書を生前親しかったバンド「Dear Cloud」のナインさんに渡しており、ナインさんが後悔した遺書の内容の中には重度のうつ病に苦しんでいたことが記されていました。

 

そんな彼が変わり果てた姿で発見されたのは12月18日のこと。練炭による自殺だった。死後、知人のアーティストを通じて公開された遺書には「少しずつ俺をかじってきた憂鬱は結局俺をのみ込んだ」などと記されており、所属事務所関係者は「普段からうつの症状がひどかった」とした。

 

引用:文春オンライン – SHINeeジョンヒョンさん 自殺の裏に“強欲オーナー”の存在

 

ジョンヒョンさんの遺書は、この世を去りたいと考える”僕”と、何とかもがきながらも生きたいと考える”僕”の間で激しく葛藤しているショッキングな自問自答が綴られていました。

 

ジョンヒョンさんの訃報を知った多くのタレントが悲しみに暮れてそれぞれがツイッターやインスタグラム、ブログなどで追悼コメントを発表しましたが、メンバーは特にショックが大きかったようです。

 

 

「SHINee」ジョンヒョンの自殺についてメンバー(オンユ・テミン・ミンホ・キー)のコメント

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す