ブルースリーの死因は脳浮腫!嫁や息子・愛人・家の行方・死にまつわる噂も総まとめ

はじめに

日本はもちろん世界的に有名なカンフー俳優で、ダントツの人気を誇るブルースリーさんですが、未だに死因について様々な噂が飛び交っています。

 

今回はブルースリーさんの嫁や息子など家族、謎めいた死因と真相をまとめてみました。

 

ブルースリーのプロフィール

 

出典:https://rr.img.naver.jp/

 

氏名:ブルースリー(李小龍:Lǐ Xiǎolóng)

生年月日:1940年11月27日

享年:1973 年7月20日

職業:俳優、舞踏家、脚本家、映画プロデューサー

 

 

ブルースリーさんは、香港で活躍していた中国武術家であり、俳優です。

 

中国人の役者の父親と、コーカソイド中国人ハーフの母との間に、なんとアメリカ合衆国で生まれました。

 

ブルースリーさんは元々中国や上海に住んでいた、と思っている人も多いのではないでしょうか。実は、国籍はアメリカだったんです。

 

その後、当時はまだイギリス領だった香港に引っ越しをし、そこで生活を始めます。

 

当時はまだまだ戦時中で厳しい状況でしたが、大戦終了後には子役として映画に出演をし始めます。

 

この後から、彼の武術の起点となる少林拳の指導を受け、節拳や詠春拳などの武術をたしなむようになります。

 

当時からその腕前はかなりのものであり、非常に卓越した技量のある子役だと認知されていたようです。

 

 

出典:http://blog-imgs-91.fc2.com/

 

元々裕福な家庭だったため、特に苦労することなく映画の出演、好きな武術への傾倒をみせていたブルースリーさんでしたが、役者で生計を立てていた彼の父親はそれを許しませんでした。

 

「俳優の不良息子」として名高かった香港から、無理矢理引き離します。そして、彼はたった100ドル札のみで、単身アメリカの大地へと降り立つのです。

 

アメリカは生まれ故郷とはいえ、物心ついたときには香港に居たため、異国の地と言っても過言ではありません。

 

そんななんのサポートもない状況で、独り放り出されたブルースリーさんが、その後成功を収めると思うと、やはり何か特別なものを持っていたのでは、とどうしても思ってしまいますよね。

 

彼は、アメリカで職業訓練学校に通いながら大学進学を果たし、その時に結婚をしています。

 

ただ、持ち前の彼の武術の腕前はとどまるところを知らず、自らジークンドーの流派を立ち上げるに至ります。

 

 

出典:https://hips.hearstapps.com/

 

ここまでは俳優というよりは武闘家として生きてきたブルースリーさんですが、彼の演武のフィルムを見た関係者によって見事ハリウッドにスカウトされ、ようやく俳優人生を歩み始めます。

 

『ドラゴン怒りの鉄拳』や『死亡遊戯』など、当時の最先端技術をもってしても彼の動きをとらえられず、やむなくスロー再生で映画にしたという人間離れした逸話はあまりにも有名ですね。

 

 

そんな人気絶頂の彼でしたが、終わりは突然に訪れます。

 

共演予定の女優の部屋で腹痛を訴えたブルースリーさんは、アスピリンを服用後に昏睡状態となり、その後あっという間に帰らぬ人となってしまいました。

 

非常に激動の人生を生きたブルースリーさんの死因は、今なお多くの審議にかけられており、真実は未だに判っていません。

 

 

 

ブルースリーの嫁とは

 

出典:https://bujutsu-hakusyo.com/

 

超人と呼ばれたブルースリーさんが結婚している事実は、意外と多くの人に知れ渡っています。

 

ブルースリーさんの結婚は、2度目にアメリカの地を踏んでから彼が大学進学を果たした後、そこで芽生えたロマンスが成就したものでした。

 

彼の結婚相手はリンダ・エメリーさんという女性であり、当時ワシントン大学にブルースリーさんが在学しているときの同級生とのことです。

 

当時、彼女はワシントン大学の医学生という超有望な肩書であり、謎の多く無駄に強い東洋人との結婚として、大変有名となりました。

 

その後ブルースリーさんは、若くして帰らぬ人となってしまい、結果的にリンダ・エメリーさんも若くして未亡人となってしまいました。

 

ちなみに、現在もなおリンダ・エメリーさんは存命です。ブルースリーさんの特集などでは、彼のパーソナリティーについて語る姿を目にすることがあります。

 

 

愛人がいた!?

