Apinkのメンバー人気順!最新版のTOP6&脱退者の現在も紹介【名前やプロフィール付き】

はじめに

2011年、K-POPブームも日本では一段落した頃にデビューしたApink(エーピンク)。

 

「妖精」をコンセプトにしただけあってメンバーがとにかく可愛らしいのですが、Apinkのメンバー人気順ランキング、そして脱退者の現在を名前やプロフィール付きでまとめました。

HARYUの人気記事

 

Apink(エーピンク)とは

 

出典:https://www.barks.jp/

 

Apinkは2011年にデビューしました。もともとK-POPは本格的な歌とダンスが魅力、セクシーさやかっこよさを全面に押し出していました。そんな中、Apinkは「妖精」をコンセプトに、可愛らしいビジュアルで本格的なアイドルとして登場しました。グループ名は最上級の「A」に少女らしさを表す「pink」を合わせて名付けられています。

 

2011年、ミニアルバム「Seven Spring of Apink」でデビュー、ガオンのアルバムチャートで9位獲得。順調な活動をしていたApinkですが、2013年には人気メンバーだったユギョンが学業への専念によりチームを脱退。活動に陰りが見えてしまうかと思われましたが、その年の7月にリリースした3rdミニアルバム「Secret Garden」がガオンアルバムチャートで2位を獲得するという大ヒットを記録、危機を乗り切りました。

 

出典:https://k-entame.jp/

 

2014年には「Mr.Chu」で各音楽番組で1位を獲得、韓流アイドルのトップスターに上り詰めます。台湾アルバムチャートでも1位を獲得するなど、韓国だけでなくアジアでも人気のグループになりました。

 

日本では2014年、シングル「NoNoNo」でデビューとなります。人気のあまりショーケースin東京ではチケットを取れないファンが続出するという事態になりました。そのため、急遽追加で大阪公演が開催されるなど、デビュー直後にも関わらず、日本でも爆発的な人気を獲得していましたのです。

 

2018年も、7周年を記念したスペシャルシングルを発売するなど、精力的な活動を続けています。7周年を迎えても清楚で可愛らしいイメージは変わらず、K-POPアイドルのトップとして人気を保っています。

 

 

 

Apink(エーピンク)のメンバー人気ランキングTOP6

 

Apink(エーピンク)のメンバー人気順6位:ナムジュさん

 

出典:http://apinkjapan.net/

 

名前:キム・ナムジュ

生年月日:1995年4月15 日

出身地:韓国・ソウル特別市 瑞草区

身長:165cm

 

ナムジュさんは、Apinkのリードヴォーカルでリードダンサーです。歌もダンスもオールマイティーにそつなくこなします。清楚なルックス、7歳の頃からダンスを習っている本格的なダンサー、それだけではなく高音域も歌いこなせる歌唱力も備わっています。キレイな歌声とレベルの高いダンスで、ライブでは大活躍しているんです。

 

メンバーの中では一番最初に芸能界入りしており、子役時代の2001年にはLG電子のCMにも出演しています。メンバーからも頼られる経験豊富なお姉さんポジションでもあります。

 

出典:https://hanryu-diary.com/

 

その反面、いたずら好きで子供っぽいところもあり、バラエティ番組でも大活躍。人気バラエティ番組「週刊アイドル」では、「リアクションが良く、制作陣を楽にさせてくれるアイドル」として認められています。子供っぽさが行き過ぎて、リーダーのチョロンさんに叱られることもあるそうですが、それもナムジュさんの魅力の一つですね。

 

ナムジュさんの最大の魅力、それはメンバーで一番のグラマラスなボディです。豊かなバストは男性だけでなく女性も虜にしています。清楚なルックスとはウラハラの抜群のスタイル、そして歌もダンスもオールマイティーにこなす器用さ、ナムジュさんはApinkに欠かすことができない大事な存在だと言えますね。

 

 

 

Apink(エーピンク)のメンバー人気順5位:チョロンさん

 

出典:https://kt.wowkorea.jp/

 

名前:チョロン

生年月日:1991年3月3日

出身地:韓国忠清北道清原郡芙蓉面(現・世宗特別自治市芙江面)

身長:163cm

 

Apinkの最年長でリーダーを務めるのがチョロンさんです。サブヴォーカルを担当するチョロンさんは、ラップも担当し、Apinkの楽曲に個性をプラスしています。メンバー最年長で、年が少し離れているので「ロンママ」と呼ばれることもあるようです。

 

父親は合気道道場の館長で、チョロンさんも小学生から9年間習い続け、3段の段位を所持するほどの実力者です。右肩には合気道で受けた傷跡があり、ノースリーブを着用するステージではテープを貼って隠していることも。それほどの実力を持っているチョロンさんですが、小学生時代から歌手になることが夢で、S.E.S.やBoAの曲を歌ったり、ダンスの真似をしたりしていたという一面もあります。

 

出典:http://data.whicdn.com/

 

2011年2月にApinkのメンバーとして公開され芸能界デビュー、同じ年にMBCのシットコム『まるごとマイ・ラブ(韓国語版)』125話から粉食店のアルバイト・チョロン役で女優としてもデビューしました。アイドル、女優として活躍するだけでなく、Apinkの楽曲では作詞にも携わっています。その歌詞の中ではファンやメンバーに向けての想いを表現することもあり、ファンからも注目されています。

 

歌詞にファンやメンバーへの想いを表現するなど、人柄の良さもチョロンさんの魅力。メッセージボードではメンバーの誰よりも長いメッセージを書くなど、ファンを大事にしています。ステージでもファンサービスを振りまくなど、ダンスやヴォーカルの実力だけでない魅力も人気の秘訣です。

 

JYPエンターテイメントの元練習生でもあるチョロンさんは、Apinkの中心メンバーとしてこれからも活躍してくれること間違いなしですね。

 

 

 

Apink(エーピンク)のメンバー人気順4位:ハヨンさん

1 / 3

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す