韓国100%のメンバー人気順TOP4!ミヌの死去や脱退者&代表曲やプロフィール総まとめ

はじめに

日本でも人気のある韓国のアイドルグループが100%(ヒャクパーセント)です。

 

ミヌさんの死去で4人体制となりましたが、100%の代表曲やメンバー4人の人気順とプロフィール、そして脱退者などを総まとめしました。

100%(ヒャクパーセント)とは

出典:https://knews.info/

 

100%は、韓国のグループ神話のアンディがTEENTOPに続いて、2番目にプロデュースしたボーイズグループとして話題を集めた、2012年9月にアルバム「WE,100%」でメジャーデビューした、韓国の4人組男性アイドルグループです。

 

韓国語では백퍼센트(ペクポセント)と呼称します。所属事務所はTOPメディアで、新人らしからぬ完璧な舞台を披露し、瞬く間に大型新人として注目を浴び、元々は、TEENTOPより先に練習生として芸能事務所に所属し、ボーカル中心のミヌ、ロクヒョン、ジョンファン、ヒョクジン、チャンヨン、サンフン、チャンボムで構成された、7人組男性アイドルグループとして、TEENTOPに次いでデビューしました。

 

元祖アイドルグループ神話のアンディが後輩を育てようと力を入れてきたグループとして知られています。100%は、グループ結成から2014年に、リーダーミヌの京畿道議政府訓練所に入所し、軍隊入隊のため、6人体制で再スタートを切り、その後メンバーのサンフンが、しばらく休息ということで芸能活動を休止、5人体制で再スタートを切ることを発表します。

 

その後メンバーのミヌが復帰し、5人グループとして芸能活動を続けていましたが、2018年3月25日に、リーダーのミヌが急死し、4人グループとして現在まで活動を続けています。日本での活動も多く、ファンも多い男性アイドルグループです。ファンからは、「퍼펙션(パーフェクション)」と呼ばれています。

 

 

100%(ヒャクパーセント)の代表曲

How to cry


発売日:2017年1月25日

 

日本の作曲家・SHOWが手がけたオリジナル楽曲で、日本デビューシングル「How to cry」のタイトル曲です。たったひとつの嘘が破局を招いた男の悲哀を歌った詞に、パワフルなビートを乗せたダンスナンバーで、シングルには、日本のダンス&ボーカルグループの楽曲も数多く手がけているMitsu.Jも参加するなど、全て日本オリジナル楽曲で構成されて話題となりました。

 

014年のカムバックから約2年間の充電期間を経て製作され、ミヌ、ロクヒョン、ジョンファン、チャンヨン、ヒョクジンの5人による体制時のヒット曲です。 2014年7月発表した「100% Cool Summer Album‘SUNKISS’」以降、約2年間を充電期間として費やし、2016年10月「TIME LEAP」でカムバックを果たした後の日本デビュー曲です。

 

このシングル発売を皮切りに、2017年12月10日から25日まで来日、東京・大阪・愛知など、日本各地でプロモーション活動を行っています。シングルは、オリコンデイリー7位、2017年1月4週オリコン週間12位になっています。

 

 

 

100%(ヒャクパーセント)のメンバー人気ランキングTOP4とプロフィール

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す