ブルースリー出演映画おすすめランキングTOP15!プロフィール&出演作品一覧も紹介

はじめに

日本はもちろん世界的に有名なブルースリーですが、若くして亡くなったものの、現在でも出演作品は高い人気を誇ります。

 

今回はブルースリーのプロフィールや出演作品一覧、おすすめ映画ランキングとして15作品を紹介します。

ブルースリーのプロフィール&出演映画一覧

プロフィール

 

出典:https://meigen.keiziban-jp.com/

 

生年月日:1940年11月27日

死没:1973年7月20日

墓地:シアトル

出身地:イギリス領香港九龍

職業:武道家・アクション俳優・脚本家・映画プロデューサー

 

 

ブルースリーは、両親がアメリカに長期巡業中にサンフランシスコの中華街の病院で生まれた後、イギリスの植民地下の香港に帰国されました。

 

カンフー映画のイメージが強いブルースリーですが、実は8歳頃から子役として、数多くの映画に出演されています。

 

北派少林拳の邵漢生から指導を受け、節拳(弾腿門)を学びました。1953年から5年間、詠春拳の使い手である葉問の元でも修行しています。

 

ブルースリーは18歳の時に渡米するのですが、その時の所持金は100ドルだったそうです。

 

1966年、アメリカ「ロングビーチ国際空手選手権大会」で詠春拳の演武をした時、そのフィルムがテレビプロデューサーの目に留まり「グリーン・ホーネット」の準主役に抜擢されます。

 

その後は、ハリウッドやロサンゼルスで、俳優などに武術の個人指導を行います。

 

そして、香港で1971年初主演映画「ドラゴン危機一髪」に出演すると、香港のトップスターの一員にまで上り詰めます。

 

 

出演映画一覧

 

Wikipediaより抜粋。

 

  • 『金門女』(1941年) 
  • 『萬紫千紅』(1948年) 
  • 『富貴浮雲』(1948年) 
  • 『夢裡西施』(1949年) 
  • 『樊梨花』(1949年) 
  • 『花開蝶滿枝』(1950年) 
  • 『細路祥』(1950年)日本題名『ドラゴン スモール・ブラザー』 
  • 『凌霄孤雁』(1950年)
  • 『人之初』(1951年)
  • 『苦海明燈』(1953年)日本題名『ドラゴン スパーク・オブ・ホープ』
  • 『慈母涙』(1953年)
  • 『父之過』(1953年)
  • 『千萬人家』(1953年)日本題名『ドラゴン ミリアッド・ファミリー』
  • 『危樓春暁』(1953年)
  • 『愛(上集)』(1954年)
  • 『愛(下集)』(1954年)
  • 『孤星血涙』(1955年)日本題名『ドラゴン オーファン』
  • 『守得雲開見月明』(1955年)
  • 『孤兒行』(1955年)
  • 『兒女債』(1955年)
  • 『詐癲納福』(1956年)
  • 『早知當初我唔嫁』(1956年)
  • 『雷雨』(1957年)
  • 『甜姐兒』(1957年)
  • 『人海孤鴻』(1958年)
  • 『かわいい女』(1969年、原題:Marlowe)
  • 『ドラゴン危機一発』(1971年)
  • 『ドラゴン怒りの鉄拳』(1972年)
  • 『ドラゴンへの道』(1972年)
  • 『燃えよドラゴン』(1973年)
  • 『死亡遊戯』(1978年)
  •  
  •  

ブルースリーの死後、未公開映像として公開された短編フィルムは以下の通り。

 

  • 「チャーリー・チャンの息子」スクリーンテスト(1966年)
  • 「グリーン・ホーネット」スクリーンテストフィルム1&2(1966年)
  • 「グリーン・ホーネット」衣装テストフィルム(1966年)
  • 「U.S. Gung Fu Television Demo」(1966年) 
  • 「Bruce Lee : The Lost Interview」(1971年)
  • 「アーナ・カプリフィルム」

 

 

