【韓国旅行】日本と韓国の時差&空港別の飛行機のフライト時間を紹介

はじめに

オルチャンメイクやK-POP、韓流ドラマなど韓国文化が話題ですが、気軽な海外旅行先としても日本の老若男女に人気があります。

 

今回は日本と韓国の時差や時差ぼけの有無、空港別に飛行機のフライト時間をまとめました。

日本と韓国の時差は?

 

 

海外旅行のあるあるの1つが「時差ぼけ」です。ずっと楽しみにしていた旅行なのに、時差ぼけのせいで苦い思い出になってしまった…なんてことは出来れば避けたいですよね。

 

K-POPやオルチャンメイク、ファッションなどの影響で、再び注目を集めてきている韓国。日本から韓国への距離は比較的近いですが、時差ぼけはあるのでしょうか。

 

 

時差ぼけとは

時差ぼけを詳しく知っていますか?海外旅行経験者の殆どが経験しているという厄介なトラブルが時差ぼけです。

 

時差ぼけは、体内時計が狂うことが原因で起こります。

 

例えば、日本からアメリカに旅行したとしましょう。日本とアメリカの時差は14時間にも及び、その影響で体内時計が狂い、時差ぼけが起きてしまうのです。

 

時差ぼけの症状が起きると、急激な時差に体が対応できず、猛烈な睡魔に襲われたり、食欲がなくなったり。さらに、体が重くなったりなどの症状がみられます。

 

 

時差ぼけの体感時間は行き先によって大きく異なります。

 

例えば、イギリスやフランス、イタリアなどのヨーロッパ方面に旅行する場合は体感時間が長く、アメリカやメキシコ・カナダなどの北米方面では体感時間が短くなると言われています。

 

 

体感時間が長い場合と短い場合、どちらが時差ぼけを感じやすいと思いますか?

 

答えは体感時間が短い場合です。つまり、北米方面に旅行へ行くと時差ぼけの確率が高まるということですね。

 

 

日本と韓国の時差

さて本題に入りましょう。日本と韓国に時差はありません

 

時差はゼロでまったく同じなので、わざわざ時計を見直す必要はありません。

 

そのため、食欲がなくなったり、眠気に襲われたり、体がダルくなったりなど、時差ぼけの症状に悩まされることはありません

 

 

日本~韓国まで飛行機で行くルートは3つ

 

 

日本から韓国までの飛行機でかかる時間を紹介します。

 

韓国には、首都ソウル・釜山・済州に空港が存在し、この3つの都市から韓国入りすることができます。

 

そこで、次章以降ではそれぞれの空港への所要時間をまとめました。

 

 

日本~韓国まで飛行機のフライト時間① ソウル

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す