ミスコリアが同じ顔の整形美人で溢れた理由!韓国美女の雛形を作った人物とは

はじめに

韓国紙「韓国日報」主催で1957年から毎年開催されている、その年の美人No.1を決める大会「ミスコリア」。

 

「ミスコリア 2016」の結果が「同じ顔」と話題になっていますが、その理由と出場者の整形について詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

「ミス・コリア」の概要や同じ顔の整形美人で溢れた理由

「ミス・コリア」の概要について

「ミス・ユニバース」「ミス・ワールド」などの切符となる「ミス・コリア」

「ミス・コリア」の上位入賞者は世界で行われる「ミス・ユニバース」や「ミス・ワールド」などの世界大会への切符を手にすることになり、韓国代表の美人として出場します。

 

「ミス・コリア」の最終候補者に残るためには各地で行われる大会で優勝や準優勝を収める必要があり、韓国では毎年世間とメディアが注目を集める大会になっています。

 

韓国式の金・銀・銅である「眞(真)、善、美」のタイトルを各地の大会から勝ち上がってきた最終候補者で争います。

 

このタイトルの由来は、儒教の国である韓国では人が優劣なく追求すべき理想目標として「学問・道徳・芸術」の三つを掲げており、これらの意味を持つ一文字から付けられています。

 

そして、各タイトルには”眞(真)”が1名、”善”が2名、”美”に4名が選ばれます。

 

元々「ミス・コリア」は韓国の文化放送やKBSで放送されていましたが、審査員の買収問題や出場者の整形疑惑などが度々噴出したことから2002年からは地上波放送をされなくなりました。

 

 

1988年に「ミス・ワールド」「ミス・ユニバース」準優勝を獲得したチャン・ユンジョン

チャン・ユンジャンさんは現在韓国芸能界で女性司会者として活躍していますが、「ミス・コリア」優勝者であり「ミス・ユニバース台北大会」で準優勝をしています。整形美人ではなくナチュラルな美貌で勝ち取っており、「ミス・コリア」の歴史で最高の評価を得ています。

 

2007年にはモデルのイ・ハニさんが「ミス・ユニバース」で4位入賞を果たしていますが、まだ「ミス・コリア」出身者で世界大会を制覇した人はいません。

 

そして、近年は候補者のほとんどが”整形美女”であり、歴史も何もない見るも無残な大会になってしまっているようです。

 

ちなみに、「ミス・日本」からの出場者は、「ミス・ワールド」優勝者はまだ出ていませんが、「ミス・ユニバース」では1998年に優勝した奥村ナナさんを始め20人以上います。

 

 

「ミス・コリア 2016」で「全員同じ顔に見える」と話題に

「形成外科の博覧会」「整形外科の技術コンテスト」と呼ばれる「ミス・コリア」

美容整形大国となった現代の韓国では「ミス・コリア」に出場するほとんどの人が整形済みであり、2016年の大会では「みんな同じ顔に見える」と世界で報じられ話題になりました。

 

上の画像は美容整形の参考一覧のようにも見えますが、「ミス・コリア 2016」はこの最終候補者34名で争われました。

 

毎年韓国で開催されている伝統的なミスコンテスト、ミス・コリア2016の結果が8日、発表された。しかし、誰が優勝したかというより、日本のネットユーザーの間では、候補者34人が「全員同じ顔に見える」というのが大きな話題になっている。ネットユーザーからは、「みんな全く同じ顔。同じ金型だな」「多重影分身の術だろう」などの声が寄せられている。中国紙・参考消息が伝えた。

 

引用:ライブドアニュース – ミス・コリア候補者34人の顔が同じと日本のネットで話題

 

「ミス・コリア 2016」の公式フェイスブックに投稿された画像では、候補者全員が同じ服を着ており、その中には「三つ子!?」と思わせるような完全に顔が同じ候補者もおり衝撃を与えていました。

 

 

違うのは身長だけかと疑いたくなる同じ顔ぶり

「ミス・コリア 2016」最終候補者の顔立ちは同じ形の大きな目に尖った顎、同じ髪型でまるで個性が無く、「整形している人は選考外にした方がいい」という声が多く挙がっていたようです。

 

しかし、「ミス・コリア」の出場条件は以下のもので、現在までに整形美人を締め出す動きは無いようです。

 

出場条件は、「18歳から28歳までの徳育・知育・体育のすべての面で発展している韓国人女性で、職業の有無に関わらず、淫猥行為業務に従事しない未婚女性」。

 

引用:Japanese.CHINA.ORG – ミス・コリア 同じ顔ばかりで見分けがつかない?

 

2007年にはモデルのイ・ハニさんが「ミス・ユニバース」で4位入賞を果たしていますが、まだ「ミス・コリア」出身者で世界大会を制覇した人はいません。

 

そして、近年は候補者のほとんどが”整形美女”であり、歴史も何もない見るも無残な大会になってしまっているようです。

 

ちなみに、「ミス・日本」からの出場者は、「ミス・ワールド」優勝者はまだ出ていませんが、「ミス・ユニバース」では1998年に優勝した奥村ナナさんを始め20人以上います。

 

 

「ミス・コリア 2016」グランプリはナチュラル美人?

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す