【K-POP】韓国男性アイドル12人の化粧やメイクの特徴まとめ【画像付き】

はじめに

韓国では年々、美容への関心が高まってきています。

 

美容といえば、女性のイメージですが、美容への関心が高いのは女性だけではありません。実はいま、韓国の男性アイドルの間ではメイクが大流行しているんです。

 

そこで、この記事では韓国男性アイドル12人の化粧やメイクの特徴をご紹介します。

HARYUの人気記事

韓国男性アイドルの化粧やメイク1:ホンビン(VIXX

 

 

ホンビンはVIXXに所属している男性アイドルです。VIXXはホンビンを含む6人編成の男性アイドルグループ。「傷つく準備ができてる」や「Zelos」、「VOODOO DOLL」などの代表曲があります。

 

VIXXの中でもホンビンはビジュアル担当。グループの中ではサブボーカルを担当しています。サブボーカルであるため、歌うパートは少ないですが、安定感のある歌唱力はさまざまなリスナーから高い評価を得ています。

 

ホンビンはブラウンのアイシャドウを使用することが多いです。ブラウンはどんなシチュエーションに合う万能カラー。メイク初心者にぜひおすすめしたいカラーです。また、印象を柔らかくするという効果も持ち合わせています。

 

 

韓国男性アイドルの化粧やメイク2:レオ(VIXX)

 


出典:https://www.instagram.com

 

レオの本名はチョン・テグン。所属グループのVIXXではメインボーカルを担当しています。ちなみに芸名である「レオ」はアニメの「ジャングル大帝レオ」からインスピレーションを得て、つけられたのだとか。

 

レオは無表情でクールなことから「性格が冷たい」と誤解されることもありますが、実は涙もろく優しいという一面を持っています。また、普段は真面目ですが、ちょっと抜けたところがあるのも魅力のひとつです。

 

レオは濃い目のメイクを好んで使っているようです。よく使用しているのはオレンジカラーのアイシャドウ。ブラウンカラーに劣らないほどの肌なじみを持ち、それに加えて華やかな雰囲気もプラスしてくれるのがオレンジアイシャドウの魅力です。レオのように華やかになりたいときには、ぜひオレンジアイシャドウを!

 

 

韓国男性アイドルの化粧やメイク3:ライ・グァンリン(Wanna One)

 

出典:https://www.instagram.com/

 

2001年9月生まれのライ・グァンリンは韓国の男性アイドルグループであるWanna Oneのメンバーです。担当パートはサブラッパー。韓国のオーディション番組「PRODUCE 101 シーズン2」の合格者11名によって結成されたのがWanna Oneです。

 

高身長やスポーツ万能など、イケメンに必要な要素をすべて持ち合わせているライ・グァンリンくん。デビュー前から人気だったようで、オーディション番組「PRODUCE 101 シーズン2」に出演していることが判明後は当時通っていた中学校の掲示板が非常に盛り上がったのだとか。

 

ライ・グァンリンは二重ラインを強調するメイクを行うことが多いです。神秘的な雰囲気を持つ彼にピッタリなメイクではないでしょうか。ブラウンやオレンジ系のアイシャドウを塗り、さらにアイライナーを引くことで、ライ・グァンリンのように二重ラインを強調することができます。

 

 

 

韓国男性アイドルの化粧やメイク4:カン・ダニエル(Wanna One)

 

 

所属グループのWanna Oneではライ・グァンリンと同じくラップを担当するカン・ダニエル。グループではライ・グァンリンがサブラッパー、カン・ダニエルがリードラッパーを担当しています。彼のテクニカルなラップは必聴。また、ラップ担当ではありますが、歌唱力にも定評があります。特に中低音域は、さまざまなリスナーから評価されているようです。

 

ダニエルという名前からハーフと間違われることが少なくない彼ですが、ハーフではありません。純粋な韓国人です。実はカン・ダニエルは改名後の名前で、もともとはカン・ウィゴンという名前でした。ウィゴンという名前は発音がしにくく、周りの人達にウゴンと呼ばれることが多かったので、現在のカン・ダニエルという名前に改名したようです。

 

切れ長の目元が特徴的なカン・ダニエル。その特徴を活かすメイクを行うことが多いです。よく使われているカラーはブラウン系のアイシャドウ。また、眉下の三角ゾーンにハイライトを入れているようです。こうすることで、大人っぽい印象を与えることができます。

 

 

 

韓国男性アイドルの化粧やメイク5:パク・ジフン(Wanna One)

 

 

次にご紹介するのは同じくWanna Oneのメンバーであるパク・ジフンです。生年月日は1999年5月。所属グループのWanna Oneではラップを担当するパク・ウジンと同じ学年となります。

 

ラップもダンスも上手いパク・ジフンですが、実は歌はあまり得意ではないのだとか。とはいえ、ダンスはKRUMPやトラッキング、B−boy、ハウスなど、どんなジャンルも卒なくこなす万能ぶり。これからもダンスやラップで魅了して欲しいところです。

 

Wanna Oneで一番のイケメンと呼ばれることも少なくないパク・ジフン。端正な顔立ちをしている彼はレッド系のアイシャドウを使うことが多いようです。赤いアイシャドウを使うことで雰囲気にかわいらしさをプラスすることができます。さらに、肌の質感を明るくする効果も。

 

 

 

韓国男性アイドルの化粧やメイク6:イ・デフィ(Wanna One)

1 / 3

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す