急性敗血症で急死した韓国芸能人!新型コロナウイルスとの関係も総まとめ

はじめに

新型コロナウイルスで医療現場が逼迫する中、韓国芸能人が急性敗血症を発症し急死する痛ましいニュースが続いています。

 

今回は急性敗血症の症状や原因、新型コロナウイルスとの関係、急死した韓国芸能人2人をまとめました。

急性敗血症で韓国芸能人が続々と急死している…

 

出典:https://www.instagram.com/ https://koreaenta.exblog.jp/

 

韓国の芸能界では、俳優やタレントといった芸能人が2020年になって立て続けに急死しており、その原因が「急性敗血症」という病気だとニュースで報じられています。

 

世界中で新型コロナウイルスが感染拡大の一途を辿るさなか、韓国の医療現場も逼迫し、多くの死者が出ています。

 

 

急性敗血症の症状と原因とは

 

出典:https://pixabay.com/

 

敗血症とは、大腸菌やブドウ球菌・化膿菌が血管やリンパ管中に入って起こる病気で、炎症が全身に広がって臓器障害が起き、多数の臓器が正しく働かなくなる「多臓器不全」に陥ります。

 

急性敗血症とはその症状が急速的に進行し、すぐに治療を開始しなければ数時間で死に至る恐ろしい病気です。

 

 

急性敗血症の症状

出典:https://pixabay.com/

 

急性敗血症の症状は、障害が起きている臓器によって様々な症状が現れます。


急性敗血症の初期症状には悪寒や高熱、発汗など風邪のような症状が現れますが、進行すると心拍数や呼吸数が上がり、血圧の低下や意識障害なども発生します。

 

治療が遅れて重症化すれば、腎不全・肝不全といった臓器不全に陥り、その結果、ショックで死に至ります。

 

 

急性敗血症の原因とは?

出典:https://pixabay.com/

 

急性敗血症の原因となるのは、あらゆる感染症です。


感染症がきっかけとなって細菌が増殖し、炎症が広がることで急性敗血症が起こります。

 

原因となる感染症はさまざまで、皮膚の化膿や、肺炎、臓器の感染症などが起き、免疫力が低下することで敗血症になります。

 

特に、免疫力の低い乳幼児・高齢者や、慢性疾患や基礎疾患がある人、すでに何らかの病気に罹っていて免疫力が低下している人は、感染症から急性敗血症を引き起こす可能性が上がります。

 

敗血症を起こした原因を早期に発見し、すぐに治療を開始しなければ死に至る確率も高くなり、治療が遅れれば遅れるほど、死亡リスクや後遺症が残るリスクが高まります。


そのため、急性敗血症になった場合、すぐさま治療を開始する必要があります。

 

 

急性敗血症と新型コロナウイルスの関係

 

出典:https://pixabay.com/

 

新型コロナウイルスの感染拡大が世界的な脅威となり、医療崩壊も叫ばれる中、韓国芸能人が急性敗血症により死亡したというニュースが相次いでいます。

 

このニュースを受けて「コロナウイルスに感染すると急性敗血症になる」と噂になり、関係性について注目が集まっています。

 

確かに、新型コロナウイルスの重症化の1つとして急性敗血症が挙げられます。


しかし前述で説明したように、急性敗血症はさまざまな感染症が原因となって発症するため、コロナウイルスだけが直接の原因ではありません

 

また、新型コロナウイルスの重症化も人それぞれであり、新型コロナウイルスに感染したからといって、イコール全ての人が急性敗血症になるわけではありません。

 

ただ、やはり感染症が原因となる病気なので、もちろん新型コロナウイルスに感染したことで肺炎などになり、急性敗血症になるケースはあります。

 

また、現在世界中で感染拡大している新型コロナウイルスにより、各国で医療崩壊が起こっています。


急性敗血症は早期の治療が重要になるため、新型コロナウイルスによる医療崩壊で敗血症の発見や治療が遅れ、死に至るケースが多くなっています。

 

急性敗血症で急死した韓国芸能人も、脳炎などが原因となって敗血症になり、新型コロナウイルスの混乱できちんと治療を受けられなかったといいます。

 

 

繰り返しますが、急性敗血症は早期治療が重要です。

 

新型コロナウイルスで医療崩壊が起こっている現在、新型コロナウイルスと急性敗血症が密接に関係してくる可能性が高まっています。


全ての人がしっかりとウイルス予防に努めることが大切です。

 

 

急性敗血症で急死した韓国芸能人2人

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す