【ヨン様】ペヨンジュン出演のドラマ&映画おすすめランキング16選【2020最新版】

日本での韓流ブームの火付け役となったのは、ドラマ『冬のソナタ(2002年)』で主演を務めたヨン様ことペ・ヨンジュンさんです。

 

今回はペ・ヨンジュンさん出演のドラマ&映画一覧とおすすめ作品ランキングを紹介します。

ペ・ヨンジュンさんのプロフィール

出典:https://img.cinematoday.jp/

 

名前:ペ・ヨンジュン

生年月日:1972829

出身地:韓国ソウル特別市

身長:180cm

 

“ヨン様”の愛称で知られる、韓流ブームの先駆者ペ・ヨンジュンさん。日本ではドラマ『冬のソナタ』での活躍が有名ですが、実はデビュー作から韓国内でその地位を確立していたと言います。プライベートでは、2015年に13歳年下の女優パク・スジンさんと結婚。ふたりの子供を授かり子煩悩な一面も見せるなど、公私ともに注目を集める俳優さんです。

 

 

ペ・ヨンジュン出演のドラマ&映画一覧

ペ・ヨンジュン出演のドラマ一覧

愛の挨拶:キム・ヨンミン役(1994年)

若者のひなた:ハ・ソクチュ役(1995年)

別れる6つの段階:キョンミン役(1995年)

海風:ムンヒョン役(1995年)

パパ:ヒョンジュン役(1996年)

初恋:ソン・チャンウ役(1996年)

裸足の青春:チャン・ヨソク役(1998年)

愛の群像:カン・ジェホ役(1999年)

ホテリアー:シン・ドンヒョク役(2001年)

冬のソナタ:カン・ジュンサン役/イ・ミニョン役(2002年)

ホテリアー(日本版):シン・ドンヒョク役(2007年)

太王四神記:タムドク(チュシンの王)役(2007年)

ドリームハイ:チョン・ハミョン役(2011年)

 

ペ・ヨンジュン出演の映画一覧

初恋白書:ヨネ役(1995年)

スキャンダル:チョ・ウォン役(2003年)

四月の雪:インス役(2005年)

ペ・ヨンジュン3D in 東京ドーム:本人(2009年)

 

 

ペ・ヨンジュン出演のドラマおすすめランキングTOP13

TOP13:ホテリアー(日本版)

出典:http://happytogether.cocolog-nifty.com/

 

公開年月:2001

キャスト:ペ・ヨンジュン(特別出演)上戸彩、及川光博、田辺誠一、サエコ他

 

従業員1200人を擁する特級ホテル『東京オーシャンホテル』のフロント係小田桐杏子は、一流のホテリアーを目指し日々奮闘中。しかし、不況の煽りを受けてホテルは買収の危機に。そんな中、病に倒れた社長から、杏子はかつてホテルの副総支配人を務めていた緒方耕平を探し出すように言われます。緒方に会いに韓国へと旅立つ杏子でしたが…!

 

韓国で人気を集めたドラマ『ホテリアー』の、リメイクとして放送された日本版『ホテリアー』。原作で主演を務めたペ・ヨンジュンさんは本作で、韓国に来てからの緒方を知るシン・ドンヒョク役として、特別出演を果たしました。

 

 

 

TOP12:若者のひなた

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

公開年月:1995

キャスト:ペ・ヨンジュン、イ・ジョンウォン、ハ・ヒラ、チョン・ドヨン他

 

炭鉱村で育ったインボムは、愛する恋人チャヒを置いて、成功と出世のためにソウル大学に進学します。そこで出会ったソクチュと友情を育むインボム。ある日、インボムはソクチュの妹ソクランを出世の踏み台とし、故郷に残したチャヒを裏切ることに…。

 

ペ・ヨンジュンさんの若い魅力が弾ける傑作青春ドラマ。本作でペ・ヨンジュンさんは、裕福な家庭に育つも、真の夢を求めて苦悩する学生ソクチュ役を演じています。1995年に韓国で放送され、当時最高視聴率58%を記録するなど話題を呼びました。

 

 

TOP11:別れる6つの段階

出典:http://image.itmedia.co.jp/

 

公開年月:1995

キャスト:ペ・ヨンジュン、チョン・ドヨン、チャ・テヒョン他

 

事故で婚約者を亡くした精神科医師キョンミンはある日、自殺未遂で病院に運ばれた演劇女優ジュニョンと知り合います。ジュニョンもまた、恋人ソンファンとの別れに悲しみを忘れられずにいました。愛する人を忘れるため、6つの段階の治療を一緒に受けることとなった二人。治療を進めるうちに、互いに惹かれあうキョンミンとジュニョンでしたが…。

