ブランドン・リーは暗殺?死因と真相・映画クロウでの事故・身長などプロフィールも紹介【ブルース・リーの息子】

はじめに

ブルース・リーの息子で中国系アメリカ人俳優のブランドン・リーですが、彼の死因には暗殺説も浮上しています。

 

今回はブランドン・リーのプロフィールや身長、映画「クロウ」での事故や死因、暗殺説など死の真相をまとめました。

ブランドン・リーのプロフィール

出典:https://www.pinterest.jp/

 

名前:ブランドン・リー(Brandon Lee)
中国名:李 國豪(り こくごう)
生年月日:1965年2月1日
没年月日:1993年3月31日
出生地:オークランド

 

 

世界的大スターであるブルース・リーの息子で、オークランド生まれの中国系アメリカ人俳優・ブランドン・リー

 

ブルース・リーのカンフー教室の生徒だったアメリカ人の母親と、ブルース・リーの間に長男として生まれ、幼少期より父親から武術を教えられて育ちました。

 

生後から8歳まで香港で過ごし、ブルース・リーの死後はロサンゼルスへ渡って、大学生の時に俳優を志すように。

 

1985年、TV映画「ブランドン・リーのカンフー・ファイター」で俳優デビューし、1987年には香港映画「ファイアー・ドラゴン」で初主演を飾ってハリウッドデビューを果たしました。

 

 

ブランドン・リーの身長

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

ブランドン・リーの身長は183cmです。

 

父親よりも高身長で体格が良く、武術をやっていた経験から、迫力のあるダイナミックな立ち回りも得意としていました。

 

ちなみに、父親のブルース・リーは身長に関しての記述が一貫しておらず、身長164cm〜175cmまでかなり差がある身長が記録されています。

 

映画「死亡遊戯」では身長164cm、書籍「伝説のブルース・リー」には身長175cmとあり、他の映画や書籍にも複数のデータがあるため、ブルース・リーの本当の身長は不明です。

 

ただし、最高でもブルース・リーの身長は175cmとのことなので、息子のブランドン・リーは父親よりも高身長となっています。

 

 

ブランドン・リーの死因は映画「クロウ」での被弾だった

 

出典:https://www.pinterest.jp/

 

1993年3月31日、ブランドン・リーの主演映画「クロウ/飛翔伝説」の撮影がノースカロライナ州ウィルミントンで行われていました。

 

この撮影中、ブランドン・リーが銃で撃たれて死亡するという衝撃的なニュースが飛び込んできました。

 

銃撃犯役を演じた俳優マイケル・マッシーが撮影用の銃をブランドン・リーに向けて撃ったところ、本来なら空砲だったはずの銃から弾が発射され、ブランドン・リーの腹部に当たりました。

 

撮影用の銃には、空砲のための火薬だけが仕込まれている予定でした。

 

ですが、銃の内部にダミーカートリッジという模擬弾の一部が残っており、空砲を撃った瞬間にダミーカートリッジが発射されたのです。

 

実弾ではないとは言え、通常の弾と同様の速さで発射されたダミーカートリッジの一部を腹部に受けたブランドン・リーは、この痛ましい事故により、28歳にしてこの世を去りました。

 

 

銃を撃ったのは俳優マイケル・マッシー

出典:https://www.cinematoday.jp/

 

銃を撃ったのは、映画「クロウ」の共演者マイケル・マッシーです。

 

当時まだ新人俳優で、この事故により1年間の休業となりましたが、その後は俳優活動を再開し、映画「セブン」「アメイジング・スパイダーマン」など話題作に出演して活躍しています。

 

ですが、インタビューでブランドン・リーの事故について「忘れることができない」と語り、あの日からずっと苦しみ続けていることを明かしています。

 

そんなマイケル・マッシーは、2016年10月20日にがんで亡くなっています。

 

なぜ撮影用の銃で死亡したのか

ここで気になるのが、なぜ撮影用の小物である銃に殺傷能力があるダミーカートリッジが入っていたのかということですよね。

 

この事故のニュースを受け、ブランドン・リーの死因に疑問を持った人々からは「暗殺ではないか」といった噂も浮上しました。

 

ブランドン・リーの死は本当に事故だったのか、それとも暗殺だったのか、次の章で死亡の状況、死因の真相についてまとめました。

 

 

ブランドン・リーの死の真相 【事故?暗殺?】

 

出典:https://www.youtube.com/

 

ブランドン・リーの死が本当に事故だったのか、それとも父親のブルース・リーの死が都市伝説化しているように、息子にも何らかの陰謀が働いたのか…。

 

現在でも、ブランドン・リーの死因に疑問の声を挙げる人が多数います。

 

確かにブランドン・リーの死因については、当時から暗殺説をはじめ、様々な臆測が飛び交い、ただの事故とは思えないと噂が立ちました。

 

親子揃って謎の死を遂げた、と言われているブランドン・リーの死の真相をお届けします。

 

 

ブランドン・リーの死の真相

前述したように、ブランドン・リーは、撮影用の銃から発射されたダミーカートリッジという模擬弾の一部が腹部に当たったことにより死亡しました。

 

空砲用の火薬ではなく、ダミーカートリッジが発射されてしまった事故だと言われていますが、そもそもなぜ撮影用の銃に殺傷能力のある危険物が入っていたのでしょうか。

 

映画の撮影に使用されたのは「リボルバータイプ」と言われる銃で、このタイプは外から弾丸が入っているかどうか見える形状をしています。

 

 

出典:https://pixabay.com/

 

そのため、ダミーの弾を入れることで弾丸を見せる必要があり、ダミーカートリッジが入っていました。

 

ダミーカートリッジは見た目は本物の弾丸と同じですが、火薬が抜いてあるため、実際に撃つことはできません。

 

そのため、銃を撃つリアリティを出すためには、火花や音などを出すために火薬だけが詰まった空砲用の弾丸が必要です。

 

この空砲用の火薬弾だけを撃ったつもりが、スタッフのミスで次に撃つシリンダーの中にダミーの弾の一部が残っており、空砲用の火薬の圧力で発射されてしまったのが事故の真相です。

 

 

ブランドン・リーは事故か暗殺か

 

説明した通り、ブランドン・リーの死は、撮影用の銃を準備したスタッフのミスによって、誤って模擬弾が発射された事であり、なぜ死に至ったのか、事実が明らかになっています。

 

つまり、ブランドン・リーの死の真相は明らかに事故死で、暗殺ではありません。

 

 

父親ブルース・リーには暗殺説が多数

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す