リーが間接的に関係したとされる映画、未発表フィルムなどを使用した映画、ドキュメンタリー・伝記映画などは以下の通り。

 

  • 『サイレンサー/破壊部隊』(1968年)
  • 『春の雨の中を』(1969年)
  • 『燃えよ!カンフー』(1973年)
  • 『サイレントフルート』(1977年)
  • 『死亡の塔』(1980年)
  • 『Bruce Lee in G.O.D 死亡的遊戯』(2000年)
  • 『ブルース・リーの生と死』(1973年)
  • 『ブルース・リー神話』(1984年)
  • 『アイ アム ブルース・リー』(2012年)
  • 『実録 ブルース・リーの死』(1975年)
  • 『ブルース・リー物語』(1976年)
  • 『ドラゴン/ブルース・リー物語』(1993年)
  • 『李小龍 マイブラザー』(2010年)
  • 『バース・オブ・ザ・ドラゴン』(2016年)
  • 『ブルース・リー伝説』(2008年

 

 

ブルースリー映画おすすめランキングTOP15

15位:サイレントフルート

 

出典:https://wing-auctions.c.yimg.jp/

 

この作品は、ブルースリーとジャームズ・コバーンの共同ストーリーを基に、スターリンダ・シリファントとスタンリー・マンが脚色したものです。

 

監督には、リチャード・ムーア、製作総指揮はリチャード・R・セント・ジョンズ、音楽はブルース・スミートンが担当しています。

 

 

山中の要塞に住むという、世界最強の謎の武術家が持っている「秘宝の書」。これを取り戻す役目を果たすため、3つの試練を切りぬける必要があります。

 

本来なら任務を受けるはずのコードでしたが、審判の判断で相手の赤チームに任されることに。

 

悔しさから、任務に出発した赤チームの後を追うコードは、神業を使う盲人と出会い…。

 

 

14位:死闘伝説/TURBO!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

「死闘伝説」に続いて、香港アクション映画のハイライトシーンやメイキング、さらに舞作アクションのダイジェスト映像・インタビューを集めたバラエティー・ムービーです。

 

「燃えよドラゴン」のメイキングシーン、リー・リンチェイやヴァン・ダム、ユン・ピュウやアンディ・ラウが主演した作品などのダイジェストが収録されています。

 

さらに、ジャッキーチェンのインタビューも初公開されています。

 

 

13位:ストロンゲスト 史上最強の映画スターは誰だ!?

出典:https://www.cinemanavi.com/

 

ドキュメンタリー作品で、色々な映画の格闘名シーンを世界から選ばれたアクションスター達の歴史をたどります。

 

「燃えよドラゴン」のフレッド・ワイントローブが製作し、監督・脚本はサンドラ・ワイントローブ、エグゼクティブ・プロデューサーはレイモンド・チョウとトーマス・K・グレイが担当。

 

キャストはブルースリーをはじめ、ジャッキーチェンやユン・ピュウなどのスターが出演しています。

 

 

12位:BRUCE LEE in G.O.D 死亡的遊戯

出典:https://www.suruga-ya.jp/

 

2000年に製作された日本と香港の映画で、セミドキュメンタリー作品です。

 

「死亡遊戯」での未使用フィルムを関係者のインタビューや再現フィルムを公開し、まったく新しい作品として生まれ変わっています。

 

 

11位:死亡の塔

出典:https://stat.ameba.jp/

 

ブルースリー演じる截拳道の使い手ビリーは、友人のチンの葬式に参列するために来日します。

 

ビリーはチンの棺を奪おうとした暴漢を追いかけますが、殺されてしまいます。

 

そして、ビリーの弟であるボビーは、ビリーの仇を打つために日本へ来て「死の宮殿」に向かうと、死んだはずの兄が待っていて…。

 

ブルースリーの作品と言われているものの、ブルースリーは前半30分ほどで死ぬ役で、さらにアクションシーンもないため、看板に偽りがあるとも評されますが、それでも人気作品です。

 

 

 

10位:ブルースリーの生と死

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す