iKONのメンバー人気順TOP9【最新版】プロフィールや脱退者の現在も徹底紹介

iKON(アイコン)は人気K-POPグループ「BIGBANG」の音楽性やファッション性を色濃く継承する韓国男性アイドルグループです。

 

今や勢いが止まらないiKONのメンバーの名前やプロフィールを人気順ランキング形式にて紹介していきます。

 

iKON(アイコン)とは

 

出典:http://news.kstyle.com/

 

iKON 2014年、韓国のサバイバル番組「MIX&MATCH」に出演し、見事にデビューを勝ち取った実力派7人組のHIPHOPグループ。韓国の大手芸能プロダクション「YGエンターテインメント」に所属し、BIGBANGのジャパンツアーでは、オープニングアクトを務めたことで、日本国内でも早くから注目を集め、今やアジア圏を中心にその勢いは止まること知りません。

 

2016年の第58回輝く!日本レコード大賞では、日本1stシングル「DUMB&DUMBER」で、見事に最優秀新人賞を受賞。これによって日本、韓国、中国の3ヶ国での新人賞受賞という、事務所先輩BIGBANGも叶わなかった快挙を成し遂げました。

 

出典:https://bebe.jpn.com/

 

iKONとしてデビューに至るまでの道のりは、実は順風満帆ではなく紆余曲折もあったようです。iKONメンバーは、2013年惜しくも「Team A」(現グループWINNER)に敗北した6人が集結したメンバー「Team B」にチョン・チャヌが加わった7人。敗北を味わい、共に戦ってきたメンバーだからこその深い絆と高いポテンシャルが彼らの魅力の一つです。

 

「iKON」とは、ICONとKOREAを組み合わせた造語で、韓国を象徴するグループになるという願いが込められているようですが、まさにそれが現実になりつつある様子。韓国どころではなくアジア圏も飛び越え、世界的に活躍する日も近いのではないでしょうか。

 

 

 

iKON(アイコン)のメンバー人気ランキングTOP7

 

iKON(アイコン)のメンバー人気順7位:チャヌさん

 

出典:http://fanblogs.jp/

 

名前:チョン・チャヌ

生年月日:1998年1月26日

出身地:大韓民国

身長:183cm

 

iKONではボーカル担当のチョン・チャヌ。唯一「Team B」出身ではない「MIX&MATCH」の追加メンバーです。すい星のごとく現れたイケメン男子ですが、YGオーディションを受けた志望動機が「BIGBANGのコンサートを見て、歌手になりたいと思ったから」だそう。もともとは子役出身で幼少の頃から数々のドラマにも出演しています。「韓国版花より男子」や「カインとアベル」などがその代表です。

 

子役時代からの天性の賜物なのでしょうか、YGの練習生としての期間も一番短く、パフォーマンスをすることに関しては、かなりの能力の高さがうかがえます。しかしながら、同グループリーダーB.I(ハンビン)の指導が厳しく、iKONメンバーとして一流のダンスやパフォーマンスができるよう、かなりしごかれていたというエピソードもあるようです。

 

iKONメンバーの中では最年少(マンネ)で、まさに愛され末っ子キャラです。変顔でメンバーを笑わせたりするお茶目な一面もあるようですが、最後には必ずみんなからいじられてしまうという末っ子ならではのお悩みも。現時点では歌うパートがやや少ないように感じてしまいますが、伸びしろ率の最も高いチョン・チャヌの今後の活躍に期待です。

 

 

 

iKON(アイコン)のメンバー人気順6位:ドンヒョクさん

 

出典:https://twitter.com/

 

名前:キム・ドンヒョク

生年月日:1997年1月3日

出身地:大韓民国

身長:非公開

 

iKONではチャヌと同じくボーカルを担当するドンヒョク。デビューのきっかけとなったサバイバルプロジェクト「MIX&MATCH」では、得意のピアノの弾き語りで、その多才ぶりをもはや発揮していましたが、実際に音楽センスは抜群で、ピアノ、ギター、ドラム、ボーカル、ダンスなど何でもこなすオールラウンダーです。おまけに甘いルックスとくれば、非の打ち所がないまさにスーパーボーイ。

