チョンミソンの自殺の原因!遺書は?夫や子供なども総まとめ

はじめに

韓国の人気演技派女優のチョンミソンさんはドラマや映画に欠かせない存在でしたが、2019年6月29日に自殺し悲しみが広がっています。

 

今回はチョン・ミソンさんのプロフィール、夫や子供、自殺の原因や遺書の有無も紹介します。

 

チョンミソンのプロフィール

 

出典:https://enjoymarimokkori.com/

 

本名:チョン・ミソン

生年月日:1970年12月7日

没年月日:2019年6月29日

出身地:韓国

血液型:A型

趣味:料理

主な作品:太陽を抱いた月、雲が描いた月明り、執行者、怪しい隣人たち

 

 

チョン・ミソンさんは、韓国の女優です。

 

デビュー前のチョン・ミソンさんは、アンヤン芸術高校1年の時に演技学院に遊びに行ったことをきっかけとして、演技者の代役でKBSドラマ「浜辺の村」に出演をしたと言われています。

 

また基本的には、台本が最後まで出来ている作品を選んで出演している傾向にあると言われていました。これは、ストーリーの流れを頭に入れて、演技に臨むためと言われています。

 

 

出典:https://miwastyle42.com/

 

1989年、「土地」というテレビドラマに出演をしたことをきっかけに、本格的に女優デビューを果たしました。

 

「ファン・ジニ」では、盲目である妓生ヒョングム役を演じきり、KBS演技大賞にて助演女優賞に輝きました。

 

 

1990年代後半に体調を崩して活動にブレーキがかかったものの、2010年以降、「製パン王キム・タック」「太陽を抱く月」「雲が描いた月明かり」などの人気作品に立て続けに出演。

 

見事、この業界へ復活を果たしました。

 

そして、人気シリーズである「応答せよ1988」では、ボラの成人後に扮したことにより、話題を呼びました。

 

このように、韓国で人気の演技派女優として有名だったチョン・ミソンさんですが、2019年6月29日に亡くなっているのが発見されています。

 

 

 

性格は?

 

出典:http://www.bihann.com/

 

そんなチョン・ミソンさんの性格ですが、チョン・ミソンさんが世間から持たれているイメージと実際の性格にはかなりの違いがあると言われていました。

 

親しくなればなるほど言葉が出てくる性格なのに、親しくなるまでの時間が本当に長いとチョン・ミソンさん自身は話していました。

 

 

しかしながら、ドラマ「一抹の純情」の出演を通じて、性格が少しずつ変わってきたとも言われています。

 

チョン・ミソンさんは、序盤は共演者に近付けなかったようですが、それほど相手を知らないまま、ご飯やお酒を飲みに一緒に行くようになり、どんどん勇気を得られたと語っています。

 

また、「昔は先輩と接することが大変だったけれど、今は年配の方と接する方が気楽」だと述べています。

 

理由として、「後輩といると私から先に何かをしなければならないですが、先輩といると私が一番年下ですから、質問をすると教えてくださりますし、演技もすべて受け入れてくれるので、いいですね」などと言っています。

 

 

チョン・ミソンの夫とは

 

夫パク・サンフンについて

 

出典:https://i1.wp.com/

 

チョン・ミソンは、2006年12月1日に映画撮影監督として活動をしているパク・サンフンさんと結婚式を挙げたことで知られています。

 

その際、夫であるパク・サンフンさんと初めてのキスを公開しました。

 

 

そして2006年12月6日には、SBSの「キム・スンヒョン、チョン・ウナの良い朝」にチョン・ミソンさんが出演しています。

 

その際、サンフンさんと交際一週間目でこの人だ!と、インスピレーションを抱いたなどと、自身のラブストーリーを告白したことでも知られています。

 

 

また、それに続けてチョン・ミソンさんは、それから数日後に、酔っ払った状態で夫と初キスをしたそうですが、初キスを夫は覚えていなかったとのこと。

 

「夫は私と違って、お酒を少し飲んだだけでも、記憶を忘れてしまいますから」と、初キスにまつわるエピソードなども明らかにしています。

 

さらに、「チョン・ミソンさんは、夫が私を奥様と呼ぶのですが、互いに忙しくて会う時間があまりないので、呼び方だけでもそのようにしたいそうなんです」と付け加えたそうです。

 

 

 

チョン・ミソンの子供とは

 

出典:http://static.kstyle.com/

 

チョン・ミソンさんは、夫であった映画監督のパク・サンフンさんとの間に1人の男の子をもうけています。

 

子供の詳しい年齢などはハッキリとは分かりませんが、パク・サンフンさんとの結婚が2006年ということから、まだまだ子供は学生なのではないのでしょうか。

 

 

このような若い時期にお母さんを亡くしてしまい、かなりショックは大きいはずです。

 

チョン・ミソンさんもパク・サンフンさんも、結婚した時すでにそこまで若い年齢ではなく、息子を大変かわいがって育てていたようで、より一層ショックは大きいのではないのでしょうか。

 

 

チョン・ミソンさんの自殺の原因とは

1 / 2

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す