オルチャン前髪の作り方!シースルーバングやセンター分けのアレンジ21選も紹介【画像付き】

はじめに

目次

韓国に憧れる女子におすすめしたいのがオルチャンヘアです。シースルーバングやセンター分けなど、韓国のヘアスタイルは前髪に特徴があります。

 

この記事ではオルチャン前髪の特徴や作り方、シースルーバングとセンター分けについてご紹介します。

オルチャンとは

 

 

私たちが何気なく使っている「オルチャン」。どんな意味があるか知っていますか?

 

オルチャンとは「美少女・美男子」を意味する言葉です。韓国語では「얼짱」と書きます。

 

2003年に韓国で大ブームに。インターネットの流行語ランキングでは1位に選ばれました。

 

オルチャンは造語

オルチャンはもともとあった言葉ではなく、造語です。韓国語の「オルグル」と「チャン」を組み合わせています。オルグルは「顔」、ちゃんは「最高」と読みます。

 

オルチャンはもともとあった言葉ではなかったんですね。

 

 

オルチャンは前髪が魅力的

 

 

オルチャンヘアの魅力といえば、やっぱり前髪。最も人気が高いのはシースルーバングとセンター分け。憧れて真似をする女性が増えてきています。あの有名な女優さんが取り入れて話題になったことも。

 

SNSで話題

twitterをはじめとするSNSではいま、オルチャンの前髪が話題になっています。

 

 

 

【オルチャン前髪】シースルーバングの特徴と作り方

 

 

シースルーバングとは薄い前髪のことです。おでこが透けて見えるのが特徴的。女性らしさと清潔感をアップできます。

 

実は男性人気も高いシースルーバング。取り入れた途端に「彼氏ができた」という声も。いつの時代も清楚な女性が人気なようです。

 

石原さとみさんもシースルーバング

シースルーバングは日本の芸能人にも人気です。例えば、石原さとみさん。シースルーバングを取り入れてから注目度がグンとアップしました。「清潔感が増した」「かわいくなった」など、男性からも女性からも大好評です。

 

おしゃれ番長も

男女問わず、人気が高い小嶋陽菜さんもシースルーバング。ふわゆるカールを取り入れた前髪が話題になりました。

 

シースルーバングなら髪をカットしなくてもイメチェンができます。

 

おしゃれ番長の小嶋さんもやっているのなら真似したくなりますね。実は私も小嶋さんのシースルーバングに影響されたひとりです。

 

 

 

シースルーバングは自宅でもできます。使うアイテムは、ハサミとピン、ティッシュだけ。失敗しないためには慎重にカットすることが大切です。

 

シースルーバングの作り方を簡単に説明します。

 

作り方ステップ① 前髪を三角形に分ける

最初にカットしたい部分を決めます。三角形になるように前髪を分けてください。切る幅は、おでこの3分の1から4分の1くらいがベスト。幅が広すぎると昭和のトレンディ女優っぽくなってしまうので、注意しましょう。

 

幅をとるときは二等辺三角形を意識するとやりやすいです。最初に分けたサイドの髪はピンで止めておきます。

 

作り方ステップ② ちょっと長めを意識

前髪をカットするときは、ちょっと長めを意識してみてください。おすすめは目の高さくらい。

 

前髪を指で挟み、少しづつ切っていけば失敗しにくいです。ハサミは横に入れてください。

 

作り方ステップ③ ハサミを軽く入れる

カットした前髪の上の部分もサイドに分けます。残った部分をハサミで切ります。ハサミを縦に入れてください。大ざっぱに切ると失敗しやすいです。軽くハサミを入れるようにしましょう。

 

作り方ステップ④ 髪を戻す

ピンで止めていた髪を戻せば、完成です。

 

シースルーバングは自宅で簡単にできます。「美容院に行く時間がない」そんなときに試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

【オルチャン前髪】センター分けの特徴

1 / 2

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す