 

それだけにとどまらず、ドンヒョクはメンバーの中でも一番オシャレなことでも知られています。自分流に着こなすそのファッションセンスも抜群でぜひともお手本にしたいところです。すべてにおいて完璧なドンヒョクですが、その優しい性格や人当たりの良さからiKONでは「愛嬌」担当でもあるようです。

 

愛称は「ドンちゃん」「ドンドン」などと呼ばれることが多いですが、日本国内ではちょっと違うようです。日本のファンミーティングで、キャンディをなめながら登場した姿がかわいらしく、その日から日本では「キャンディちゃん」という愛称がマストなようです。

 

 

 

iKON(アイコン)のメンバー人気順5位:ユニョンさん

 

出典:https://bebe.jpn.com/

 

名前:ソン・ユンヒョン

生年月日:1995年2月8日

出身地:大韓民国

身長:177cm

 

甘いマスクでiKONいち美男子と言われているユニョンは、ボーカルと「ビジュアル」担当。ハンリム芸能芸術学校出身で、オーディションも一発合格でYGの練習生となったわけですが、当初は歌もダンスも特に優れていたわけではなく、かなりの努力を経てiKONメンバーの座を獲得したようです。

 

料理好きで、メンバーの寮では料理はほとんどユニョンが作っていたよう。「ビジュアル」担当兼「料理」担当という意外な一面ものぞかせています。料理好きのイケメン男子とはまさに理想に近い男性ですね。

性格も穏やかで、ファンや周りのスタッフに対しての礼儀正しさも彼の魅力の一つです。

 

ユニョンといえば忘れてはいけないのがニベアです。ライブ中でも撮影中でも手放さないのがニベアのリップ。ニベア好きが高じて、ついにはニベアのCMにも起用されてしまうほど。どおりでいつも唇がプルプルなわけです。また、美男子の妹さんもやっぱり美女。ツーショット写真では「最強に美しい兄弟」と話題です。

 

 

 

iKON(アイコン)のメンバー人気順4位:ジュネさん

 

出典:http://www.starsnap.jp/

 

名前:ク・ジュンフェ

生年月日:1997年3月31日

出身地:大韓民国

身長:182cm

 

メインボーカルを務めるジュネ。iKONの中でもキーパーソン的な一人です。幼少期からダンスなどに親しみ、13歳の時にはテレビ番組「スターキング」で、マイケルジャクソンのダンスを披露したこともあるほどです。宝物は「マイケルジャクソンのCD」というジュネですが、憧れのYGのオーディションにも一発合格し、2015年には念願のデビューを果たしました。

 

力強いボーカルが人気で、ライブパフォーマンスではクールでパワフルな印象のジュネですが、実は笑いのレベルも相当高いようで、SNSでの変顔事故画像も話題。かなり自由奔放な性格なようです。

 

iKONメンバーの中では、その声の大きさとおしゃべり好きから「うるさい」と言われてしまうジュネですが、実は人見知りで、知らない人の前だとつい黙ってしまうのだとか。そんなギャップが多くの女性たちを引きつける魅力なのではないでしょうか。日本のファンのために、しっかり日本語を習得する誠実さも好感が持てます。

 

 

 

iKON(アイコン)のメンバー人気順3位:ビー・アイさん

 

出典:http://hanryu-navi.com/

 

名前:キム・ハンビン

生年月日:1996年10月22日

出身地:大韓民国

身長:178cm

 

第2のG-DRAGON(BIGBANG)という呼び声も高いB.Iは、iKONリーダーでありラップ担当。幼少期からラップに慣れ親しみ、13歳の頃にはすでに活動を開始。MCモンのアルバム「Humanimal」の「Indian Boy」にラッパーとしても参加しています。その後YGオーディションを受け練習生となり、苦労を乗り越え、晴れてiKONとしてデビューを果たした努力家です

