イチョンアの出演ドラマ一覧!身長・父や家族・整形疑惑などプロフィールも総まとめ

はじめに

韓国の美人女優と名高いイチョンアは数々のドラマに出演していますが、舞台俳優である父親とのエピソードや整形疑惑も話題です。

 

今回はイチョンアの身長などプロフィール、家族エピソード、整形疑惑、出演ドラマ一覧をまとめました。

イチョンアのプロフィール 【身長も紹介】

 

出典:https://news.joins.com/

 

名前:イ・チョンア
生年月日:1984年10月29日
出身地:韓国 京畿道安山市
血液型:A型
身長:166cm

 

 

2002年に映画「リザレクション」で女優デビューしたイチョンア。


映画やドラマで活躍し、女子高生役を演じた映画「オオカミの誘惑」で、韓国の権威ある映画賞「大鐘賞」と「黄金撮影賞」でそれぞれ新人女優賞を受賞、人気女優の仲間入りをしました。

 

女優業のみならず、「韓国障害者団体総連盟」の広報大使や、「釜山コンテンツマーケット」の広報大使にも選ばれるなど、幅広い活動で人気を集めています。

 

そんなイチョンアですが、俳優の父親など家族とのエピソード、整形疑惑に注目が集まっています。


ここでは、イチョンアの気になる話題を調査し、詳しくまとめました。また、出演ドラマ一覧、おすすめドラマ作品も紹介します。

 

 

イチョンアの父親との家族エピソード

 

出典:https://www.naver.com/

 

イチョンアの父親は、有名な舞台俳優のイ・スンチョルです。

 

イチョンアは幼い頃から父親に連れられて劇団に遊びに行き、劇団の大人たちに遊んでもらったり、舞台に出演している父親を見るために楽屋を抜け出して客席に行ったりしていたそう。

 

そのため、物心ついた頃から父親の影響で演劇・芝居に触れて育ちました。

 

そんなイチョンアが芸能や演技の世界に興味を持つのは自然な流れですが、娘の芸能界デビューを父親は当初反対していたといいます。

 

自身がその世界にいるからこそ、成功が約束されているわけでも安定の道でもない芸能界に愛する娘が行くことは、父親ならば心配して当然かもしれません。

 

父親に反対されたものの。女優デビューして成功を掴んだイチョンアは、デビュー14年目にして初めて演劇の舞台に立ちました。

 

これまで映画やドラマなど、映像の世界で演技をしてきたイチョンアの舞台初挑戦。


デビューから時間が経っての挑戦となったのは、やはり父親の影響が大きかったようです。

 

イチョンアは、父が専門とする舞台で中途半端な芝居をすれば、父親の顔に泥を塗ることになる…それが怖くて今までチャレンジできなかったと語っています。

 

しかし、ドラマや映画で着実にキャリアを積んできたイチョンアは、ついに舞台出演を決意。

 

所作や動線など映像作品とは勝手が違う舞台でも、役者として挑戦したいという熱意を父ならわかってくれると信じ、板の上に立つことを選びました。

 

熱い決意を持って挑んだ初舞台ですが、父親は記念すべき初日ではなく、2日目に観劇に訪れたようです。

 

その理由は、長年舞台で活躍してきた役者ならではの「舞台は2日目にミスがある」というジンクスのもと、父親としてより舞台俳優の先輩として作品を観るために2日目を選んだそうです。

 

公演が終わった後、テレビと舞台では体の使い方が違うことから、父親は自身の経験を活かして娘に舞台上での立ち振る舞い、視線の使い方などを助言し、心強い味方になってくれました。

 

常に観客から一挙手一投足が見られている舞台では、芝居にごまかしがききません。

 

父親が舞台の大先輩というプレッシャーも重なり、大変な思いで舞台に立ったイチョンアですが、当初反対した父親がアドバイスしてくれ、とても心強かったのではないでしょうか。

 

 

父親も今では娘の芸能活動を心から応援しているようで、イチョンアが明かした父親とのエピソードが注目を集めました。

 

イチョンアによると、娘の生活が見れたら面白いかもと思い、自身のSNSアカウントを父親に教えたところ、父親から「いいね」が来るようになり、さらにコメントも届くようになったそう。

 

それだけなら仲の良い親子で終わるところですが、イチョンアの父親はなんと娘のファンたちのアカウントにまでコメントを残すようになりました。

 

イチョンアはこれを知り、恥ずかしがって止めてもらったようです。

 

ですが、娘のファンともコミュニケーションを図ろうとする父親の姿は、娘を応援しているのが伝わる微笑ましいエピソードとして話題になりました。

 

 

イチョンアの整形疑惑と真相

 

出典:http://news.jtbc.joins.com/

 

美人女優と名高いイチョンアには、実は整形疑惑があります。

 

特にイチョンアがブレイクするきっかけとなった2004年の映画「オオカミの誘惑」当時と現在の顔に変化が見られ、整形の噂が浮上しました。

 

 

出典:https://movies.yahoo.co.jp/

 

自身の整形疑惑について、イチョンアは整形はしていないと否定しています。

 

映画「オオカミの誘惑」当時からの顔の変化は、「監督から幼い印象を出すよう指示され、眉毛を伸ばして眉山をカットしていた。眉毛が変われば目の印象も変わる」との発言をしています。

 

イチョンア自身は整形を否定していますが、整形を疑う人達からは眉毛の変化だけでなく、顔の輪郭がシャープになり、目も鼻も変わったという意見が上がっています。

 

 

確かに、2004年と現在を比べれば顔の変化は否めませんが、メイクの変化や加齢によって顔立ちが変化することはあるでしょう。


10年以上が経とうとする今、イチョンアも20歳からアラフォーとなり、顔に変化が現れるのは自然なことです。

 

整形の真偽はわからないものの、イチョンアが整形を否定しているのは事実です。

 

 

イチョンアの出演ドラマ一覧

 

出典:http://www.entermedia.co.kr/

 

数多くのドラマ作品に出演し、持ち前の演技力で視聴者の心を掴んでいるイチョンア。


ここでは、イチョンアがこれまでに出演したドラマ作品の一覧をまとめました。


最後におすすめの作品の詳細も記載するので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

・2005年「サマービーチ〜海辺へ行こう〜」ユン・ソラ役
・2006年「マイ・ウェイ〜これが私達の生きる道」パク・ダスル役
・2008年「新・別巡検2〜最期の導き〜」ハン・ダギョン役
・2009年「アクシデントカップル〜ただ見守っていて〜」ク・ミンジ役
・2009年「みんなでチャチャチャ」ハン・スヒョン役
・2010年「かぼちゃの花の純情」パク・スンジョン役
・2011年「美男〈イケメン〉ラーメン店」ヤン・ウンビ役
・2013年「ワンダフルママ」オ・ダジョン役
・2013年「恋愛操作団:シラノ」ソル・ユジン役
・2014年「スニーカーを履いた新婦」パク・ポギョン役
・2014年「ナイショの恋していいですか!?」カメオ出演
・2015年「イケメン・ライダーズ~ソウルを駆ける恋」ユン・ソダム役
・2016年「ヴァンパイア探偵」ヨナ役
・2016年「運勢ロマンス」ハン・ソリ役
・2017年「この恋は初めてだから」コン・ジョンミン役
・2017年「会社を辞める最高の瞬間」イム・ソニ役
・2018年「甘辛オフィス」ト・ウンス役
・2019年「美しい世界」カン・ジュナ役
・2019年「VIP」イ・ヒョナ役

 

 

おすすめドラマ「甘辛オフィス」

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す