SNH48

SNH48のトラブルと現在!独立や支店解散・メンバーの事故&自殺騒動など総まとめ

はじめに

「AKB48」の姉妹グループとして結成された中国・上海市を拠点とする「SNH48」ですが、現在までの数々のトラブルが話題です。

 

今回はSNH48の独立騒動やグループ解散などのトラブル、そして現在などをまとめました。

SNH48とは

 

日本以上の美少女揃いと言われる「SNH48」

 

「SNH48」のグループ情報についてはこちら。

 

 

出身地: 中華人民共和国・上海市
活動期間: 2012年12月8日 –
レーベル: 久尚音楽
事務所: 上海絲芭文化傳媒有限公司(Star48集団)
共同作業者: 秋元康

 

引用:Wikipedia – SNH48

 

「SNH48」は、AKBグループが初めて海外展開したインドネシア・ジャカルタを拠点に活動する「JKT48」に次いで、中国・上海で結成されたAKB48の姉妹グループでした。

 

2012年7月20日に1期生メンバーのオーディションでは、38066人の応募者から2次審査で830人に絞られ、10月13日・14日での最終審査で初期メンバー26人が選出されデビューしました。

 

また、AKB48から宮澤佐江さんと鈴木まりやさんがSNH48発足に合わせて移籍しており、その後日本での所属グループでの兼任という形で活動してきました。

 

 

しかし、日本のマスコミが現地でSNH48の取材ができなかったり、就労ビザ取得問題で宮澤佐江さんと鈴木まりやさんの活動時期が遅れるなど、スタート時からトラブルを抱えていました。

 

結局、その後にSNH48の運営側とのトラブルや騒動も勃発して、AKBグループとの契約解消し、独立する結果となっています。

 

 

SNH48のトラブル① 勝手に別グループを立ち上げる 【グループ解散も多数】

 

AKBグループ側に無断で2つのグループを立ち上げた「SNH48」プロダクション

 

2016年4月20日、SNH48をマネジメントしている現地プロダクション「Star48集団(上海絲芭文化傳媒有限公司)」が、新たに北京の「BEJ48」、広州の「GNZ48」の立ち上げを発表。

 

無断でグループを立ち上げられたことに対して、AKBグループを運営する「AKS」は抗議。

 

「Star48集団」が契約違反をしたとして、SNH48の今後の運営について検討することを発表しました。

 

これに対して「Star48集団」は契約上の問題は無いとして「SNH48」の独立を宣言。「AKS」との契約を解消して、独自にマネジメントをしていくことを発表しました。

 

この「Star48集団」の対応について日中のネット上で様々な論議を生みましたが、「パクリの文化」は中国が最も得意とするところだと指摘されています。

 

 

 最初だけ提携して、運営方法などのノウハウをもらったら、あとは一方的に関係を解消して自分たちでやっていく……というのは、これまで中国に進出した日本企業もさんざんやられてきた、中国企業の常套手段。中国で走っている高速鉄道も、日本の新幹線など外国企業の技術をもらうだけもらったら、あとは勝手に自分たちで手を加えて独自開発したことにして、外国に売り込んでいるのと同じである。

 

引用:日刊サイゾー – トラブル続きのSNH48、今度は「4000年に1人の美少女」に整形疑惑で大炎上!

 

もちろん日本のネットユーザーの多くは「Star48集団」のやり方に猛バッシングしましたが、反対に「AKS」側に落ち度があったことを指摘する声も少なくないようです。

 

 

「SNH48」独立は「AKB48」運営側が招いた落ち度?

「Star48集団」の主張は間違っていない?

 

「Star48集団」は「AKS」の抗議に対して、次のように主張しています。

 

 

SNH48の運営は、それまでのAKBグループのコンセプトに従ってアイドル育成していくプラットフォームであり、AKB48とは姉妹関係で「AKS」とは技術的な協力関係にあっても元々独立した存在であり、契約違反には当たらない。

 

これを裏付けるかのように、日本の有識者が「AKS」の契約上の不手際を指摘しているようです。

 

国際的なビジネスの関係を築く上で、重要な手順を踏んでいなかったことがそもそもの落ち度であるとしました。

 

 

この資本関係図が本当だとすると、驚くべきことにAKB48運営会社は中国国内の合弁会社に直接出資するという、日本企業が中国本土に進出するときの、ガバナンス上の「お決まりの手順」を踏んでいなかったことになる。

AKB48運営会社は香港の版権管理会社に対する間接的な支配権しかなく、中国国内のSNH48運営会社と直接の資本関係がまったくなかったからだ。

この状態で、華人文化がSNH48運営会社に出資すれば、グローバルな資本の理論では、AKB48運営会社がSNH48運営会社に対して発言権がなくなるのは、当たり前すぎるほど当たり前だ。

 

引用:SNH48分室 Unofficial – 「ガラパゴス」なAKB48運営がSNH48の「グローバル」な資本の論理に負けたか?

 

つまり、「AKS」は国際的なビジネス経営において無知が露呈したということになります。

 

例え「Star48集団」が”盗人猛々しい”ように見えても、それはビジネスの観点で見れば正当性が確立していることは明らかだったようです。

 

 

「SNH48」運営側とトラブルを招いたのは「AKB48」運営側

「AKS」は「Star48集団」に任せておけば良かった?

 

中国企業と提携した日本企業がこれまでに幾度となく裏切られてきたように、中国人とビジネスをする場合、裏切られることを想定しておかなければならないことは常識のようです。

 

「AKS」はそれを見越さずに「Star48集団」に丸投げしていたことがトラブルの元でした。

 

 

しかし、「Star48集団」が中国国内で新たにグループを立ち上げることは、それだけ全体のファンの総数を増やすことにつながります。

 

それは、日本の「AKB48」をはじめとしたグループのファンになる人も想定でき、「AKS」にとってもプラスになるはずでしょう。

 

それを今回の事例を踏まえて、わかりやすく以下のように解説されています。

 

 

もしあなたが日本で会社を経営していて、上海にある中国企業と提携したとする。そしたら自分の商品を中国国内でバンバン売ってくれて、あまりに売れるので、北京と広州に支店を拡大して、さらにバンバン売ってくれるという。

ただしその中国企業側で独自に開発した商品については、「独自商品です」と明記したうえで販売するという。

あなたがそういう立場の、ふつうの経営者だとしたらどうだろう。

こちらから資金を提供しなくても、経営拡大の資金は独自開発商品の売上で、自力で稼いでくれるというのだ。これほど「おいしい」ビジネスパートナーはないのではないか?

 

引用:SNH48分室 Unofficial – 「ガラパゴス」なAKB48運営がSNH48の「グローバル」な資本の論理に負けたか?

 

「AKS」は「Star48集団」に資金提供をせず丸投げしていたにも関わらず、自己資金でグループを増やしていってくれたことは、ある意味”おいしい”とも取れます。

 

しかし「AKS」は、ブランドイメージやシステムを勝手に流用されたことが許せなかったのでしょう。

 

 

その後、続々と「支店」と呼ばれるグループを誕生させますが、これも続々と解散する事態に、ファンも驚きと怒りが隠せないようです。

 

 

 

SNH48のトラブル② 人気メンバーのタン・アンチーのやけど事故

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す