 

その強い責任感とリーダーとしての品格から「カリスマリーダー」とも呼ばれているB.Iですが、かなりストイックな性格の持ち主なようで、iKONの楽曲では、作詞・作曲・振付けまでトータルでプロデュースしてしまうほど多彩な才能を発揮しています。自分にも他人にも厳しく、メンバーを怒鳴りつけてしまうという場面もしばしばありますが、iKONというグループを愛しているゆえのこと。

 

仕事では厳しい反面、普段はおふざけもする優しい青年。その証拠に、15歳年の離れた妹ハンビョルちゃんにはメロメロなようで、可愛い二人のツーショット写真にたびたび癒されている人も多いのでは。そんなギャップが、多くのファンを魅了する秘密なのではないでしょうか。

 

 

 

iKON(アイコン)のメンバー人気順2位:ジナンさん

 

出典:http://www.starsnap.jp/

 

名前:キム・ジンファン

生年月日:1994年2月7日

出身地:大韓民国

身長:165cm

 

iKONメンバー最年長であるジナンはメインボーカル担当。グループの中では最も背が低いため可愛いと言われることも多いようですが、最年長としてメンバーをあたたかく見守る、まるでお母さんのような存在。優しい笑顔と目の下のハート型のホクロがチャーミングなジナンですが、iKON初期メンバーとして、たくさんの苦労も重ねてきた努力家です。

 

特にメンバーの中でも日本語が堪能で、日本のツアーでは日本語のMCを自ら担当するほど。日本レコード大賞で新人賞を受賞した時も、しっかりと日本語で喜びの声をコメントしていたことが印象的です。YSエンターテインメントのヤン社長も、BIGBANGのSOL(テヤン)を彷彿させると、高い期待を寄せているようです。

 

仕事の面ではかなり努力家なジナンですが、やはり性格はおっとりとしているようです。アロマキャンドルや香水を集めたり、自分の部屋から漢江の夜景を眺めながらワインを楽しんでみたり、女子力?の高さがうかがえる一面が、ジナンの魅力でもあります。

 

 

iKON(アイコン)のメンバー人気順1位:バビさん

 

 

出典:https://ameblo.jp/

 

名前:キム・ジウォン

生年月日:1995年12月21日

出身地:大韓民国

身長:180cm

 

iKONのラップ担当であるBOBBYは、幼少の頃をニューヨークで生活してきた異色のメンバーであり、iKONには欠かせない実力の持ち主。「SHOW ME THE MONEY」で優勝するほどラップの実力は世界レベルで、WINNERのミンホとスペシャルユニット「MOBB」としての活動や、様々なアーティストともコラボを組むなど精力的に活動を行っています。

 

もともと韓国出身のBOBBYですが、幼い頃ニューヨークに家族で移り住み、YGの練習生になるために一人ニューヨークから韓国へ戻ってきました。iKONとしてデビューを勝ち取ったのも、すべては家族を楽にさせてあげたいという気持ちが強かったからでしょう。

 

そんな家族思いのBOBBYですが、かなり楽天的な性格なようで、メンバーをリラックスさせたり笑わせたりする、ムードメーカー的存在です。またボロボロになってしまったくまのプーさんを、小さい頃から今までも大切にしている姿が、ファンの間からは癒しだと絶賛です。

 

 

 

iKON(アイコン)から脱退したメンバーと現在について

 

iKON現メンバーはデビュー当時と変わらず7人ですが、サバイバルプロジェクト「MIX&MATCH」でiKONメンバーの座をかけて共に戦ってきた2人、ヤン・ホンソクとチョン・ジンヒョンは残念ながら脱落してしまいました。

 

この2人、現在はどんな活動を行っているのか、併せて紹介いたします。

 

