キムボラ(韓国女優)の子役時代と現在!子出演ドラマ一覧・代表作・最新情報まとめ【奇跡の童顔】

はじめに

韓国の女優キムボラは子役時代から多くのヒット作に出演し、現在では大人の女優へと成長した演技に注目が集まっています。

 

今回はキムボラが出演したドラマ一覧と代表作、最新作の情報や彼氏など現在の様子もまとめてみました。

キムボラ(韓国の女優)のプロフィール

 

出典:https://www.instagram.com/

 

名前:キム・ボラ
生年月日:1995年9月28日
出身地:韓国ソウル
血液型:A型
身長:161cm

 

 

韓国で子役出身の女優として活動するキムボラ。


2005年、10歳という若さでドラマ「ウェディング」で子役デビューして以降、数々の作品で登場人物の少女時代や子供の役を演じて子役として目覚ましい活躍をしてきました。

 

ドラマ「いとしのソヨン」「主君の太陽」など、ヒット作でも安定した演技力で存在感を示し、着実にキャリアを積んだキムボラ。

 

大ヒットドラマ「SKYキャッスル」で、一躍有名女優の仲間入りを果たしました。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

現在は20代半ばとなり、子役から脱皮して大人の女優に成長しています。

 

しかし、現在も子役時代の面影が残る可愛らしい童顔が健在で、20代で学生役を演じても一切違和感がない貴重な人材となっています。

 

今なお失われない清純性、人形のように可愛らしいビジュアルで人気を博す一方、近年は大人の女性としてシックでクールなグラビアでファンを魅了することも増えました。

 

 

出典:https://www.instagram.com/

 

この記事では、そんなキムボラが現在までに出演したドラマをまとめました。出演ドラマ一覧、おすすめの代表作、現在の女優活動や最新作についても紹介します。

 

 

キムボラ(韓国の女優)の出演ドラマ一覧 【子役時代から活躍】

 

出典:https://www.instagram.com/

 

キムボラ出演のドラマ一覧

2005年「ウエディング」
2006年「噂のチル姫」
2006年「妻の復讐〜騙されて棄てられて」
2007年「スキャンダル!新良妻賢母」
2007年「冬鳥」
2007年「キムチ・チーズ・スマイル」
2010年「ジャングル・フィッシュ2」
2011年「ロイヤルファミリー」
2011年「女の香り」
2011年「ヴァンパイア検事」
2012年「いとしのソヨン」
2013年「主君の太陽」
2013年「彼女の神話」
2013年「キレイな男」
2014年「春の輪舞曲(ロンド)」
2014年「S.O.S 私を助けて」
2015年「恋するジェネレーション」
2015年「華麗なる誘惑」
2017年「王は愛する」
2017年「甘くない女たち」
2018年「SKYキャッスル」
2019年「彼女の私生活」
2020年「タッチ」

 

 

2005年に10歳でデビューしたキムボラ。長く子役を務めた後、現在は大人の役をやることも増えました。


しかし、奇跡の童顔のため、成人を迎えた今も高校生の役も演じています

 

キムボラが一躍有名女優となった出世作「SKYキャッスル」では、高校生役を演じたキムボラは、演技力の高さを見せつけ、子役から脱皮した姿で話題になりました。

 

 

キムボラ(韓国の女優)の出世作はドラマ「SKYキャッスル」

 

出典:https://www.instagram.com/

 

キムボラの大ブレイクのきっかけとなった出世作は、2018年に韓国のJTBCで放送されたテレビドラマ「SKYキャッスル」です。

 

富・名誉・権力を手に入れた上流階級だけが住む高級住宅街「SKYキャッスル」を舞台に、子供を名門大学に入学させるため大学入試と教育に全てを懸ける熾烈な受験戦争を描いた作品です。

 

 

出典:https://www.bsfuji.tv/

 

 


タイトルの「SKYキャッスル」は、劇中に登場する高級住宅街の名称です。

 

実際に韓国のTOP3に入る名門大学の「ソウル大学(S)」「高麗大学(K)」「延世(ヨンセ)大学(Y)」の頭文字を合わせたものとなっています。

 

現実の韓国でも学歴はかなり重視され、高学歴であることに執着する学歴社会の闇への風刺が効いた作品です。

 

初回放送時の視聴率は1.7%という低さだったものの、スリルのあるストーリー展開が話題を呼び、最終話には23.8%にまで上昇するヒット作品となりました。

 

非地上波チャンネルのドラマとしては、日本でも大人気の「トッケビ」を超えて当時の歴代最高視聴率1位を記録し、中毒者が続出する社会現象ドラマとなったのです。

 

キムボラはこの作品で、母子家庭で病に倒れた母の看病と家計を支えるために、バイトに追われる女子高生、キム・ヘナを演じました。

 

 

出典:https://www.bsfuji.tv/

 

学業の成績はかなり優秀で、生活が厳しい家庭環境にあっても名門高校で1、2を争う優等生役です。


主人公家族の長女・イェソとは1位を競うライバル関係で、秀才だが嫌われ者のイェソと違ってヘナはクラスメイトからも人気という似て非なる役柄を演じました。

 

この作品での演技が視聴者の心を掴み、キムボラは大ブレイク。子役のイメージから1人の女優としてステップアップを遂げました。

 

 

キムボラ(韓国の女優)の現在

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す