サニー

少女時代サニーは反日?親日?性格やエピソードまとめ

はじめに

韓国の人気ガールズグループ「少女時代」のリードボーカルで愛嬌担当として活躍しているサニーさん。

 

しかし、サニーさんの性格をめぐって「反日的」と「親日的」と分かれているようですが、その真相について詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

「少女時代」サニーの「差別的」「反日的」の性格の真相について

「少女時代」サニーについてのプロフィール

少女時代の「拳を呼ぶ愛嬌」と呼ばれるサニー

サニーさんは普段からソロパートで可愛く見せるための研究に余念がなく、アヒル口や過度なぶりっ子で周囲をイライラさせることもあるため「拳を呼ぶ愛嬌」と呼ばれて「少女時代」の愛嬌担当を務めています。

 

サニーさんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: イ・スンギュ (李順圭)
ハングル表記: 이순규
生年月日: 1989年5月15日
出生地: アメリカ合衆国カルフォルニア州オレンジ
出身地: アメリカ合衆国、大韓民国
身長: 158 cm
体重: 非公開
ジャンル: K-POP
職業: 歌手、MC
活動期間: 2007年 –
事務所: SMエンターテインメント
共同作業者: 少女時代

 

引用:Wikipedia – サニー(少女時代)

 

 

「少女時代」サニー”反日的”コメントが話題に

サニーのインスタグラムのコメントが反日と取られる

サニーさんは過去に朝鮮半島が独立運動を起こして日帝の支配から逃れた独立記念日の「三一節」に、「歴史を忘れた民族に未来はない」というコメント付きで写真をインスタグラムに投稿して反日だと言われるようになりました。

 

サニーさんがこうした反日メッセージとも取れるコメントをインスタグラムに投稿したことで、当然「少女時代」の日本ファンは落胆してしまいました。

 

サニーさんがどういう意図で日本のファンを怒らせファン離れにつながりかねないコメントをしたかは明かされていませんが、一説では韓国のアイドルグループ戦国時代を迎えたことで「少女時代」の人気が落ち始め、韓国人ファンの心を掴むために反日メッセージを投稿したというものでした。

 

しかし、韓国人からしてみればこの問題となっている言葉は元々韓国国民に向けられた戒めの言葉であり、反日と捉えること自体がおかしいようです。

 

歴史家の申采浩の言葉とされていますが、もともとは韓国国民に対する自戒の言葉です。韓国では愛国であることはあたりまえですので、韓国の祝日においての発言ですので自国民に対する言葉で間違いないと思います。私も歴史的な事実背景は知っていましたが、最初見たときはちょっとびっくりして、韓国の友人に確認しました。韓国ではかなりポピュラーな言葉でこれを反日と捉える意味が分からないと言っていました。

 

引用:Yahoo!知恵袋 – 少女時代サニーについて 一部のスレでサニーの

 

しかし、このコメントに対して否定的な日本のファンもおり、サニーさんはファンであれば民族は問わないものの、国家として考えた時には日本に対して良いイメージを持っていないと感じているようです。

 

私はファンですが、日本に対しての書き込みだと思いました。サニー自身、自分のファンだったら、どんな国の人でも好きだと思います。ただ、国や政治になると別の話。
こういうメンバー、サニーだけではなく、テヨンやヒョヨンも同じニオイがします。
「自分達のファンは好きだが、日本自体にそんなに興味を持っているわけではない。」そんな感じがします。


「歴史を忘れた民族に未来はない」
この言葉、明らかに日本批判の有名な言葉だと思います。これをサニーが「韓国の若者に向けての発言」ならば、彼女はちょっと頭が可笑しいとしか思えません。というか、日本のファンの妄想。サッカー東アジア杯で、わざわざ横断幕でこの言葉をデカデカと掲げましたよね?完全なる日本批判の言葉ですよ?
サニーには残念です。

 

引用:Yahoo!知恵袋 – 少女時代サニーについて 一部のスレでサニーの

 

あくまで日本人の感覚でのコメントなのでもしかしたら韓国では問題の言葉は当たり前のように愛国心を示す言葉として言われているのかもしれません。

 

では、サニーが親日家かどうかでこの問題の言葉の真意が分かるでしょうか?

 

「少女時代」サニーは親日家?

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す