 

ペ・ヨンジュンさんのデビュー間もなくして撮影されたこのドラマ。不慮の事故で恋人を失った、ハンサムな精神科医キョンミンを見事に演じています。映画『スキャンダル』やドラマ『若者のひなた』で共演する、女優チャン・ドヨンさんとの息の合った演技にも注目です。

 

TOP10:海風

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

公開年月:1995

キャスト:ペ・ヨンジュン、イ・ナックン、チン・ジェヨン他

 

苦労を知らずに育った富豪の息子ムンヒョンは、ある日車で人をはねてしまい、逃げるように釜山へと向かいます。お腹を空かせ、釜山のチャガルチ市場にある食堂で食事をするも、そこでお金を忘れたことに気が付くムンヒョン。食事の代金を稼ぐため、食堂でアルバイトをすることになったムンヒョンは、そこで様々な人々と出会うことに…。

 

韓国地方放送局プサン放送(PSB)の開局を記念して、製作されたこのドラマ。まだ、あどけなさの残る青年ペ・ヨンジュンに出会える作品として、ファンから根強い人気を集める一作です。

 

TOP9:愛の挨拶

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

公開年月:1994

キャスト:ペ・ヨンジュン、ソン・ヒョナ、シン・グ他

 

幼なじみのヨンミンとヘインは、互いに意識しない間柄。大学入学を期に急に大人びて綺麗になったヘインを見て、ヨンミンは次第に彼女の存在を意識し始めるようになります。ヘインの誕生日に、ショパンの名曲をプレゼントしようと楽しみにするヨンミンでしたが、そんなヨンミンの気持ちを知らないヘインは、合コンへと出掛けてしまい…。

 

若者たちの恋愛や勉学に全力で励む青春模様を描いたドラマ。日韓だけではなく、アジア圏で絶大な人気を誇る俳優ペ・ヨンジュンさんの、記念すべき初主演作品として注目される作品です。

 

 

TOP8:パパ

出典:https://tshop.r10s.jp/

 

公開年月:1996

キャスト:ペ・ヨンジュン、イ・ヨンエ、パク・チョンヒョン他

 

小説家であり大学教授も務めるヒョンジュンは、妻セヨンと離婚し、一人娘のセビョルと二人で暮らしています。ある日、同居人を募集することにしたヒョンジュン。そんなヒョンジュンのもとにやってきたのは、妻を亡くし一人息子を育てる漢方医グンでした…。

 

本作でペ・ヨンジュンさんは、男手ひとつで愛娘を育てる、優しい父親役を熱演し話題を呼びました。まだ初々しい、ペ・ヨンジュンさんの演技にも注目です。

 

TOP7:初恋

出典:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/

 

公開年月:1996

キャスト:ペ・ヨンジュン、チェ・ジウ、チェ・スジョン、イ・スンヨン、他

 

勉強が得意なチャンウと兄のチャンヒョクは母を亡くし、姉と父とともにソウルから地方へと引っ越すことに。そこで出会った少女ヒギョンと初恋を育む兄チャンヒョクでしたが、ヒギョンの父親に猛反対され二人は別れることに。ヒギョンの家族による卑劣な仕打ちに、ついにチャンウは兄に代わって復讐を誓うのでした…。

 

韓国で、最高視聴率65.8%という記録的な快挙を達成した不朽の名作。ペ・ヨンジュンさんの出世作としても知られる本作。また、韓国ドラマの代名詞とも言えるドラマ『冬のソナタ』で共演したチェ・ジウさんとの、初共演作品としても話題となっています。

 

TOP6:裸足の青春

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

公開年月:1998

キャスト:ペ・ヨンジュン、コ・ソヨン、キム・ムセン、パク・クニョン他

 

幼い頃に自殺で母を亡くし、父を知らずに育った青年ヨソク。ヨソクは念願だった警察学校に通うため、ソウルへと上京します。やがて、ひょんなことをきっかけに知り合った検事の娘ヘジュンと恋仲になるヨソク。ある日、自分の生い立ちを知ることとなったヨソクは、その数奇な運命に葛藤することに…。

 

“微笑みの貴公子”と呼ばれるペ・ヨンジュンさんの、新たな一面に出会える作品。劇中では、激しいアクションシーンを堂々とこなすペ・ヨンジュンさんの姿も。韓国のトップスターたちが顔を合わせた、珠玉の青春ドラマです。

 

 

TOP5:ドリームハイ

出典:https://blogimg.goo.ne.jp/

 

公開年月:2011年

キャスト:ペ・スジ、キム・スヒョン、オク・テギョン、オム・ギジュン他

 

幼い頃から何をやっても1位を逃したことのない天才少女コ・ヘミ。ソプラノ歌手を夢見るヘミでしたが、父親の借金を返済するため、それまで馬鹿にしていたキリン芸能高校へ通うことを余儀なくされます。そこでヘミを待っていたのは、夢を叶えるため奮闘する個性豊かな学生たちでした…!

