台湾の映画!青春・恋愛おすすめランキングTOP15【最新版人気】

はじめに

多くの映画がレンタルビデオ屋さんには並んでいますが、台湾の映画も日本でかなり人気があるのをご存知でしょうか。

 

今回は青春・恋愛系のおすすめ台湾映画15作品を人気ランキング形式でご紹介していきます。

 

台湾の映画!青春・恋愛系おすすめランキングTOP15

 

15位:台北ストーリー

 

出典:http://www.eurospace.co.jp/

 

公開年月:1985年

キャスト:ツァイ・チン、ホウ・シャオシェン

 

昔からの幼馴染同士のカップルを描いた作品がこちら。仕事のうまくいかない男性と、アメリカで再起をかけようとする女性の2人の思いが交錯する様子を静かに描いているのが特徴的です。この映画では、日本でも有名なヨーヨー・マーが音楽を担当していることもあり、キレイで心に響くバックミュージックの中、物語がすすんでいくのも一つの見どころといえるでしょう。

 

 

 

14位:悲情城市

 

出典:http://www.cheapculturetokyo.com/

 

公開年月:1989年

キャスト:トニー・レオン、シン・シューフェン、リー・ティエンルー、チェン・ソンヨン、カオ・ジエ

 

台湾の日本統治の歴史と、そこから台北の発展までを描いた映画がこちらです。玉音放送による終戦の知らせをはじめに、それぞれの家族メンバーが苦労して生活をしていく様子を見ることができる。闇市、アヘン、思想弾圧といったその当時はやった出来事もリアルに描かれており、歴史を感じるとともに、現代の台湾の背景を知ることのできる貴重な作品といえるでしょう。

 

 

 

13位:ヤンヤン 夏の想い出

 

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

 

公開年月:2000年

キャスト:ジョナサン・チャン、ケリー・リー、イッセー尾形、ウー・ニェンツェン、エイレン・チン

 

さまざまな日常の出来事を体験する家族模様を俯瞰の目線で表現しているのがこちらの作品です。ヤンヤンと呼ばれる少年が、家出していく母親、元恋人と再会した父親、恋煩いな姉といった家族メンバーそれぞれを冷静に見つめる様子がとても面白いつくりとなっています。一緒にいる中で、絶妙に互いが影響しあい、知っているようでお互いを理解していない家族という不思議な存在を浮き彫りにした作品といえそうです。

 

 

 

12位:ジョニーは行方不明

 

出典:http://realtokyocinema.hatenadiary.com/

 

公開年月:2017年

 

近代化が進む中、集合団地で暮らす人々の孤独を描いた作品がこちらです。主人公の一人暮らしをする女性のもとにジョニーという人物に向けた間違い電話が幾度もかかってくるところから物語は始まり、その他の車で生活をする男性や、人に溶け込めない男性などとの思わぬ交錯を経て、物語が進んでいきます。非常に日本人の心情に近いものを感じる映画であり、複雑な人間心理を描いていることでも有名です。

 

 

 

11位:恋恋風塵

 

出典:https://eiga.com/

 

公開年月:1987年

キャスト:ワン・ジンウェン、シン・シューフェン、リー・ティエンルー

 

幼いころからいつも一緒であった一人の男性と女性の物語。兵役により余儀なく離ればなれの生活となる中、残された女性は毎日男性への手紙を書き続けます。そんな純粋で愛情たっぷりの恋愛模様と、その関係の変化、そして失恋をはかなく描いた作品です。運命はうまく回らないというのを痛感させられるとともに、恋愛という不思議な感情の変化、そして長く育んできた関係の変化に翻弄される主人公の男性が見どころです。

 

 

 

10位:セデック・バレ

 

出典:http://www.u-picc.com/

 

公開年月:2011年

キャスト:リン・チンタイ、マー・ジーシアン

 

台湾で暮らすセデック族の生活と戦争による物語がこちら。戦争によって文明的な生活を強制されることになった首狩りや狩猟を営んでいたセデック族は、内部圧力が高まり、ついに統治していた日本人を惨殺し、抗日暴動・霧社事件へと発展していく。実際に起きた事件をもとにして作られた映画であるだけに歴史的な価値も高く、また民族の理解もすすむ良作である。

 

 

 

9位:花蓮の夏

1 / 3

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す