韓国DREAMCATCHERの人気曲TOP12&アルバムおすすめTOP4【動画付き・2020最新版】

はじめに

韓国のDreamcatcher(ドリームキャッチャー)はもともとMINXというグループから改変して編成されたグループで、2017年に再デビューしたグループです。

 

ここでは、そんなDreamcatcherの人気曲TOP12やアルバムTOP4のランキングを紹介します。

 

Dreamcatcher(ドリームキャッチャー)人気曲TOP12

 

TOP12:目を覚ます

 

 

発売時期:2017年

 

Dreamcatcherの中でも疾走感のある楽曲となっていて、心の底からグツグツと勇気が沸き立ってくるような楽曲がこちらです。この楽曲は魅力も大きいですので、ぜひ多くの人に聞いてもらいたいですね。ただ、MVが作成されていないということもあって、アルバムを購入するしか、聞けるチャンスがないというのは少し残念です。とても良い曲なのでぜひ!

 

 

 

TOP11:子守唄

 

 

発売時期:2017年

 

Dreamcatcherにとって数少ないアルバムの中でも、ファンから安定して人気がある曲と言えば、こちらの曲となっています。メロディアスな曲となっており、自然と口ずさんでします曲ですね。ただかっこいいだけではなく、かわいいとも言えるようなサウンドとなっています。こちらもアルバムに収録されているので、気になる方はぜひ聞いてみてもらいたいです!

 

 

 

TOP10:マイ・トイ

 

 

発売時期:2017年

 

Dreamcatcherの良さがギュッと詰め込まれた楽曲と言えるのが、こちらだと思います。クールビューティーな印象も強いDreamcatcherは、ムードのある曲も多いです。その中でも、この曲はよりムードがあって良いですね。メンバーの色気を音で感じることができる曲とも言えるかもしれません。興味がある方はこちらもぜひ聞いてもらいたいです。Dreamcatcherの良さを感じられますよ。

 

 

 

TOP9:感情

 

 

発売時期:2017年

 

こちらの曲もファンの間では人気の高い曲となっていますね。Dreamcatcherのテーマ性をより盛り込んだ曲に仕上がっていると思います。ライブとかでもこの曲を演奏すれば盛り上がることは間違いないでしょうね。残念ながら筆者はライブに参戦したことはありませんが、音源だけでも十分楽しめる曲となっていると思います。いつかライブにも参戦してみたいですね。

 

 

 

TOP8:何

 

 

発売時期:2018年

 

Dreamcatcherらしさと言えば、この曲に詰まっていると言えるかもしれません。曲調が心地よくもかっこいいサウンドなので、ついついリピートして聞いてしまいます。ファンの中でもこの曲がヘビーローテーションしているという人も多いかもしれません。事実、筆者もこの曲が頭から離れなくなり、寝る前にDreamcatcherのサウンドに頭を蹂躙されてしまったくらいです!笑

 

 

 

TOP7:なぜ私の家に来たのですか?

 

 

発売時期:2014年

 

Dreamcatcher初期の人気曲と言えば、こちらの曲ですね。曲自体はデビューした初期のものなのですが、完成度が他の曲に比べても高いと思います。まだまだDreamcatcherの知名度が低い時期の曲であるにも関わらず、その人気は高いです。近年の曲に比べても引けを取らない魅力が詰まっている曲だと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

TOP6:満月

 

 

発売時期:2018年

 

Dreamcatcherの中でも比較的新しい楽曲がこちらです。満月というタイトルということもあって、Dreamcatcherのテーマ性もより盛り込んだ曲と言えるでしょうね。夜の雰囲気にマッチする曲となっていて、自然と聞いてしまっている自分がいます。筆者はすっかりDreamcatcherに心臓をキャッチされているのですが、この曲からファンがもっと増えると良いなと思っていますよ。

 

 

 

 

TOP5:あなたと私

 

 

発売時期:2018年

 

Dreamcatcherの曲の中で人気を集めている曲と言えば、近年発表されたこちらの曲ですね。曲名にもあるように、「あなたと私」とテーマにした曲となっています。Dreamcatcherはそれぞれの曲ごとにテーマがあるので、じっくりと聞いてみると歌詞の意味もわかってきて、より楽しめるようになってくるんですよね。近年進化しているDreamcatcherを感じたいのならこの曲で間違いないです。

 

 

 

TOP4:ラブシェイク

 

 

発売時期:2015年

 

比較的初期の頃のDreamcatcherが発表した曲がこちらです。音楽としての楽しみが詰まっていて、どことなく洋楽のサウンドを盛り込んだ曲と言えます。日本や韓国では独自に発展してきた音楽がありますが、それらを上手に使いながらも、上手に洋楽のテイストを盛り込んで、新しいサウンド作りに挑戦している曲とも言えるのではないでしょうか。

 

 

 

TOP3:高く飛ぶ

 

 

発売時期:2017

 

疾走感で言えばこちらの曲は外せません。Dreamcatcherの中でも、相当高い人気を誇っているのではないでしょうか。こちらの曲は聞いているだけで走り出したくなりますね。筆者もメタボなボディをいじめるために毎日走っているのですが、Dreamcatcherのこの曲はいつも後押ししてくれます。単純に曲としての魅力も大きいので、ぜひ聞いてみてほしいです。

 

 

 

TOP2:良い夜

 

 

発売時期:2017年

 

Dreamcatcherはテーマ性がある曲も多いと言いましたが、特にこの曲も魅力は大きいです。夜に聞ける曲も多いDreamcatcherですが、その中でもおすすめなのがこちらの曲となっています。ムードがあるのはもちろんですが、シンプルにかっこいいんですよね。さすがは韓国でアニソンに定評のあるDreamcatcherです。

 

 

 

TOP1:チェイス・ミー

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す