新井浩文

新井浩文と二階堂ふみの馴れ初め~熱愛報道&破局原因!破局後それぞれの熱愛も紹介

はじめに

女性への性的暴行事件で逮捕され公判中の元俳優・新井浩文さんですが、過去の二階堂ふみさんとの熱愛が話題です。

 

今回は新井浩文さんと二階堂ふみさんの馴れ初めや熱愛報道、破局原因、破局後のそれぞれの熱愛報道をまとめました。

新井浩文のプロフィール

 

演技派の悪役名俳優だった新井浩文

 

 

新井浩文さんは、2001年公開の映画『GO』で俳優デビューし、翌年の映画『青い春』で松田龍平さんとW主演を務めてブレークしました。

 

2005年には映画『ゲルマニウムの夜』で単独初主演、2013年には北野武監督の映画『アウトレイジ ビヨンド』に出演するなど、演技派俳優としての地位を不動のものにしていました。

 

新井浩文さんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

 

生年月日: 1979年1月18日
出生地: 青森県弘前市
国籍: 大韓民国
身長: 181 cm
血液型: A型
職業: 俳優
ジャンル: 映画、テレビドラマ
活動期間: 2001年
事務所: パパドゥ→アノレ(2019年2月まで)

 

引用:Wikipedia – 新井浩文

 

女性への性的暴行事件でも実名が報道されているように、新井浩文さんの本名は「朴慶培(パク・キョンベ)」といい、在日韓国人3世となります。

 

 

 

新井浩文と二階堂ふみの馴れ初め~熱愛報道 

 

新井浩文と二階堂ふみは共演がきっかけで熱愛に発展した

 

 

新井浩文さんと二階堂ふみさんは、2012年1月公開の映画『ヒミズ』での共演がきっかけで仲が深まり、熱愛に発展したと言われています。

 

2013年3月に「日刊スポーツ」が2人の「焼肉&お泊りデート」を報じました。

 

当時新井浩文さんは34歳で二階堂ふみさんはまだ18歳だったことから、16歳差カップルとして注目を集めていました。

 

 

新井浩文さんは、熱愛が報じられた後の2013年6月29日、都内で行われたドラマ『たべるダケ(テレビ東京系)』の制作発表会の席で、二階堂ふみさんとの熱愛について質問されました。

 

その際、否定するどころか余裕を見せて、熱愛中であることを匂わせていました。

 

 

新井は最近、一部で二階堂との焼き肉デートをフライデーに報じられたばかりで、取材陣から焼き肉を一緒に食べる女性はいるかと聞かれると、「もちろんいます」と即答。同誌には「2人で冷麺を食べた」と書かれていたが、新井は「でも冷麺は食べてませんよ」と笑いながら訂正していた。

 

引用:日刊スポーツ – 新井浩文が二階堂ふみとの交際順調発言

 

新井浩文さんが在日韓国人のためか、日刊スポーツの記事では「2人で(韓国)冷麺を食べた」と書かれていたようです。

 

二階堂ふみさんと「焼肉を食べていた」と断定しなかったにしても、完全に熱愛を認めた発言だと受け取れるでしょう。

 

 

また、熱愛が発覚する前にもツイッターのフォロワーから「まだ共演したことなくて一番共演したいの誰ですか?」という質問に対して新井浩文さんは「永山絢斗、二階堂ふみ」と返答。

 

二階堂ふみさんが好きなタイプであることを匂わせていたようです。

 

しかし、新井浩文さんと二階堂ふみさんの熱愛は長くは続かず、破局してしまいました。

 

 

 

新井浩文と二階堂ふみの破局原因とは 

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す