DAY6のメンバー5人の人気順&プロフィール!元メンバーの脱退理由も徹底解説

はじめに

韓国の5人組バンドグループDAY6は、作詞作曲できる歌えるバンドとして人気急上昇中で、魅力的なメンバーが揃っています。

 

今回はDAY6のメンバー5人の人気順ランキングとプロフィール、元メンバーの脱退理由を紹介します。

 

DAY6のプロフィールや来歴

 

DAY6のプロフィール

 

出典:http://twitter.com

 

DAY6は、デイシックスと読み、韓国語表記は「데이식스」です。2PM、GOT7、TWICEなどが所属するJYP Entertaimentに所属する5人組ボーイズバンドです。

 

JYPからは初となるボーイズバンドグループでもあります。

 

 

そんなDAY6については、K-POPファンの方々ならデビュー前から知っている人もいたのではないでしょうか…?

 

なぜなら…とある番組に出演していたから。

 

DAY6のメンバーたち(一部)は、YG Entertainmentの人気グループ「WINNER」のデビューを決めることとなったMnetの「WIN」に出演したことがあるんです!

 

 

DAY6が所属するJYP Entertaimentのパク・ジニョン代表と、BIGBANGやWINNER、iKONなどが所属するYG Entertaimentのヤン・ヒョンソク代表はもともと仲が良いそう。

 

そこで、YG Entertainmentの練習生たち(現WINNERのメンバーとiKONのメンバー)とJYPの練習生たち(現GOT7とDAY6のメンバー)で、歌やラップ、ダンスの対決をしたんです…!

 

 

 

 

この縁は、DAY6の後輩グループである「Stray Kids」が誕生したMnet『Stray Kids』まで続き、Stray Kidsがデビューする時には再びYGの練習生たちと対決しました。

 

 

 

 

ちなみにDAY6のメンバーは今度は評価する側として、先輩として参加していました。

 

 

 

DAY6のデビューまでの流れ

 

出典:http://twitter.com

 

DAY6はもともとJYPのバンドチームで、2012年にヴォーカルオーディションの合格者4名である、ソンジンさん、ジュニョクさん、Young Kさん、 ウォンピルさんが中心のチームでした。

 

そこに海外出身のJaeさんが合流して、5人組アコースティックバンドに。


その当時のメンバー達の担当は…

 

・ソンジンさん→カホン
・Jaeさん→ギター
・Young Kさん→ベース
・ジュニョクさん(脱退し、JYPを退社後ソロデビュー)→キーボード
・ウォンピルさん→シンセサイザー


でした。

 

 

そんなDAY6がデビューするまでには、実はかなり時間がかかりました。

 

それはJYP Entertainment側が、DAY6のメンバーたちの自作曲の曲でなければ、デビューはさせないという方針だったからなんです。

 

デビュー曲から自作曲というのは、K-POP界ではなかなか珍しいもの。

 

K-POPアイドルは1年にかなりのグループがデビューする競争激しい世界なので、絶対に売れる!というような売れ線の曲で勝負してくることがほとんどです。

 

DAY6のメンバーは、1ヶ月に2曲ずつ曲を書き、パク・ジニョン代表に提出していましたが、いつも却下されていたそう。

 

デビュー曲でいきなり売れる曲を自前で作成しなければならないなんて、かなり大変そうですよね。

 

 

そして、冒頭で説明した通り、2013年9月次期ボーイズグループデビューのために行われたサバイバル番組「WIN」で現WINNERとiKONのメンバー達とJYP Entertaimentの練習生達と対決。

 

JYPのバンドチームとして、GOT7のメンバーであるマークさん、ジャクソンさん、ベンベンさん、ユギョムさんと一緒に「WIN」に出演しました。

 

JYPのバンドチームとして初めてメンバー達が大衆に知られることになったのが、この時でした。

 

 

そして2013年11月20日にグループ名が5LIVE(ファイブライブ  愛称オリベ)に確定。2014年には正式デビューするということが発表されました。

 

 

デビュー前にドラマのOST(オリジナルサウンドトラック)を担当したりもしていたのですが、デビュー目前にして、もっと完成度を上げようという決断が下され、デビューが先送りに。

 

その後はJYPの練習生達のショーケースに出演したりして、さらに練習を重ね、実力を高めてきました。

 


そして2015年4月にドラムメンバーがいなかったため、ドラマーオーディション行い、ドウンさんが合流。

 

ドラムが加わったことで、アコースティックバンドではなく、リアルバンドとして生まれ変わり、それに伴ってバンド名も5LIVEからDAY6へ変更になりました。

 


そして約束通り曲作りを続けたDAY6のメンバーは、パク・ジニョン代表にいい評価をもらったことで遂に2015年9月7日にDAY6のデビューが確定しました!

 

 

 

DAY6のデビュー日とデビュー曲は…?

 

 

 

DAY6のデビュー日は2015年9月7日。

 

収録曲6曲すべて自作曲の1st Mini Album『The Day』でデビューを飾りました。

 

そんな『The Day』タイトル曲は『Congratulations』、これがデビュー曲です!

 

 

 

DAY6のグループ名の由来は?

 

出典:http://twitter.com

 

DAY6というグループ名の由来は、


1週間のうち5日はメンバーが満たし、1日はファンのMy Dayが満たし、そしてあと1日は休息をとるという意味が込められていて、メンバーとDAY6は1つ、という意味が込められています。

 

 

 

DAY6のファンダムの名前は?

 

出典:http://twitter.com

 

K-POPといえば、ファンクラブ名(ファンダムの呼び名)が必ずありますよね。

 

DAY6のファンクラブの名前は前述しましたが、「My Day(マイデイ)」です!

 

ファンクラブ名の由来や意味は、DAY6とファンたちはお互いの1日を満たす貴重な存在という意味を持っているんだとか。

 

ファンにとってはDAY6が、DAY6にとってはファンが大切な存在だということですね。

 


もともとはYoung Kさんとウォンピルさん、ドウンさんが作った曲名だった『My Day』。


DAY6にとってファンは、自分たちの足りないところを埋めてくれる存在で、『My Day』の歌詞がぴったりだったため、My Dayをファンクラブ名にしたんだとか。

 

 

 

DAY6は日本デビューもしている 

 

出典:http://twitter.com

 

DAY6は韓国でのデビューだけでなく、日本デビューもしているんです。日本デビューは、2018年3月14日!

 

日本デビュー曲は『If〜また逢えたら〜』。

 

 

 

 

 

ドラマ「リピート」の主題歌ともなり、デビュー曲からタイアップに決定するなんてすごいですよね。

 

 

 

DAY6メンバー人気順ランキングTOP5 【プロフィールも紹介】

1 / 4

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す