周富徳

周富徳の現在と死因!お店・嫁と息子や兄弟・伝説4つも総まとめ

はじめに

料理番組『料理の鉄人』などで人気を博した中華料理人の周富徳(しゅうとみとく)さんは2014年に亡くなり、家族や店の現在が話題です。

 

今回は周富徳さんの死因、嫁や息子など家族、店や弟子たちの現在、数々の伝説を紹介します。

周富徳のプロフィール

 

「炎の料理人」と呼ばれたカリスマ中華料理人

 

周富徳さんの詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: 周 富徳(しゅう とみとく)
生年月日: 1943年3月11日
出身地: 神奈川県横浜市中区(横浜中華街)
死没: 2014年4月8日(71歳没)
死没地: 神奈川県横浜市中区
死因: 誤嚥性肺炎
別名: 炎の料理人
民族: 在日中国人二世
職業: 料理人
活動期間: 1961年 – 2014年
著名な実績: 聘珍樓総料理長など
活動拠点: 広東名菜富徳
テレビ番組: フジテレビ「料理の鉄人」など
家族: 周富輝ほか

 

引用:Wikipedia – 周富徳

 

周富徳さんの出身は横浜の繁華街で、両親が経営していた中華料理店「生香園(せいこうえん)」で父親の背中を見て育ちました。

 

高校卒業後は東京都の新橋にある「中華飯店」や京王プラザホテルの「南園」、「聘珍樓」「赤坂璃宮」などの高級中華料理店で総料理長を務めるなど修行を積みました。

 

そして、その後自身の店「広東名菜富徳」をオープンさせました。

 

周富徳さんは料理バラエティ番組『料理の鉄人』で「炎の料理人」と呼ばれ、挑戦者として人気者に。NHK『きょうの料理』で家庭向きの中華を教えるなど、タレント活動もしていました。

 

 

 

周富徳の現在は死亡している~死因は「誤飲性肺炎」

 

周富徳は誤飲性肺炎により衰弱死した

 

2014年4月8日午後11時37分に、周富徳さんが誤飲性肺炎のため、横浜市中区の病院で死去したことが伝えられました。享年71歳でした。

 

周富徳さんの葬儀は家族葬で行われ、喪主は長男の周志鴻(しゅうしこう)さんが務めました。

 

 

周富徳さんの死因は「誤飲性肺炎」とのことですが、近年は腕の麻痺から中華鍋を振るうこともままならず、闘病中は食事もできずに、次第に衰弱して亡くなられたものと見られます。

 

 

「食べることが大好きだった父なのに、何も食べられなくなり、かわいそうで……。『せめて氷だけでも』という父のお願いを先生に話して、1日1個だけ、なめさせてもらいました」

 

引用:ライブドアニュース – 周富徳さん「食事でストレス解消を」描いていた究極の夢

 

長男の志鴻さんがインタビューで応えていましたが、周富徳さんは大好きな食べ物が食べられなくなり、生きる意欲を失ってしまったのかもしれません。

 

 

周富徳の家族① 嫁

出典:https://pixabay.com/

 

周富徳さんの嫁は周節子さんといいます。ですが、写真が存在しないことから、夫がタレント活動していた頃も表に露出したことはないようです。

 

2人の馴れ初めは、周富徳さんが周節子さんの手帳に「富徳とデート」と強引に予定を書いてデートにこぎつけたようで、ベタ惚れしていたようです。

 

 

周富徳の家族② 子供 【店は現在息子が引き継いでいる】

 

周富徳の子供は志鴻さんひとり

 

周富徳さんの息子である志鴻さんは父親の背中を見て育ったため、大学卒業後に中華料理人になっています。

 

現在は、周富徳さんの店「広東名菜富徳」を引き継いでオーナーをしています。

 

 

周富徳の家族③ 兄弟 【両親の店を現在引き継いでいる】

 

周富徳の弟・周富輝が実家のお店を継いでいる

 

周富徳さんの両親は中国広東省の出身で、横浜中華街に移り住んだことから、子供達は在日中国人二世ということになります。

 

次男の周富徳さんの実家のお店は横浜・馬車道にある広東料理をベースとした「生香園(せいこうえん)」で、末っ子の周富輝さんが引き継いでオーナーをしています。

 

 

長男の周富新さんは、兄弟で唯一料理人ではないものの、別の中華料理店のオーナーをしているそうです。三男の周富安さんも仙台で「周香港飯店」というお店をしています。

 

周富徳さん、周富安さん、周富徳さんは「周三兄弟」としてテレビ番組にもよく出演していました。

 

周富徳の理想の店とは

周富徳は民宿のような中華料理店を持つのが夢だった

周富徳には夢の中華料理店像があった

 

週刊誌「女性自身」の記者がインタビューをした際に、周富徳さんはストレス社会に生きる人たちのためにリラックスできる民宿のような中華料理店を作りたいとの夢を語ったようです。

 

 

周さんは以前、本誌の取材に“夢”を語ってくれていた。それは、食材に恵まれた土地で、ペンションのような、宿泊もできておいしい料理をゆっくり味わってもらえる施設を作ること――。

《オレが料理を作って、一緒に食べて、おしゃべりをして、おしゃべりしたくない人はすぐに寝て。そう、自由にね。今はストレスのたまっている時代だから、そんなストレスを解消したい店を持ちたいと思っているんだ》

 

引用:ライブドアニュース – 周富徳さん「食事でストレス解消を」描いていた究極の夢

 

周富徳さんはこの夢を叶える前に逝去してしまいましたが、味はしっかりと息子や弟子たちに受け継がれていますので、多くの人の舌をうならせ続けることは今後もできるでしょう。

 

 

周富徳の店「広東名菜 富徳」は”おもてなし”重視

一流の本場中華がお手頃価格でお腹いっぱい食べられる

 

前述の周富徳さんの想いは自身の店「広東名菜 富徳」にも当然込められており、お店紹介サイトでは「リーズナブルな価格で本場中華が食べられる」というレビューがたくさん見られます。

 

 

富徳といえば…そう、懐かしの鉄人、周富徳のお店です。 そう聞けば高級っぽいけど、飲み放題付きで5000円がこの集まりの基本。
(中略)
満腹で飲み放題が5000円って。 鉄人の店も意外とお得、年末の素晴らしい経験です。

 

引用:Retty – 広東名菜 富徳

 

周富徳さんが『料理の鉄人』に出ていたネームバリューもあり、なおさらコスパの良さを感じる客は多いようです。

 

 

 

周富徳の弟子たちの現在

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す