 

出典:http://japanese.china.org.cn/

 

奥さんについてはこれでおしまいですが、それだけでは終わらないのがブルースリーさんです。

 

どうやらブルースリーさんには、愛人と呼ぶべき存在がいたことが分かっています。

 

一番有名なお相手が、女優の苗可秀(ノラ・ミャオ)さんです。

 

彼女は、幼い頃から彼と映画で共演しており、他の女優さんの中でも、共演率が最も高いことで知られていました。

 

非常に可憐な雰囲気が印象的であり、黒髪に黒い目という姿が、同じく生粋の東洋人であるブルースリーさんとかなりマッチしていますね。

 

 

次に有名なのが、丁珮(ペティ・ティン・ペイ)さんです。

 

彼女は、映画『死亡遊戯』で共演予定であったヒロインであり、プライベートでも親密な仲であったと言われています。

 

何より、ブルースリーさんが命を落とした現場が彼女の自宅だったことから、映画を超えた親密な関係だった可能性が高いでしょう。

 

彼女は、大変気の強そうな目力のある女性であり、クールビューティーという言葉がよく似合う女優さんと言えそうですね。

 

 

 

ブルースリーの息子とは

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

ブルースリーさんには息子さんがおり、名前はブランドン・リーさんといいます。彼はブルースリーさんと妻のリンダ・エメリーさんの間に生まれた1人っ子です。

 

彼自身も父親から直接武術の指南を受けており、香港で暮らしていました。

 

しかし、父親の若すぎる死を経験してからは、アメリカに渡り、父親と同じようにハリウッド俳優を目指すようになります。

 

実際、ブルースリーさんに指南を受けた武術の腕前は群を抜いており、その才能を遺憾なく発揮して、彼もまたカンフー映画の俳優として生計を立てるようになります。

 

しかし、これから活動を多忙にしていくその最中、彼に不幸が起こります。

 

 

映画撮影中の悲劇

 

出典:https://www.cinematoday.jp/

 

彼としては最後となる映画撮影の際、映画用の空砲を受けるシーンで、なぜか模擬弾が入っており、それが腹部に命中してしまいます。

 

彼はすぐに病院に運ばれましたが、結果として帰らぬ人となってしまいました。

 

この時ブランドン・リーさんは、なんと享年28歳であり、父親の若すぎる死と重なって、世界中の人々が驚きと悲しみに暮れました。

 

このように、立て続けにブルースリーさんとその息子が若くして死亡していることで、本当は国家レベルで狙われていたとか、特殊な役回りを担っていたのでは、と疑う人も多くいます。

 

 

 

ブルースリーの家と死後エピソード

 

出典:https://stat.ameba.jp/

 

ブルースリーさんの家は、さまざまな場所に存在します。

 

大スターであり、国外への移動も多い上、家族と住んでいた時、アメリカに渡った後など、さまざまな人生の岐路でも家を変更していますから、その数は4ヵ所に上ります。

 

その中でも最も有名なのが、九龍塘と呼ばれる場所に存在する豪邸です。

 

この豪邸では、ブルースリーさんは、妻のリンダエメリーさんと、息子のブランドンリーさんと一緒に生活をした、彼にまつわる建造物の中で最も有名なものです。

 

しかし、その有名になるきっかけは、大変酷いものでした。

 

 

有名になった理由は 

 

出典:http://kakutei.cside.com/

 

ブルースリーさんの没後、この邸宅は競売に賭けられたり、右隣りを幼稚園、邸宅をホテルとして実際に営業していたそうです。

 

また、この邸宅が建造された当時は、大変高価な立地だった九龍塘ですが、現在はラブホテル街化しているそうで、邸宅もラブホテルとして営業されていたというのですから、驚きですね。

 

 

2019年7月頃になると、建物の老朽化による取り壊しが決定されかけました。

 

しかし、ブルースリーの大切な家ということで、取り壊し反対運動が起こり、ファンクラブが香港政府に訴えるなどの騒ぎに発展していったのです。

 

最終的にその活動の成果もあってか、ブルースリーを称える数々の物品や環境を展示した博物館となっており、一時期荒廃していたこの土地や建物もきれいに整備されました。

 

もちろん、現在はラブホテルとして営業していないので、遊びに行っても泊まれませんが、幾多行われた愛の営みとともに、ブルースリーさんの偉業を感じることはできそうですね。

 

 

 

ブルースリーの死因とは【公式発表と噂される説を紹介】

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す