BTS(防弾少年団)の歴代宿舎の場所!部屋割り・共同生活エピソードも総まとめ【動画多数】

はじめに

K-POPアイドルは売れるまでは宿舎で共同生活を送ることが知られており、世界で活躍するBTSの歴代宿舎や共同生活エピソードが話題です。

 

今回はBTSの歴代宿舎について場所・部屋割り・エピソードをまとめてみました。

BTSとは

 

出典:http://www.newscj.com/

 

BTS(防弾少年団)は、Big Hitエンターテインメントから2013年にデビュー曲「NO MORE DREAM」でデビューした韓国のボーイズグループです。

 

韓国では「バンタンソニョンダン( 방탄소년단)」と発音されるために、「バンタン」の略称でも知られています。

 

リーダーのナムジュン(RM・ラップモンスター)さん、最年長のジン(JIN)さん、天才ラッパーのユンギ(SUGA・シュガ)さん、ダンスリーダーのジェイホープ(J-HOPE)さん。

 

そして、魅力担当のジミン(JIMIN)さん、4次元でビジュアル担当のテテ(V・ブイ)さん、黄金マンネのグク(JUNG KOOK・ジョングク)さんの7人のメンバーで構成されています。

 

大ヒット曲「Dynamite」では数々の新記録を打ち立てており、米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で初登場1位を記録。

 

BTSはこれまでも驚異の売上を叩き出し、ギネス・ワールド・レコードの韓国アーティスト最高売上を自ら最多更新し続けています。

 

 

出典:https://www.pinterest.jp/

 

この記事では、BTSメンバーが共に過ごし、たくさんの思い出が詰まった歴代の宿舎の場所と、そこでの生活ぶりを紹介します。

 

今では世界に名が知れ渡るBTSですが、2013年のデビュー当時は所属事務所のBig Hitエンターテインメントが小さな事務所だったため、華やかなデビューを飾ったわけではありません。

 

慎ましく、メンバー全員で共同生活をしていたBTSは、その後、世界を舞台に快進撃を繰り広げます。

 

彼らのサクセスストーリーは、この宿舎生活から始まったのです。

 

 

BTSの歴代宿舎①論峴洞 場所

 

BTSが練習生時代から2015年までを過ごしたのは、論峴洞(ノンヒョン)です。

 

アクセス

出典:https://www.pinterest.jp/

 

BTSが論峴洞(ノンヒョン)で最初に共同生活を送ったアパートは、GS25(コンビニ)が隣にある建物。

 

移転前の事務所までは徒歩3分程度、通っていた練習室までは徒歩6分程度と便利な場所にあったようです。

 

住居 【17坪のアパート】

出典:https://ameblo.jp/

 

論峴洞は有名人の自宅や芸能事務所が立ち並ぶ、新沙エリアですが、BTSの最初の宿舎は3階にある17坪の小さなアパートでした。

 

 

https://twitter.com/i/status/1093098125240107010

 

17坪のスペースは、男の子7人が生活するにはあまりに狭小ですね。

 

当時のBig Hitエンターテインメントの事情からすれば仕方ないかもしれませんが、そのような中での共同生活は、7人の団結を強めたに違いありません。

 

 

BTSの歴代宿舎①論峴洞 部屋割り

 

出典:https://korea15.com/

 

論峴洞の小さなアパートでは寝室はもちろん1つだったので、部屋割りどころではありませんでした。

 

1つのベッドルームに2段ベッドとシングルベッドが所狭しと置いてあり、ベッドで部屋はいっぱいの状態でした。

 

 

出典:https://ameblo.jp/

 

 

BTSの歴代宿舎①論峴洞 エピソード

 

出典:https://ameblo.jp/

 

小さなアパートはタコ部屋のような宿舎で、キッチンと小さめのリビングがありました。

 

リビングは下の映像にあるように7人でビッシリ。

 

部屋の中は洗濯物や山積みの服、日用品が溢れかえっていて、まるで大家族のリビングのような状態でしたね。

 

でも、皆で和気あいあいとしていてとても楽しそうにも見えます。

 

メンバーひとりひとりにとって思い出深く、苦労も楽しさもあった時代なのではないしょうか。

 

 

 

動画は宿舎で1周年パーティーをした時のものですが、ジンさんの手料理が美味しそうですね。

 

狭かったけれど楽しい家庭という感じがして、メンバーの絆を深めた場所に違いありません。

 

 

役割り分担

出典:https://twitter.com/

 

BTSの役割り分担は以下の通りです。

 

ジン:切り盛り、買い出し

ユンギ(シュガ):父親、修理

ホソク(JHOPE):母親、説教

ナムジュン(RM):破壊、リーダー

ジミン:冗談、場を和らげる

テテ(V):イタズラ

グク(ジョングク):小さなこと、末っ子

 

 

当時のインタビューで、メンバー自ら役割り分担について答えている動画を紹介します。

 

 

 

まさにFAMILYのようなBTSです!