 

 

iKON(アイコン)から脱落したメンバー1:ヤン・ホンソクさん

 

出典:https://ameblo.jp/

 

名前:ヤン・ホンソク

生年月日:1994年4月17日

出身地:大韓民国

身長:181cm

 

ヤン・ホンソクは、iKONメンバーとして脱落してしまった「MIX&MATCH」後もYGの練習生として残留していましたが、その後CUBEに移籍しています。

 

CUBEの練習生として経験を積みながら、再びPENTAGONメンバーの座をかけ、Mnetのサバイバル「PENTAGON MAKER」に出演。サバイバルでは低評価からのスタートでしたが、その知名度の高さから、見事一番最初にPENTAGONメンバーとしての座を勝ち取りました。

 

2016年10月10日にデビューを果たし、現在ではPENTAGONのボーカルを担当。日本でも積極的に活動を行っており、すでに根強いPENTAGONファンが急増中です。

 

 

 

iKON(アイコン)から脱落したメンバー2:チョン・ジニョンさん

 

出典:http://www.wowkorea.jp/

 

名前:チョン・ジニョン

生年月日:1997年5月17日

出身地:大韓民国

身長:181cm

 

チョン・ジニョンもヤン・ホンソク同様「MIX&MATCH」後、YGの練習生として残留していましたが、その後移籍し、新生事務所S・F・Rエンターテインメントと専属契約を結びました。

 

その後事務所は「個性的な音楽性とビジュアルが、事務所が求めるイメージと一致しており、ソロ歌手としての可能性を見出した」と明かしています。

 

あの「MIX&MATCH」から3年後の2017年、ついにソロデビューを果たしました。アルバムの制作にはエンターテインメント専門のクラウドファンディングを行うmarkstarとの共同で行われたようで、デジタルシングルアルバム「Tru」は、R&Bベースにラップが盛り込まれてあり、チョン・ジンヒョンの音楽センスが光る1枚となっています。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?日に日にパワーと実力を増し続ける、もはや勢いが止まらないiKON。お気に入りのメンバーは見つかりましたか?日本ツアーなど、今後の彼らの活動からも決して目が離せませんね。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

B1A4のメンバー人気順TOP5【最新版】脱退メンや解散説についても紹介

SNUPERのメンバー人気順TOP6【最新版】プロフィールや見分け方も紹介

MONSTA Xのメンバー人気順TOP7【最新版】来歴やプロフィール付きで紹介

韓国HOTSHOTのメンバー人気順TOP6!解散説やプロフィールまとめ

BTOBのメンバー人気順TOP7【最新版】プロフィールや見分け方も紹介

【韓国】SHINHWAのメンバー人気順TOP6!プロフィールと見分け方も解説

SHINeeのメンバー人気順TOP5【最新版】来歴やプロフィールと共に総まとめ

K-POP男性アイドル/歌手の歌唱力ランキングTOP30【動画付き】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

韓国旅行のホテルおすすめランキング20選!立地や観光地へのアクセス&設備も紹介

【アイズワン】IZ*ONEメンバー12人の人気順とプロフィール!ポジションや見分け方も紹介【PRODUCE 48】

【K-POP】韓国男性アイドル12人の化粧やメイクの特徴まとめ【画像付き】

【韓国】K-POP女性アイドル私服おしゃれランキングTOP30【画像大量】

OH MY GIRLのメンバー人気順TOP7【最新版】脱退やプロフィールも総まとめ

在日韓国人/朝鮮人の芸能人80選!衝撃の有名人ランキング【最新情報】

【セブチ】SEVENTEENの人気曲TOP12&アルバムおすすめ5選【動画付き】

韓国のワンピース|レディース人気かわいいTOP20【オルチャン】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

【最新】K-POP女性グループの人気曲ランキングTOP30【韓国アイドル】

【K-POP】腹筋が凄い韓国女性アイドルランキングTOP8【画像付き】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す