 

国内外で高い人気を誇る、旬のK-POPアイドル達が大集結し話題となった学園ドラマ。ペ・ヨンジュンさんが当時、代表を務めていた芸能事務所『キーイースト』と『JYPエンターテインメント』が共同制作した作品としても注目を集めています。ペ・ヨンジュンさんは劇中で、生徒を導く学園の理事長役を熱演。

 

 

TOP4:愛の群像

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

公開年月:1999

キャスト:ペ・ヨンジュン、キム・ヘス、ユンソナ、クォン・オジュン他

 

幼い頃に父を亡くし、母には捨てられ、愛を知らずに育った青年ジェホ。そんなジェホの前にある日、二人の女性が現れます。金と出世のために、自分の経歴を偽り社長令嬢のヒョンスに近づくジェホ。しかしそんな中、もう一人の女性シニョンの純粋さに、次第にジェホは心を奪われていくのでした…。

 

愛と欲望の狭間で揺れ動く、若者たちの葛藤を描いた作品。その切なくリアルな描写に、多くの視聴者の心を掴んだ至極のメロドラマです。欲望のままに生きる主人公ジェホを演じたペ・ヨンジュンさんの、男らしい演技がみどころの一つ。

 

 

TOP3:ホテリアー

出典:http://www.jrt.co.jp/

 

公開年月:2007年

キャスト:ソン・ユナ、ペ・ヨンジュン、ソン・ヘギョ、キム・スンウ他

 

かつては一流と呼ばれていたものの、深刻な経営難に悩まされる名門ソウルホテル。その買収を企むキム会長によって、ドンヒョクはホテルの情報収集を任されます。偶然出会ったソウルホテルの支配人、ジニョンに惹かれるドンヒョク。やがて彼は、ホテルとジニョン両方の情報を手に入れようと画策し…。

 

買収や裏切りなど、一流ホテルの裏で次々に起こる事件にスポットを当てた社会派ドラマ。それまでの恋愛がメインであったペ・ヨンジュン作品と違って、ビジネスがメインテーマといった点も話題を呼びました。

 

TOP2:太王四神記

出典:https://navicon.jp/

 

公開年月:2007年

キャスト:ペ・ヨンジュン、ムン・ソリ、イ・ジア、ユン・テヨン他

 

はるか昔、地上は火の力を持つカジン率いる虎族に支配されていました。横暴な虎族の支配に心を痛めた神の子ファヌンは、地上に降り立ち、平和の国チュシンを創造します。国を奪われたとし、チュシンに攻め入るカジン。混乱の中、ファヌンは力を宿す朱雀・青龍・白虎・玄武の四神を封印し天へと昇っていきます。やがて2000年の時を経て、四神を封印から解くというチュシンの王の誕生を示す星が輝き出し…!

 

本作を手掛けたキム・ジョンハク監督は、優しさの中にあるカリスマ性で人の心を掌握していく新しいタイプの英雄像を描くため、ペ・ヨンジュンさんを主役に抜擢したのだと言います。そのイメージ通り、切ない愛に自らの命を賭けた、優しく勇敢な王を見事に演じたペ・ヨンジュンさんの迫真の演技に注目です。

 

 

TOP1:冬のソナタ

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

公開年月:2002年

キャスト:ペ・ヨンジュン、チェ・ジウ、パク・ヨンハ他

 

初恋の恋人ジュンサンを失い、悲しみに暮れたあの日から10年。幼なじみのサンヒョクと婚約することに決めたユジン。しかし、初雪のちらつくある日、ユジンの目の前に亡くなったジュンサンに瓜二つの男性が現れます!彼の名前はイ・ミニョン。外見以外はジュンサンとは正反対のミニョンですが、ユジンは彼に最愛の人ジュンサンの面影を重ね…。

 

日本の韓流ブームの代名詞とも言えるこの作品。空前の“ヨン様”フィーバーを巻き起こした、至極の純愛ドラマです。この作品なくして、日本の韓国ドラマ史を語ることはできないと言っても過言ではないほど、日本中に大きな影響を与えた作品。波乱に満ちた展開と美しい映像に、多くの視聴者が涙しました。

 

 

 

ペ・ヨンジュン出演の映画おすすめランキングTOP3

TOP3:初恋白書

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

公開年月:1994

キャスト:イ・ミヌ、キム・グミョン、キム・ギヨン、ペ・ヨンジュン他

 

