チョンジュンヨンのカカオトーク逮捕事件や彼女!被害者の元カノの反応も紹介

はじめに

チョンジュンヨンさんは盗撮動画をカカオトークで流布した疑いで逮捕され、元カノの反応や過去の彼女も話題です。

 

今回はチョンジュンヨンさんのカカオトークでの逮捕事件の経緯や被害者の元カノの反応、噂の彼女3人を紹介します。

チョンジュンヨンのプロフィール

 

出典:http://news.kstyle.com/

チョン・ジュンヨン(정준영)

生年月日:1989年2月21日

出生地:ソウル特別市

身長:184cm

体重:65kg

 

「オルチャン時代5」に出演するなど、オルチャンとして知られていたチョンジュンヨンさん。

 

インディーズバンドの活動経験もあり、2010年にアルバム「Rock Trip」を発表。2012年「スーパースターK4」ではTOP3に入り注目を集め、2013年10月1日に正式デビューしています。

 

また歌手としてだけでなく、ドラマやバラエティ番組にも出演しています。

 

 

主な出演作品

【音楽】

2010年『1,000miles(A Thousand Miles)』、『Love N Hate』、『幻想』

2013年『病気です』

2014年『TEENAGER』

2015年「チョン・ジュンヨンバンド」として『OMG』

2016年『共感』

2017年『Me and You』

 

【テレビ番組】
MBC「私たち結婚しました」(13)女優チョン・ユミと仮想夫婦として出演

【ドラマ】

『The Lover』(15/Mnet)

 

引用:http://www.wowkorea.jp/profile/400545.html

 

 

 

チョンジュンヨンのカカオトーク盗撮事件① 事件の経緯~逮捕まで

 

出典:http://www.wowkorea.jp/

カカオトークでの共有が報じられたチョンジュンヨン

 

 

違法に撮影した動画を、知人とカカオトークで共有していたことが報じられたチョンジュンヨンさん。

 

2015年末から女性との性関係の映像を盗撮し、友人のキム氏らと共有していたとも報じられました。

 

チョンジュンヨンさん自身が性行為の様子を違法に撮影したと話し、似たような時期にルームサロンの女性従業員との身体接触映像なども共有していたとのこと。

 

 

さらに、BIGBANGのメンバー(現在は脱退)V.Iさんなどを含むカカオトークのやりとりが以下のように公開され、物議を醸しました。

 

 

性を商品と見なす彼らの会話内容も公開された。さらには女性芸能人を“品定め”するような言葉も含まれている。「XがY(ガールズグループ)とワンナイトした」、「X、Yはおいしい?」、「昨日、Zと会った」、「Zは本当に軽い子だ」などだ。

 

引用:http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0312/10231041.html

 

 

出典:https://twitter.com/

 

その後の2019年3月21日、性行為を盗撮・流布した疑いでチョンジュニョンさんは逮捕されました。

 

 

出典:http://news.kstyle.com/

21日の様子とされるチョンジュンヨン

 

 

 

逮捕状を発付するかを決めるという拘束前被疑者尋問(令状実質審査)に出席し、その後正式に逮捕状発付を認められたとのことで、逮捕が報じられました。

 

 

チョンジュンヨンのカカオトーク盗撮事件② 盗撮被害者の元カノの反応

出典:http://jp.mnet.com/

 

 

被害女性は10人ものぼると報じられており、その中には以下のように「処罰を望む」との声があったとの報道も。

 

 

ある被害女性は、チョン・ジュンヨンが性行為の映像を知人と共有していることを知っても広く流出されることを心配して通報できなかったと明かしている。チョン・ジュンヨンはこのようなこと全て、友人と共有していたのだ。

被害女性はニュースを通じて「処罰を望んでいる」と立場を明らかにした。

 

引用:http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0311/10231009.html

 

また反対に、チョンジュンヨンさん自身は、被害者とされる人物から嘆願書が提出されたことを以下のように明かしています。

 

 

お互い交際している時に、相互認知の上、遊びで撮影した短い動画で、該当動画はすぐ削除しました。
もちろん盗撮カメラではなく、ただ、私が多忙なスケジュールで女性の方と疎遠になる過程でケンカが生じ、この過程で偶発的に女性の方が撮影事実を根拠に通報することになりました。

 

引用:http://www.thefactjp.com/article/read.php?sa_idx=20597

 

 

相手女性の方は、警察の調査に臨み、告訴を取り下げ、当時の撮影が強制的に行われたり、自分の意思に反したものではないことを明らかにしました。
検察側もこのような内容を確認し、女性の方は容疑なしの処分を求める嘆願書を数回に及んで提出していたため、事件は私たち2人のことで静かに終わると思いました。

 

引用:http://www.thefactjp.com/article/read.php?sa_idx=20597

 

 

チョンジュンヨンの過去の噂の彼女① ジヨン(T-ARA)

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す