ハラ

KARAク・ハラの生い立ちから現在まで!プロフィールまとめ

はじめに

2016年に解散した人気ガールズグループ「KARA(カラ)」の元メンバーでソロ歌手・女優のハラさん。

 

ハラさんの生い立ちやプロフィール、現在までの活躍について詳しく総まとめしましたのでご紹介します。

元「KARA」ハラについてのプロフィール

 

「KARA」のクールビューティー・ハラ

ハラさんは「KARA」の中でもとりわけ”クールビューティー”として注目を集め、「クールなお嬢様担当」として愛されていました。2016年の「KARA」解散の後はペ・ヨンジュンさんが大株主のキーイーストに移籍してソロ歌手・女優として活動しています。

 

ハラさんについての詳しいプロフィールはこちら。

 

本名: ク・ハラ
ハングル表記: 구하라
別名: Koo HaRa
生年月日: 1991年1月13日
出身地: 大韓民国 光州直轄市(現・光州広域市)
身長: 163 cm
体重: 非公開
血液型: B型
ジャンル: K-POP
職業: 歌手
担当楽器: VOCAL
活動期間: 2008年 –
事務所: キーイースト
共同作業者: KARA

 

引用:Wikipedia – ク・ハラ

 

ハラさんは東明女子情報産業高等学校を卒業して現在は誠信女子大学校のメディア映像演技学部に在学しています。

 

写真撮影や読書が好きですが、スポーツ好きで非常に運動神経が良く、ハラさんは過去に韓国芸能人の運動会番組に出演した際に短距離走で大差をつけて1番になったことから「ク・ハラ」と「ウサインボルト」をかけ合わせて「クサインボルト」というあだ名がつけられました。

 

クールビューティーとは言っているものの、ハラさんは人を笑わせるのが好きな性格のようです。

 

 

 

元「KARA」ハラの壮絶な生い立ちについて

 

ハラの生い立ちは壮絶だった

ハラさんの両親は7歳の頃に離婚したため一家離散しており、親戚中をたらい回しにされた挙句最終的には祖母の家に預けられて育ったそうです。

 

祖母はそうしたかわいそうな身の上の少女だったからか、ハラさんを「子犬ちゃん」と呼んで育てていました。

 

この祖母は2011年1月に亡くなってしまいましたが、ハラさんは育ててくれた祖母に大変深い愛情を持っていました。

 

ハラさんは非常に美しい容姿をしていたため、高校時代に人気の先輩男子から好かれてしまいましたが、それに嫉妬した先輩女子から激しく殴られてしまい、好きでもない先輩に好かれて顔が変形するほど殴られたことに理不尽さを覚えて泣きました。

 

そうした容姿の美しさは妬みの対象となりハラさんはいじめられることもあったようですが、祖母の「いつも謙虚で懸命な人であれ。価値のある人生を生きなさい。」という言葉に勇気付けられて強く生きる決意をしました。

 

そのため、ハラさんは座右の銘を「為せば成る」という言葉を選んでおり、2008年にソンヒさんの脱退をきっかけに公募された公開オーディションで合格し、練習期間がほとんど無いまま「KARA」のメンバーに加わりました。

 

 

元「KARA」ハラはKARAデビュー当時バッシングを受けていた

 

ハラは練習不足で「下手くそ」とバッシングを受けた

ハラさんは練習期間が満足に取れないまま急ごしらえで「KARA」メンバーとなってデビューしたため、デビュー曲となった「Rock U」ではファンから「歌唱力が無さ過ぎる」「下手くそ」と批判を浴びてしまいました。

 

この頃の「KARA」メンバー自体も歌唱力は未熟で「K-POPで一番下手」と言われていましたが、さらにそれを批判を浴びるまでに悪影響を与えたのがハラさんの素人上がりの歌唱力でした。

 

しかし、先述したようにハラさんは恵まれた運動神経でK-POP女性アイドルグループの運動会番組などで活躍し、「KARA」の知名度を挙げることに貢献することもありました。

 

ようやく「KARA」の名前が売れ始めて地上波の番組に出演できた大事なステージで、ハラさんはメンバーのニコルさんの足を踏んで思わず声を挙げてしまい、台無しにしてしまうこともありました。

 

ハラさんは申し訳なさのあまり収録終了後もずっと泣いていたそうですが、この事件がネットで検索されるようになり「KARA」の知名度は結果的に上がったことで、チャート番組でのランキングで「KARA」は上位に食い込むことができました。

 

生い立ちから波乱万丈なハラさんですが、不器用ながらもまさに”為せば成る”を体現して「KARA」をメジャーにまで登りつめることに貢献しました。

 

なお、ハラさんは東日本大震災の際に被災地に1億ウォン(約720万円)を寄付しています。

 

 

 

 

元「KARA」ハラはKARA脱退後はソロ歌手・女優として活躍していた

 

「KARA」解散後ハラはペ・ヨンジュンのいる事務所へ

ハラさんはドラマ『冬のソナタ』で日本の韓流ブームを巻き起こした”ヨン様”ことペ・ヨンジュンさんが大株主の事務所キーイーストと専属契約を結び、現在までソロ歌手や女優として活躍しています。

 

キーイースト社と言えば、ぺ・ヨンジュンが大株主で、キム・スヒョンら人気俳優らを多く抱える大手事務所。KARA時代からドラマ出演などにも積極的だったが、今年4月にはウェブドラマ『足跡の音』でヒロインを務めた。

 

キーイースト社が7月にマネージメント専門の子会社コンテンツ・ワイを設立すると、ク・ハラもそのコンテンツ・ワイに移籍。7月にはソロとしては初となるファースト・ミニアルバムも発表している。

 

引用:ライブドアニュース – 日本でも絶大な人気を誇ったKARA 元メンバーたちの近況を調査

 

順調に活動しているかに見えたハラさんですが、さすが波乱万丈なだけあって2018年9月には付き合っていた彼氏から別れを切り出されて暴行したという容疑で警察への出頭命令を受けました。

 

ハラさんは2018年7月にはデジタルシングル「WILD」をリリースして日本での本格始動が報じられたばかりでした。

 

その後今度は彼氏が報復としてリベンジポルノをばらまくと豪語して逮捕されましたが、ハラさんは事件の直前には薬を大量に飲んで救急搬送されたと報じられ、自殺未遂説が浮上していました。

 

この自殺未遂説もハラさんは退院後に否定しましたが、本当に波乱万丈な人生を送っているようです。

 

 

 

 

 

元「KARA」ハラは2019年5月に自殺未遂・11月に自殺した

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す