高校の陸上選手ピルグは、不良グループのボス。女子生徒からも人気の集めるピルグは、ある日赴任してきた美人教師ユ・ユナに一目惚れしてしまいます。あらゆる手段を使ってユナに近づこうとするピルグでしたが…。

 

まだ無名時代のペ・ヨンジュンさんのスクリーンデビュー作品。本作でペ・ヨンジュンさんは、主人公ピルグ率いる不良グループの一員を演じています。公式プロフィールにも記載されておらず、ファンの間では“幻の作品”と呼ばれているのだとか。

 

TOP2:スキャンダル

出典:https://pds.exblog.jp/

 

公開年月:2003

キャスト:ペ・ヨンジュン、イ・ミスク、チョン・ドヨン他

 

舞台は18世紀の朝鮮王朝時代。恋愛ゲームを生きがいとするチョ婦人は、従兄弟のウォンにある日、夫の妾を妊娠させて欲しいと持ちかけます。簡単すぎるとチョ婦人の頼みを断ったウォンは、9年間貞節を守ってきたスク婦人を標的に新たなゲームを仕掛けます…!

 

フランスの古典恋愛小説『危険な関係』を、韓国風にアレンジし映画化した本作。この作品でペ・ヨンジュンさんは、これまでの誠実なイメージを一転、恋愛ゲームに酔いしれるプレイボーイ・ウォン役を見事に演じファンを驚かせました。

 

 

TOP1:四月の雪

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

公開年月:2005

キャスト:ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン、イム・サンヒョ他

 

照明監督として働くインスはある日、妻の交通事故の知らせを受け病院へと駆けつけます。そこに居たのは見知らぬ女性ソヨン。実はインスの妻とソヨンの夫は、人知れず不倫旅行を楽しむ中、今回の事故に遭ってしまったのというのです。互いの伴侶を看病しながら、いつしか惹かれあうインスとソヨン…。

 

婚外愛がテーマの本作は、恋愛を超えた男女の究極の愛について考えさせられる作品です。主人公インスを演じるペ・ヨンジュンさんと、相手役のソン・イェジンさんの濃厚なラブシーンも話題となっています。

 

 

ペヨンジュン出演のドラマ・映画おすすめランキングについてのまとめ

・ドラマ1位「冬のソナタ」


・映画1位「四月の雪」

 

ドラマ『冬のソナタ』で一世を風靡したペ・ヨンジュンさんですが、2011年のドラマ『ドリームハイ』への出演を最後に、ドラマ及び映画への出演が突如途絶えてしまいました。現在は俳優から実業家へ転身し、手腕を発揮させているとの報道も。再びスクリーンやお茶の間で、その活躍が見られる日が来ることを期待しています。

 

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

パクヒョンシクの身長や性格&父や母など家族情報やプロフィールまとめ

韓国ドラマのおすすめ人気ランキング100選!韓流ファンが6つのジャンル別で紹介【2020最新版】

ソンイルグクの現在!嫁との結婚や三つ子の子供~元彼女や最新情報まとめ

ノミヌの弟はI’ll(アイル)!家族の日本エピソードや日本語レベルなど総まとめ

アンジェヒョン出演のドラマ一覧おすすめランキング7選【2020最新版】

ユンソナ出演のドラマ一覧おすすめランキング16選【韓国・日本別】

チョンイル出演のドラマ&映画一覧おすすめランキング15選【2020最新版】

チュジンモのカカオトーク流出の内容!事件の真相や相手も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

アンナリー(台湾女優/安娜李)の現在!出演ドラマ/映画・YouTubeなど最新情報も総まとめ

新井浩文

新井浩文と二階堂ふみの馴れ初め~熱愛報道&破局原因!破局後それぞれの熱愛も紹介

台湾お土産・女子に人気ランキング25選~コスメ・雑貨・飲み物・食べ物など【2020最新版】

Apinkの人気曲TOP12&アルバムおすすめ5選まとめ【動画付き】

日本に帰化した芸能人&有名人150選~衝撃順にランキングで紹介【2020最新版】

チャスンウォンの嫁の写真&息子や娘など子供と現在!イスジンとの結婚秘話も紹介

韓国で人気の日本アニメランキングTOP13!あらすじや人気の理由も紹介【2020最新版】

タイの美人女性ランキング40選!美女モデル・女優・歌手・スポーツ選手の魅力や経歴を徹底解説【最新版】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

イジュンギ出演のドラマ&映画一覧おすすめランキング15選【2020最新版】

ソンジヒョ出演のドラマ&映画一覧おすすめランキング9選【2020最新版】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す