JBJ95高田健太の母が死去/父親と母親や兄弟など家族・群馬の実家まとめ

はじめに

K-POPアイドル「JBJ95」として活躍中の日本人メンバー・ケンタこと高田健太さんですが、母親が死去していたことが明らかになりました。

 

今回は高田健太さんの生い立ち、父親と母親、兄弟、母の死去とその後をまとめました。

JBJ95高田健太(ケンタ)のプロフィール・経歴

 

出典:https://star.mt.co.kr/

 

本名:高田健太

ハングル:타카다 켄타

生年月日:1995年1月10日

出身地:群馬県藤岡市

身長:173cm
体重:56kg

血液型:B型

趣味:カフェ探し、勉強
特技:韓国語、ラテアート、ダンス、絵

学歴:群馬県立藤岡北高校

メンバーカラー:ブルー

 

 

JBJ95高田健太(ケンタ)の経歴

出典:https://m.blog.naver.com/

 

高田健太(ケンタ)さんは、K-POP人気アイドルグループ「WANNA ONE」を輩出した韓国の人気サバイバル番組「 PRODUCE 101(プロデュースワンオーワン)」に参加しました。

 

 

 

 

PRODUCE101のグループ評価曲「내꺼하자(ネコハジャ)」では、センターでラップを担当

 

ケンタさんは、ヴォーカルもラップもダンスも上手にこなすオールラウンドプレイヤーですが、放送分量が少なかったこともあり、最終順位は24位

 

惜しくも「WANNA ONE」のメンバーにはなれませんでしたが、あと一歩のところまで行きました。

 

その後、「JBJ」として半年間限定で活動した後、「JBJ95」としてデビューを果たしました。

 

 

JBJ95(ジェイビージェー・クオ)とは

 

出典:https://www.getitk.com/

 

高田健太さんは、「PRODUCE101」で惜しくもデビューを逃したメンバー6人でアイドルグループ「JBJ」を結成します。

 

「JBJ」は半年間限定という約束で結成したグループなので、人気もありましたが、2018年4月に解散しました。

 

その後の2018年10月30日、「JBJ」メンバーだったキム・サンギュンさんと2人で「JBJ95(ジェイビージェー・クオ)」を結成し、「HOME」でデビューしました。

 

「JBJ95」というグループ名の由来は、初心を忘れないために「JBJ」の名前を引き継ぎ、サンギュンさんとケンタさんの生まれた年の「1995」の「95」をとってつけられたそうです。

 

 

JBJ95キム・サンギュンのプロフィール

出典:https://twitter.com/

 

 

名前:김상균(キム・サンギュン)
生年月日:1995年5月23日

出身地 : 韓国 光州広域市
血液型:O型
身長:178cm
体重:65kg
最終学歴:グローバルサイバー大学校放送演芸学科
趣味:音楽鑑賞(バラード)、映画鑑賞(スリラー)、ゲーム(オーバーウォッチ)
特技:ラップ、サッカー

メンバーカラー:イエロー

 

 

ケンタさんとサンギュンさんの付き合いは「PRODUCE101」からで、絶妙なコンビですね。

 

普段から、ケンタさんがサンギュンさんに日本語を教えているようです。

 

サンギュンさんのかわいい日本語をご覧下さい!

 

 

 

JBJ95高田健太(ケンタ)の生い立ち

 

出典:https://harukage.tistory.com/

 

 

ケンタさんは、1995年1月10日、群馬県藤岡市生まれです。

 

ダムや緑と清流に恵まれた藤岡市は、群馬県の南西部に位置しており、高崎市や埼玉県と隣接している市です。

 

K-POPオタクであったことでも知られているケンタさんですが、実は子供の時は芸人になりたかったそうです。

 

ケンタさんは学校でも人前に出てクラスメートを笑わせたり、みんなが笑っているのを見たりするのが好きでした。

 

K-POPに出会っていなかったら日本で芸人をやっていたかもしれない、と語るくらいに明るく人見知りしない性格は、「PRODUCE101」や「JBJ95」での活躍の中でも見ることができます。

 

そんなケンタさんは学生時代、平日は地元藤岡市で高校に行きながらアルバイトしてお金を貯め、週末になると東京に出てK-POPのカバーダンスをするグループで2年間活動していました。

 

親には秘密にしていた活動だったそうですが、高校3年生の進路を決める時に、夢を初めて伝えたそうです。

 

両親は、出来る限りバックアップしていきたいと言ってくれたそうで、その後は活動を応援してくれていたようです。

 

 

JBJ95高田健太(ケンタ)の家族① 父親と母親

 

出典:https://harukage.tistory.com/

 

高田健太さんの両親は一般人なので、詳しい情報は明かされていません。

 

ただ、2018年に韓国KBSの番組「隣のチャールズ(原題 이웃집 찰스)」に出演した際、両親を韓国に招き、高級なホテルを予約して親孝行するケンタさんの様子が描かれていました。

 

動画がありましたので、貼っておきます。(ケンタさんとご両親のシーンは後半です)

 

 

 

番組内では、ケンタさんが空港に両親を迎えに行く様子や、ホテルで久しぶりに川の字で寝ようとベッドで3人仲良く横になる姿が映し出されました。

 

また、「朝食を食べないと力が出ないから」と、日本から持ってきた食材で沢山の朝食を作る母親の様子などが放送されました。

 

また、ファンに声を掛けられているケンタさんを近くから微笑ましく眺めている両親の様子は、とても印象的でした。

 

 

ケンタさんの母親は、息子が韓国で活動していることについて次のように語っていました。

 

「健太は韓国で花開く子だったんだなって。心の底から韓国に行かせて良かったなと思いました」とし「(健太を韓国に行かせて)一人で泣きました。布団の中で。なので、今は本当に健太がやりたいことを思う存分やってほしいです」

 

また、ケンタさんは「プロデュース101」に出演していた時、両親に映像メッセージを伝えたこともありました。

 

お父さん、お母さん、今まで自分の夢を応援してくれて、いつも心配かけてごめんなさい。もうちょっとだけ待っていてくれたら嬉しいです。いつもありがとう

 

両親や家族思いのケンタさんの性格がうかがえるエピソードですよね。

 

 

 

JBJ95高田健太(ケンタ)の家族② 兄弟

 

出典:https://theqoo.net/

 

高田健太さんにはお姉さんが2人います。

 

以前、ケンタさんはインタビューの時に「韓国に行くと言った時、家族の反応はどうでしたか?」という質問に対して、

 

実は一番最初は反対でした。外国に行って夢を叶えることができるかもわからず、お母さんが特に反対したんですが、僕がたくさん話をしました。 お母さんもそうでお父さんも、姉も反対したんですが、話をしながらたくさん説得をしたように思います。「危険でない」ともです。僕が韓国で歌手がしたい理由をたくさん話したから、今では応援してくれています。

 

両親が渡韓を心配して反対したのと同時に、姉も反対したと言っていますね。

 

ケンタさんの優しい性格は、おそらくご家族の深い愛情の中で育ってきたのでしょう。

 

そして、ケンタさんがお姉さんたちに可愛がられて育ったことが容易に想像出来ますね!

 

 

JBJ95高田健太(ケンタ)の家族③ 母親が死去していた…

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す