秋信守

秋信守(チュシンス)の年俸や成績・嫁や子供・松井秀喜やイチローとの関係まとめ

はじめに

メジャーリーグで外野手として活躍する韓国出身の野球選手・秋信守さんですが、松井秀喜さんやイチローさんとの関係が話題です。

 

今回は秋信守さんの成績や年俸、嫁や子供、松井秀喜さんやイチローさんとの関係を紹介します。

秋信守のプロフィール 

 

韓国史上最高の野球選手

 

秋信守さんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

国籍: 大韓民国
出身地: 釜山広域市
生年月日: 1982年7月13日
身長: 約180.3 cm
体重: 約95.3 kg

 

選手情報
投球・打席: 左投左打
ポジション: 外野手
プロ入り: 2000年 アマチュアFA
初出場: 2005年4月21日
年俸: $21,000,000(2019年)

 

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
・釜山高等学校
・シアトル・マリナーズ (2005 – 2006)
・クリーブランド・インディアンス (2006 – 2012)
・シンシナティ・レッズ (2013)
・テキサス・レンジャーズ (2014 – )

 

引用:Wikipedia – 秋信守

 

秋信守(チュ・シンス)さんは、韓国の釜山広域市出身のプロ野球選手です。
 
ポジションは主にライトを守っていますが、アジア出身でポジションが同じということから海外ではよくイチローさんと比較されることが多いようです。
 
秋信守さんのプレイヤーとしての特徴をまとめると、選球眼が良く、強肩であり、出塁率が高い俊足の好打者と言うことができるでしょう。
 
愛称は「トッキ1」で、秋信守さんが2013年にシンシナティ・レッズに在籍していた時のチームメートだったジョーイ・ボットさんが名付け親です。
 
韓国語でウサギを意味する「トッキ」に1を加え、ジョーイ・ボットさんは「トッキ2」の愛称で呼ばれています。
 

 

秋信守の経歴 

 

学生時代は「野球の神様」と呼ばれた

 
秋信守さんは、2018年に韓国人として初のMLBオールスターゲームに選出された素晴らしい選手です。ここからは簡単に秋信守さんの経歴を紹介していきましょう。
 
秋信守さんの母方の叔父である朴正泰さんが、韓国プロ野球球団「ロッテ・ジャイアンツ」の正二塁手を務めた野球選手だったことから、その影響で7歳の頃から野球を始めました。
 
高校時代には韓国史上最高の高校生プレイヤーとして注目を浴びた秋信守さんは、あまりにも同級生らとはかけ離れた存在だったことから「野球の神様」と呼ばれていました。
 
秋信守さんは高校卒業後に、叔父のいたチームでもあるロッテ・ジャイアンツからドラフト1位で指名を受けましたが、それを退け、アメリカのメジャーリーグに進むことを表明しました。
 
メジャーに進む決意をした理由として秋信守さんは、「もっと大きな国で、もっとすごい選手の中でプレイすることを夢見ていました」と語っていました。
 
その後、秋信守さんはシアトル・マリナーズのマイナーに所属し、メジャー昇格を果たします。
 
しかし、成績が振るわなかったことや、チームメイトだったイチローさんとポジションが被ることから、2006年7月にトレードでクリーブランド・インディアンズに移籍しました。
 
2012年オフシーズンの12月11日に、秋信守さんは合計9選手が動く三角トレードにおいてシンシナティ・レッズに移籍。
 
2013年12月27日には、7年間で総額1億3000万ドルの契約金でテキサス・レンジャーズに移籍し現在までに至ります。

 

 

秋信守の年俸とは?

 

2019年度の年俸は2100万ドル

 

秋信守さんの2019年度の年俸は2100万ドル(約21億円)となります。
 
そして、それ以前の年俸推移を表にまとめると以下のようになります。
 
2019年(37歳)… 2100万ドル(テキサス・レンジャーズ)
2018年(36歳)… 2000万ドル(テキサス・レンジャーズ)
2017年(35歳)… 2000万ドル(テキサス・レンジャーズ)
2016年(34歳)… 2000万ドル(テキサス・レンジャーズ)
2015年(33歳)… 1400万ドル(テキサス・レンジャーズ)
2014年(32歳)… 1400万ドル(テキサス・レンジャーズ)
2013年(31歳)… 738万ドル(シンシナティ・レッズ)
2012年(30歳)… 490万ドル(クリーブランド・インディアンス)
2011年(29歳)… 397万ドル(クリーブランド・インディアンス)
2010年(28歳)… 46万ドル(クリーブランド・インディアンス)
2009年(27歳)… 42万ドル(クリーブランド・インディアンス)
2008年(26歳)… 39万ドル(クリーブランド・インディアンス)

 

この表を見る限り、秋信守さんはわずか10年で年俸を約50倍にも伸ばしたことになります。

 

 

秋信守の成績まとめ

 

秋信守の成績は加齢に左右されない

 

秋信守さんの2005年から2018年までの成績を表で表したものが以下になります。

 

年度 打率 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 三振 OPS
2018 .264 146 560 148 30 1 21 62 6 156 .810
2017 .261 149 544 142 20 1 22 78 12 134 .780
2016 .242 48 178 43 7 0 7 17 6 46 .756
2015 .276 149 555 153 32 3 22 82 4 147 .838
2014 .242 123 455 110 19 1 13 40 3 131 .714
2013 .285 154 569 162 34 2 21 54 20 133 .885
2012 .283 155 598 169 43 2 16 67 21 150 .815
2011 .259 85 313 81 11 3 8 36 12 78 .734
2010 .300 144 550 165 31 2 22 90 22 118 .885
2009 .300 156 583 175 38 6 20 86 21 151 .883
2008 .309 94 317 98 28 3 14 66 4 78 .946
2007 .294 6 17 5 0 0 0 5 0 5 .644
2006 .280 49 157 44 12 3 3 22 5 50 .812
2005 .056 10 18 1 0 0 0 1 0 4 .246
合計 .276 1468 5414 1496 305 27 189 706 136 1381 .826

 

引用:年俸.jp – 秋信守の年俸推移・年度別成績

 

これを見る限り、秋信守さんは年齢を重ねていっても成績は非常に安定しており、体の衰えは経験でカバーしているということがうかがえます。

 

 

秋信守の美人だと話題の嫁と子供 

 

秋信守の嫁が美人だとネットで話題に

 

秋信守さんが2004年に結婚した嫁のハ・ウォンミさんが、ネット上で「美人すぎる」と話題になることが多いようです。
 
夫婦で番組で共演することもあるものの、モデルなどタレント活動していたわけでは無いようです。
 
2人は2004年のオフシーズンに韓国で知り合い、数ヶ月の交際の末にスピード結婚したと言われています。
 
ハ・ウォンミさんは20代の頃はアメリカで10代に間違えられることが多かったそうで、秋信守さんは非常に愛妻家としても知られています。
 
 
2人の間には3人の息子がおり、アラン・チュ、アビゲール・チュ、アイデン・チュと英名をつけているようです。
 
レンジャーズのチームメイトのエルビス・アンドラスさんは、秋信守さんを「彼は厳しく見えるだろうけど、本当に良い父親だ」と絶賛、さらに本当に良い子供たちだと褒めています。
 
秋信守さんは長いシーズンを家族と離れて過ごさなければならないため、「なるべく良い思い出を作りたい」と子供たちと可能な限り一緒にいる時間を作っていることを明かしています。

 

 

秋信守が松井秀喜のホームラン記録を抜いたことが話題に

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す