 

これらもBTSの魅力のひとつですね。

 

 

BTSの歴代宿舎②合井 場所

アクセス

出典:https://www.seoulnavi.com/

 

2015年、小さなアパートからから引越したBTSは、観光客でにぎわう弘大(ホンデ)のすぐ横にありながら静かでゆったりとしている合井(ハプチョン)に引っ越しました。

 

おしゃれなお店やレストラン、カフェがあり、BIG BANGや2NE1など数々の有名アーティストを生み出した大手芸能事務所のYGエンターテインメントもこのエリアにあります。

 

住居 【メセナポリス】

出典:https://ameblo.jp/

 

BTSは、合井(ハプチョン)駅から直結の「メセナポリス」という多くの有名人が住んでいる事でも知られている建物に引っ越しました。

 

2015年、タイトル曲「I NEED U」で韓国各音楽番組で自身初となる1位を獲得し、活躍の場をどんどんと広げ、スターへの階段を着々と登り始めている時期です。

 

この時、BTSが引っ越した「メセナポリス」は住居スペース以外にも「メセナポリスモール」という大型複合施設が併設されているなど便利な立地条件にある建物でした。

 

「メセナポリス」には地下1階から地上2階までショッピング街やレストラン街、カフェやファーストフード店があり、ショッピングモールやアートホール、映画館まで入っています。

 

地下鉄2、6号線(合井)駅の地下からも繋がっており、超人気物件として人気アイドルやスターたちも多く住んでいます。

 

 

BTSの歴代宿舎②合井 部屋割り

部屋割り1回目

出典:https://ameblo.jp/

 

メセナポリスでの1回目の部屋割りは以下の通りです。

 

① ユンギ(シュガ)& ジン

② ナムジュン(RM) &グク(ジョングク)

③   テテ(V)& ホソク(J-HOPE)& ジミン

 

基本的には2人か3人の相部屋ですね。

 

ユンギ さんとジンさんは「永遠のルームメイト」と話すほどに気が合う2人で、ラックで1つの部屋を仕切って上手に使っていました。

 

たまに一緒にテレビを見たりする仲だとこの頃語っていますが、他のメンバーと比べると落ち着いた大人な印象で、静かな環境を好むという点でも似ていますね。

 

最近でもプライベートで一緒に釣りに行くことがあり、相性ピッタリな親友の関係が今も続いているようです。

 

一方、グクさんはナムジュンさんの大きなイビキや洋服が散らかっていることに悩まされていたようです。

 

BTSのラジオ番組内で「正直他の部屋が羨ましい時もある?」という問いにグクさんが手を挙げ、ナムジュンさんも言い返すというジョーク混じりの展開がありました。

 

ただ、大した不満ではなく、ほほえましい当時のエピソードとして語り継がれています。

 

 

 

 

 

テテさん・ホソクさん・ジミンさんの3人部屋には、たくさんのゲームが置いてあって遊んでいたようなので、グクさんが入り浸っている事も多かったらしいです。

 

 

 

洋服などがたくさんあって、片付いてなさそうなところがまたかわいいですよね!

 

 

部屋割り2回目

出典:https://kstyle-mag.com/

 

メセナポリスでのBTSメンバーの2回目の部屋割りは以下の通りです。

 

① ユンギ(シュガ)& ジン

② ナムジュン(RM) & テテ(V)

③   ホソク(J-HOPE)& ジミン

④ グク(ジョングク)

 

部屋が1部屋余ったことにより、2回目の部屋割りになりました。マンネのグクさんがジャンケンで勝ち、1人部屋をゲットしています。

 

この他に、テテさんがナムジュンさんの部屋に移動して、ホソクさんとジミンさんが2人部屋になりました。

 

 

 

メセナポリスでのBTSメンバーの部屋の様子が、「血汗涙」をパロディー風にした動画に映っています。

 

 

BTSの歴代宿舎②合井 エピソード

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す